シャリース・ペンペンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャリース
2011}
2011
基本情報
出生名 Charmaine Clarice Relucio Pempengco
出生 1992年5月10日(22歳)
出身地 フィリピンの旗 フィリピンラグナ州
ジャンル ポップR&Bソウルヒップホップ
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 2005年 – 現在
レーベル 143/Reprise
共同作業者 デイヴィッド・フォスターアイヤズオプラ・ウィンフリーセリーヌ・ディオンエレン・デジェネレスアンドレア・ボチェッリ
公式サイト Official Website

カーマイン・クラリス・レルシオ・ペンペンコ1992年5月10日 - )はシャリースCharice)の芸名で知られるフィリピン女性歌手である。YouTubeから人気を得た歌手で、オプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と称された[1]。デビュー・アルバム『シャリース』がBillboard 200アルバムチャートで初登場8位を記録し、アジア人アーティストとして初の同チャートトップ10入りを果たした[2]。  

生い立ち[編集]

ペンペンコはフィリピンラグナ州サンペドロで生まれた。両親の離婚後、母によって育てられたペンペンコは7歳の時から行政区の祝祭日やテレビ番組などあらゆるアマチュアコンテストに参加することで家計を助けた[3]。彼女は約100ほどのコンテストに参加したとされる[4]

2005年にアメリカ合衆国のオーディション番組『アメリカン・アイドル』に従って制作された、ABS-CBNの番組『リトル・ビッグ・スター』に参加した。彼女は最初のパフォーマンス後、落選したが、ワイルドカードで復活し、決勝進出者となった。最終決戦において彼女は一貫して高得点を得たが、結果は3位に終わった[5]

ペンペンコはローカル番組とコマーシャルでマイナーな活動をしたが、『リトル・ビッグ・スター』出演後は基本的に表舞台からは姿を消していた。世界的な認知を得たのは、彼女の熱心なファンが「FalseVoice」というユーザー名で動画投稿サイトYouTubeに彼女が歌唱している映像を貼り始めて、注目されるようになった2007年頃からである。彼女の映像は数百万もの再生回数を記録した[6]

経歴[編集]

初期(2007年 - 2009年)[編集]

2007年6月に『リトル・ビッグ・スター』の映像を見た音楽プロデューサーが、デモのレコーディングをする為にスウェーデンレコード会社に彼女を招いた。彼女はそこで、6曲のカバー曲と『アメージング』というオリジナル曲をレコーディングした[7]

『リトル・ビッグ・スター』の決勝進出者は韓国のタレントショー『スター・キング』に招待されることになっていた。その2007年10月13日放送回に出演した彼女は『アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング』を熱唱[8]。またスーパージュニアキュヒョンとディズニーアニメ『アラジン』のテーマソング『A Whole New World』をデュエット。この映像をYouTubeで見たエレン・デジェネレスは自身の番組『エレンの部屋』にペンペンコをゲストとして招待した。彼女は初めてアメリカに行き、同年12月19日放送回に出演して『アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング』と『オールウェイズ・ラヴ・ユー』を歌った[9][10][11]。同年12月28日にペンペンコは『スター・キング』に「最も視聴者からのリクエストが多かった外国人アクト」として再び出演し、グロリア・ゲイナーの『アイ・ウィル・サヴァイヴ』を歌い、また、リナ・パークと、ホイットニー・ヒューストンの『オールウェイズ・ラヴ・ユー』をデュエットで歌った[6]

2008年1月フィリピングロリア・マカパガル・アロヨ大統領との面会の為、マラカニャン宮殿に招待された[12]。同年4月8日に、イングランドロンドンの番組『ポール・オグレーディ・ショー』にゲスト出演し、再び国際的なメディアに登場した[13]

2008年5月、フィリピンでのデビュー・アルバム『シャリース』が発売された。新曲6曲とバッキング・トラック6曲を収録したミニアルバムであり、同年10月にフィリピンでゴールドディスク[14]、2009年にはプラチナディスク認定を受けた[15]

2008年5月12日、トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』の企画「World's Smartest Kids」に出演し、ホイットニー・ヒューストンの『アイ・ハブ・ナッシング』を歌った[16]。番組司会者のオプラ・ウィンフリーはペンペンコの為に何か出来ないかと思い、番組終了後、音楽プロデューサーデイヴィッド・フォスターに連絡をとった[4]。ウィンフリーの導きにより、同年5月17日にコネチカット州レッドヤードフォックスウッズ・リゾート・アンド・カジノのMGMグランドで彼女は初めてフォスターと会った[17]

彼女は同年5月23日に開催されたフォスターのトリビュートコンサート「ヒットマン:デイヴィッド・フォスター・アンド・フレンド」に出演し、国際的なコンサートステージデビューを果たした。ステージでは映画『ボディーガード』のサウンドトラックメドレーと『アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング』を歌った[3]。このコンサートのCD/DVDは同年11月11日に発売された。また、コンサートの模様はPBSを含む公共テレビ放送網で数回放送された[18]

上記のコンサートの出演者の1人にペンペンコが憧れているテノール歌手アンドレア・ボチェッリがいた[19]。ボチェッリはペンペンコとのデュエットに興味を示し[20]、同年7月20日に彼の故郷イタリアトスカーナで開かれる誕生日コンサート「シネマ・トリビュート」に彼女を個人的に誘った。彼女は8,000人以上の観客の前で『ザ・プレア』をデュエットで歌った[4][21][22][23]。同年9月6日にはオランダフェイエノールト・センテニアル・アニバーサリーでのステージに誘われた。当日彼女は約5万人のサッカーファンを目の前にしてチームの為に『ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン』を歌った[24]

同年9月9日、トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』の「ドリームズ・カム・トゥルー」というエピソードにゲスト出演した際に、ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と称された。ペンペンコはデイヴィッド・フォスターのピアノ演奏でセリーヌ・ディオンの『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』を歌った。パフォーマンス後、サプライズでディオンが中継で番組出演しペンペンコを驚かせた。ディオンは、自身のコンサートツアー「テイキング・チャンシズ・ツアー」の一部として、ニューヨーク市マディソン・スクエア・ガーデンで特別なデュエットを歌おう、と彼女を誘った[4][25]。同年9月15日、ディオンのコンサートで、『ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー』をデュエットで歌った。このパフォーマンスは『ニューヨーク・ポスト』と『ニューヨーク・タイムズ』に絶賛された[26][27][28]。また、『オプラ・ウィンフリー・ショー』の9月19日放送回でも取り上げられた[29]

同年11月に、デイヴィッド・フォスターのトリビュートアルバム『ヒットマン:デイヴィッド・フォスター・アンド・フレンド』の宣伝の為、テレビ番組『グッド・モーニング・アメリカ』にフォスターと一緒にゲスト出演した。彼女はスタジオで映画『ボディーガード』メドレーと『アイ・ウィル・サヴァイヴ』を披露した[30][31]

アメリカへの移転(2009年 - 2010年)[編集]

2009年1月、ハイアット・リージェンシー・ホテルで行われたバラク・オバマ大統領就任記念式とマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの功績を称えるパーティを兼ねたイベントでパフォーマンスした[32][33][34][35] 。同年2月には、ミスター・チョウズで開かれたパーティと「オプラ・オスカー」と名づけられたオプラ・ウィンフリー主催の2つのオスカー賞イベントでパフォーマンスした。彼女はデイヴィッド・フォスターが制作したオリジナル曲『フィンガープリント』を初めて観客の前で披露した[36][37][38][39]

同年4月にイタリアの音楽バラエティ番組『ティ・ラッショ・ウナ・カンツォーネ』に出演し[40]、『アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー』『アイ・ハブ・ナッシング』『プレア』『リッスン』を歌った[41]。同月、ドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース第52シーズン開幕戦において、約5万7千人の野球ファンの前でアメリカ合衆国の国歌『星条旗』を歌った[42][43]

同年5月、フィリピンでの2枚目のアルバム『マイ・インスピレーション』を発売した。アルバムは『オールウェイズ・ユー』やヘレン・レディーのカバーで実母とデュエットした『ユー・アンド・ミー・アゲインスト・ザ・ワールド』を含む12曲が収録されている[44]。同年12月にフィリピンでプラチナ認定を受け、その2ヶ月以内にゴールド認定を受けた[45][46]

同年5月18日、トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』の「フィナーレ:オプラが探した世界で最も才能のある子供」というエピソードに出演し、ダイアン・ウォーレンが書き、デイヴィッド・フォスターがプロデュースしたペンペンコ初の国際的なシングル『ノート・トゥ・ゴッド』を観客の前で初めて披露した。シングルは同日にデジタルダウンロード販売が開始され、ビルボード・ホット・デジタルシングル100で初登場22位、ホット・デジタルチャート100で9位、ホット100で44位、カナダのホット・デジタルシングル・チャートで35位を記録した[47][48][49]。同月、イタリアの音楽バラエティ番組『ティ・ラッショ・ウナ・カンツォーネ』に再び招かれ、特別ゲストとして出演した[50][51]

同年6月27日、彼女にとって初めてとなる単独コンサート「シャリース:ザ・ジャーニー・ビギンズ」をSMXコンベーション・センターで行った[45][52]

ペンペンコは2009年に2曲のクリスマスソングに参加した。1曲はデヴィッド・アーチュレッタのクリスマスアルバム『クリスマス・フロム・ザ・ハート』に収録されているアーチュレッタとのデュエット曲『ハブ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス』である[53]。もう1曲はコンピレーションアルバム『ベリー・スペシャル・クリスマス・ヴォリューム7』に収録されている『クリスマス・ソング』である[54][55]。2009年秋にはライブ「デイヴィッド・フォスター・アンド・フレンド」の北アメリカ公演に同行した[56][57]

同年12月23日に北アメリカで公開された映画『アルビン 歌うシマリス3兄弟』にカメオ出演をした[58]。同月、オーディション番組『シンガポールアイドル』のグランドフィナーレに出演し、『ノート・トゥ・ゴッド』を披露した[59]

『シャリース』(2010年 - 現在)[編集]

トロント・イートン・センターでパフォーマンスするシャリース(2010年)

2010年1月31日、彼女は心臓病の認識を高める為のショー「ハート」に出演し[60]、『ノート・トゥ・ゴッド』やアルバムに収録された新曲『イン・ディス・ソング』『ブレス・アウト』(後の『ブレス・ユー・アウト』)を披露した[61][62][63]

デビュー・アルバム『シャリース』からの2枚目のシングル『ピラミッド (featuring アイヤズ)』のクラブヴァージョンとリミックスが同年2月23日、3月2日にそれぞれ発売された[64]。『ピラミッド・リミックスEP』はビルボード・ダンス/クラブ・プレイソングチャートで初登場46位になった後、すぐに1位まで急上昇した。

2010年5月11日、世界デビュー・アルバム『シャリース』が143/Repriseから発売された[65]。最初の週でビルボード200アルバムチャートで8位に入り、同チャート上位10位内に入った初めてのアジア人アーティストになった。同日、トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』に同じくYouTube出身者のジャスティン・ビーバーと一緒にゲスト出演した[66]

6月22日、アメリカのテレビドラマ『Glee』シーズン2 にゲスト出演することが発表され、リー・ミシェル演じる主人公レイチェル・ベリーの強力なライバルとなるフィリピンからの交換留学生(サンシャイン役)を演じた。計3話に出演し、1話でTelephoneとListen、17話で All By Myself、最終話でAs Long As You're Thereを披露した[67]

6月23日、日本での2枚目のシングル『三日月〜クレッセント・ムーン〜』を発売した。同曲は日本の女性歌手絢香のシングル『三日月』を英語歌詞にしてカバーしたものである[68]

6月30日、フィリピンのベニグノ・アキノ3世大統領就任式典において、推定50万人以上の観衆の前でフィリピン国歌『最愛の地』を歌唱した[69]。7月に、フィリピン、タイ、日本、韓国を巡る彼女の最初のアジアツアーを決行する。そこで彼女は3度目の『スター・キング』への出演を果たした[8]

2011年1月19日放送の日本の音楽番組SONGS』に出演し、『アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー』『ピラミッド』『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』『イン・ディス・ソング』を披露した[70]

2011年7月 - 9月期に日本テレビで放送されたテレビドラマブルドクター』の主題歌に「Far As The Sky」が採用された[71]。 2011年11月父リッキー・ペンペンコさんがフィリピンのサンペドロにて、アイスピックでめった刺しされ死亡するという凄惨な事件が発生し、シンガポールのコンサートをキャンセルした。以後精神的による激太りが指摘され始めた。


2011年12月発売のコンピュータゲーム『ファイナルファンタジーXIII-2』のエンディングテーマ『New World』を歌唱。なお、日本ではPlayStation 3版の主題歌に同じ曲を元にアレンジされたふくい舞の『約束の場所』が採用されているため、Xbox360版でしか聞くことができない。

2013年 6月現地時間2日、母国フィリピンの放送局ABS-CBNで放送されたインタビューの中でレズビアンであることをカミングアウトした。

ボーカル[編集]

彼女はアメリカ進出前に、実母からのレッスンは別として、正式なボーカルトレーニングを一切受けていないと報じられている[3]

ABCニュースのインタビューを受けたプロデューサーのデイヴィッド・フォスターによるとペンペンコには他の人の声を真似する能力がある。彼によるとそれは良い歌手の特徴である[72]。別のインタビューにおいて、歌手のジョシュ・グローバンはペンペンコの声は、自分が聴いてきた中で最も美しい声の内の1つであると述べている[73]。『ニューヨーク・ポスト』はペンペンコは幼い時から「大きな歌」を歌うことが出来た為、「ボーカルの天才」と呼んだ。アメリカの人気ドラマ『Glee』のエグゼクティブ音楽プロデューサーライアン・マーフィーは「彼女が口を開くとき、天使は飛び出す」と彼女の声について言及している[74]

彼女の声質はホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンのそれと比較される[30]。ペンペンコはヒューストンとディオンに加え、マライア・キャリーレジーン・ベラスケス[5] に影響を受けたと語っている[75]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

作品名 最高順位 認定
US
[76]
CAN
[76]
JPN
[76]
2008年 シャリース[A]
  • 発売日: 2008年5月
  • レーベル: スター
N/A N/A N/A
2009年 マイ・インスピレーション[A]
  • 発売日:2009年5月
  • レーベル:スター
N/A N/A N/A
  • PHI: プラチナ[46]
2010年 シャリース 8 4 8

シングル[編集]

作品名 最高順位 アルバム
US AC
[76]
US Dance
[76]
US
[76]
AUS
[77]
CAN
[76]
JPN
[78]
NET
[79]
ソロ
2008年 イット・キャン・オンリー・ゲット・ベター[B] N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A シャリース
2009 オールウェイズ・ユー[B] N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A マイ・インスピレーション
ノート・トゥ・ゴッド N/A N/A 44 N/A 35 N/A N/A シャリース
2010 ピラミッド (featuring アイヤズ)[80] N/A 1 56 45 41 1 53
三日月〜クレッセント・ムーン〜[C] N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A
客演
2009 ハブ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス
(デヴィッド・アーチュレッタ featuring シャリース)[81]
22 N/A N/A N/A N/A N/A N/A クリスマス・フロム・ザ・ハート
備考
  • A ^ フィリピンでのみ発売。
  • B ^ フィリピンでのみ商業シングルとして発売。
  • C ^日本版のみ収録。

ミュージック・ビデオ[編集]

作品名 最高順位
Channel [V]
[82]
Yahoo! Video
[83]
2008 イット・キャン・オンリー・ゲット・ベター N/A N/A
2009 オールウェイズ・ユー" N/A N/A
2010 ピラミッド(featuring アイヤズ) 1 1

出演[編集]

映画
題名 役名 備考
2009年 アルビン 歌うシマリス3兄弟 シャリース
2010年 スルー・ザ・アイズ・オブ・ザ・ワールド 本人 ドキュメンタリー/コンサート映画
2012年 闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ
Here Comes the Boom
マリア
テレビ番組
題名 役名 備考
2008年 ASAP 本人 2008—2009年
Maalaala Mo Kaya 本人 「アイスクリーム」出演
2010年 May Bukas Pa 聖歌隊メンバー 「アーメン」出演
Glee サンシャイン・コラゾン シーズン2第1話「オーディション」

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Charice a hot item among foreign magazines at gmanews.tv. Retrieved on July 10, 2010
  2. ^ Filipina singer Charice joins 'Glee' at ibtimes.com.au. Retrieved on July 3, 2010
  3. ^ a b c Voice of the Future at thenational.ae. Retrieved on February 19, 2009
  4. ^ a b c d Teen Singing Sensation at oprah.com. Retrieved on February 19, 2009
  5. ^ Charice may become America's next top pop star at nydailynews.com. Retrieved on June 27, 2010
  6. ^ a b Official Website Biography at charicepempengco.com. Retrieved on February 19, 2009
  7. ^ Charice gets recording contract via youtube at pep.ph
  8. ^ a b Gleeful Charice on music, places, and international stardom at manilastandardtoday.com. Retrieved on July 24, 2010
  9. ^ Charice Invited in Ellen at pep.ph
  10. ^ Charice wows Americans in Ellen at pep.ph
  11. ^ The Ellen DeGeneres Show - I Am Telling You To Watch This at ellen.warnerbros.com
  12. ^ Charice Pempengco pays courtesy call to President GMA today - January 4 at pep.ph. Retrieved on April 17, 2009
  13. ^ FIL-AM COMMUNITY NEWS - What's in store for Charice at philfortune.com. Retrieved on March 18, 2009
  14. ^ Charice Debut Album Reaches Gold Status at abs-cbnnews.com
  15. ^ a b Charice dedicates her second album to her mother Raquel at pep.ph. Retrieved on May 6, 2009
  16. ^ The Oprah Winfrey Show World's Smartest Kids at oprah.com
  17. ^ Charice with David Foster at Foxwoods at teampilipinas.info. Retrieved on March 18, 2009
  18. ^ Hitman: David Foster and Friends at davidfoster.com
  19. ^ Charice in the David Foster and Friends Concert at asianjournal.com
  20. ^ Bocelli: "Verdi, il mio canto patriottico nell'Italia della riconciliazione" (イタリア語) at ilgiornale.it
  21. ^ Charice Pempengco sings ‘The Prayer’ with Andrea Bocelli at showbizandstyle.inquirer.net
  22. ^ Bocelli al Teatro del Silenzio di Lajatico con Noa e Charice (イタリア語) at intoscana.it
  23. ^ live concert2008/3 at bocelli.de
  24. ^ Wereldgroot aankomend talent zingt op Eeuwfees at feyenoordnet.nl. Retrieved on March 18, 2009
  25. ^ OPRAH - Singing Sensation Charice Returns at about.com
  26. ^ Charice earns rave reviews from NYTimes, NY Post at ABS-CBNNews.com
  27. ^ Celine There, Dion That at nypost.com. Retrieved on September 19, 2008
  28. ^ Emotions With Exclamation Point at nytimes.com. Retrieved on 16-September-2008
  29. ^ OPRAH - Charice and Celine Dion Sing "Because You Love Me" at oprah.com
  30. ^ a b Meet Charice: Teen With the Big Voice - Girl Has Wowed Audiences With Her Singing at abcnews.go.com
  31. ^ It's Time to Fall for Your Favorite Music Again - David Foster and child prodigy, Charice at abcnews.go.com
  32. ^ Asian Americans Share Center Stage at asianfortunenews.com
  33. ^ Charice back in Manila after performing at Obama's pre-inauguration ball at pep.ph
  34. ^ Inauguration Events Schedule at huffingtonpost.com
  35. ^ Charice rocks Obama pre-inaugural balls at asianjournal.com
  36. ^ Leeza Gibbons Makes a Difference at hotspots.hollyscoop.com. Retrieved on 24-February-2009
  37. ^ Michael Buble and Charice Wow the Crowd at Mr. Chow's at hollywire.com. Retrieved on February 25, 2009
  38. ^ Oprah's Oscar After Party: Charice Sings "Fingerprint" at oprah.com. Retrieved on February 28, 2009
  39. ^ The Other Side of Charice at mb.com.ph. Retrieved on March 16, 2009
  40. ^ Charice, una voce da vera star (イタリア語) at tgcom.mediaset.it. Retrieved on 09-April-2009
  41. ^ Charice captures Italians' hearts anew at abs-cbnnews.com. Retrieved on April 8, 2009
  42. ^ The Manny Ramirez circus is getting an early start this season at latimes.com. Retrieved on April 14, 2009
  43. ^ Opening week at Dodger Stadium begins Monday at losangeles.dodgers.mlb.com. Retrieved on April 14, 2009
  44. ^ Charice draws musical ‘Inspiration’ from mom at showbizandstyle.inquirer.net. Retrieved on 01-May-2009
  45. ^ a b We are 1 album leads sales in Astrovision/Astroplus at pep.ph. Retrieved on July 7, 2007
  46. ^ a b Charice, Platinum Awardee at YouTube.com. Retrieved on December 17, 2009
  47. ^ Finale: Oprah's Search for the World's Most Talented Kids on oprah.com. Retrieved on May 18, 2009
  48. ^ Charice Performs "Note to God" Video on oprah.com. Retrieved on May 18, 2009
  49. ^ The Billboard's Top 100 2009-06-06 at billboard.com. Retrieved on May 28, 2009
  50. ^ La stabiese Sonia Mosca questa sera all'Ariston di Sanremo (イタリア語) at stabiachannel.it. Retrieved on May 25, 2009
  51. ^ TI LASCIO UNA CANZONE/ Dopo Charice Pempengco, domani, 30 maggio la festa finale (イタリア語) at ilsussidiario.net. Retrieved on June 3, 2009
  52. ^ Charice would have been part of Michael Jackson's London concert at pep.ph. Retrieved on July 3, 2009
  53. ^ ASIN B002LLDT9U, Christmas from the Heart Retrieved on October 1, 2009
  54. ^ A Very Special Christmas Volume 7 Will Feature All-Star Line Up of Young Talent to Benefit Special Olympics at finance.yahoo.com. Retrieved on October 1, 2009
  55. ^ BIG Names In Music Unite For ‘A Very Special Christmas 7′ (FULL Track List) at backseatcuddler.com. Retrieved on October 1, 2009
  56. ^ DAVID FOSTER AND FRIENDS US AND CANADIAN TOUR DATES ANNOUNCED at davidfoster.com. Retrieved on October 3, 2009
  57. ^ David Foster: 'I love great voices' at today.msnbc.msn.com. Retrieved on October 3, 2009
  58. ^ Alvin and the Chipmunks: The Squeakquel: Charice - The Interview at traileraddict.com. Retrieved on December 14, 2009
  59. ^ Charice delivers 'jaw-dropping' performance on 'Singapore Idol' at abs-cbnnews.com. Retrieved on December 28, 2009
  60. ^ U.S. Olympic team members Lysacek, Weir, Nagasu, Belbin & Agosto this Sunday in Skate for the Heart on NBC at sportsfeatures.com. Retrieved on February 5, 2010
  61. ^ Charice: In This Song - Skate For The Heart (HQ) at youtube.com. Retrieved on February 5, 2010
  62. ^ Charice: Breathe Out- Skate For The Heart (HQ) at youtube.com. Retrieved on February 5, 2010
  63. ^ Charice: Note To God- Skate For The Heart (HQ) at youtube.com. Retrieved on February 5, 2010
  64. ^ ASIN B0038RTW74, Pyramid Retrieved on February 18, 2010
  65. ^ Charice: A Star is Born at youtube.com. Retrieved on March 19, 2010
  66. ^ Justin Bieber and Charice on Oprah Winfrey Show May 11, 2010 at About.com. Retrieved on April 24, 2010.
  67. ^ Charice: Yes, I'm Glee-ful! at philstar.com. Retrieved on June 27, 2010.
  68. ^ Crescent Moon on iTunes at iTunes.com. Retrieved on July 24, 2010
  69. ^ Half a million Pinoys attend Aquino inauguration at abs-cbnnews.com. Retrieved on July 2, 2010.
  70. ^ 第164回 シャリースNHK、2011年1月19日。
  71. ^ シャリース日本人制作陣による新曲がドラマ「ブルドクター」の主題歌に決定Listen Japan、2011年6月9日。
  72. ^ Hit Man at abcnews.go.com. Retrieved on December 19, 2009
  73. ^ Fresh from Oscars after Party success, Charice to enthrall Dubai at gulfnews.com
  74. ^ How Charice was cast in Glee at inquirer.net. Retrieved on July 30, 2010.
  75. ^ Musical Influences Charice MySpace at myspace.com
  76. ^ a b c d e f g "US Billboard and Canada > Chart History". Billboard.com Accessed 2010-05-01.
  77. ^ Australian Recording Industry Association http://www.australian-charts.com/showinterpret.asp?interpret=Charice
  78. ^ [1] at billboard-japan.com. Retrieved on July 09, 2010
  79. ^ Charice Feat. Iyaz - Pyramd”. 2010年7月28日閲覧。
  80. ^ [2] at billboard.com. Retrieved July 8, 2010
  81. ^ Chart Highlights: Pop, Christian, Latin Songs & More”. Billboard. 2010年5月9日閲覧。
  82. ^ [3] on July 17, 2010 Channel [V]chart - peak chart positions on 7th wk
  83. ^ [4] at billboard.com. Retrieved July 1, 2010

外部リンク[編集]