サイボットロボッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイボット ロボッチ』は、石川賢安藤豊弘の原作によるギャグアニメ1982年10月7日から1983年6月29日まで、全39話がテレビ東京系列にて放送された(放送日はキー局でのもの。札幌テレビ放送九州朝日放送など、系列外の計12局でも放送されていた)。

概要[編集]

  • 物語の舞台は日本のどこかにあるという設定の片田舎、「山川村」。この村に住む自称・天才科学者の「Dr.デコ」が生み出したロボットの「ロボッチ」と、その周辺のキャラクター達(ロボッチのロボット仲間、村人達など)の日常を描いている。男性視聴者向けのサービスシーン(例えば、クルミの姉・サチコの入浴シーンなど)も時々挿入されていた。
  • 第20話までは、山川村で起きる事件や話題に、産業スパイ3人組(ボス・ベン・ビル)が絡む話が多かった。第21話以降は、悪の天才科学者・ハイブローが繰り出すメカにロボッチが立体映像を実体化させて挑むという展開に、大きく変わってゆく。
  • タイトル等に使われている“サイボット”とは、アンドロイドに近い人型ロボットの名称である。ただし、本作に登場するロボットは、厳密にはサイボットとはいえない。
  • 飛田展男梅津秀行のアニメデビュー作である。

キャスト[編集]

登場キャラクターは大別して、「ロボット」「山川村の人々」「悪党」に分けられる。更に「ロボット」は「サイボット」「メカニマル」、「悪党」は「産業スパイ3人組」「ハイブロー一味」にそれぞれ分けられる。

ロボット[編集]

サイボット[編集]

ロボッチ
- 佐久間なつみ
Dr.デコが作った少年型サイボット。クルミと一緒になる事が多い事から、小学5年生並みの知能を持つ。-妄想癖があり、エッチでスカートめくりが好き。しかしハイブロー一味との戦いで、次第に正義感の強いサイボットとなっていく。欠点はガス漏れしやすい事と、コウモリの超音波。
普段装備している物は、頭からのプロペラやドリル、腕からのミサイル、胴体の立体映像つき記憶カメラ。特に立体映像は実体化させる事が可能で、ハイブロー一味との戦いの時に大いに役立った。
セキトリ
声 - 緒方賢一
力士型のサイボット。しかし外見とは裏腹に、相撲は非常に弱い。30話では初勝利し、感動の涙を流した。(その時相手の力士が勢いでクルミのホットパンツを脱がしてしまった)
タケドン
声 - 山田栄子
庭掃除人型サイボット。右手にチリトリ・ハタキ・ホウキ、左手に掃除機のノズルを装備している。小さなゴミも見逃さない。
オカメ
家政婦型サイボット。その名の通りおかめの顔をしている。ポッポハウスの炊事を担当。「私より美人は居ない」と思っている。
マトモ
声 - 川浪葉子
秀才少年型サイボットで、ロボッチの弟分。百科事典の知識が全部詰まっている。頭が重いので、すぐ倒れるのが欠点。
ブリッコ
少女型サイボット。とにかくかわいこぶるのが特徴。うずらとほぼ同じ知能。
与作(よさく)
木こり型サイボット。両腕に斧を装備。足には吸盤があり、素早く木登りが出来る。
ゴサク
声 - 上田敏也
畑仕事人型サイボット。右手にスコップ、左手に鍬を装備。足はキャタピラになっている。
九作(きゅうさく)
声 - たてかべ和也
肥え桶担ぎ人型サイボット。いつも肥え桶(これもサイボットで、コエA&コエBという)を担いでおり、外見が汚くて余り近寄り難い。与作やゴサクと掛け合いするのが多い。
レーズンロッコ
幼児型サイボット。レーズンがエネルギーなので、いつもポケットに携帯している。
のぞ木(のぞき)
木の幹型サイボット。その名の通り覗きが趣味で、いつもサチ子やクルミを覗いている。逃げ足も早い。

メカニマル[編集]

「メカニマル」とは、動物型のロボットを指す。ここで紹介した他にも、アブラゼミ型・トンボ型・タヌキ型などが有る。

カブト丸(カブトまる)
声 - 龍田直樹
カブトムシ型のメカニマル。ロボッチの右耳のダイヤルを回すとやってくる。一般的なメカニマルより大きく、ロボッチを背中に乗せて、ジェットエンジンで空を飛べる。頭にはコクピットが有り、ラスト2話のワールドレースの時には、ロボッチとクルミが乗った。
ケロンパー
カエル型のメカニマル。左耳のダイヤルで召還。カエル飛びやカエル泳ぎで水上を走れる。こちらも背中にコクピットが有る。
ホットドク
声 - 龍田直樹
警察犬型メカニマル。サチ子のパトロールのパートナーとして働く。
ニャンコ
声 - 三浦雅子
ネコ型のメカニマル。ネズミ捕りとして作られ、ジェット推進装置を装備しているが、何故かネズミが怖い。
ジャレガニ
カニ型のメカニマル、いつもはさみをならしてじゃれる。「ミニ・ジャレガニ」という子供がいる。
カラカラカラス
カラス型のメカニマル。空を飛び、郵便を配達してくれる。また狂言回し役も兼ねており、場面転換時に現れて、その場所を解説してくれる。何故か山川村以外の場所でも登場。

山川村の人々[編集]

Dr.デコ(どくたー デコ)
声 - 増岡弘
ロボッチを始め、全てのサイボットやメカニマルを作った工学博士で、獣医でもある。本名は「デコ山ボコ太」( - やま - た)。科学者の割にエッチで、サチ子が好きでいつも妄想している。サイボットやメカニマルの他に、スケスケマシンやドリームメーカーなどの発明が得意だが、その大半はサチ子に関する物が多い。
普段はサイボット達とポッポハウスに暮らしているが、サイボット達がもっと遊べるように、「サイボットランド」という遊園地を造ろうとする夢が有る。
雪野 クルミ(ゆきの クルミ)
声 - 川浪葉子
ロボッチと仲の良い少女で、小学5年生。人間なのにサイボットに対する差別意識が無く、明るくて優しい。その明るさは、ハイブローメカの「ネクラ光線」が彼女のみ効かなかったほど。私服はホットパンツが多い。
雪野 サチ子(ゆきの サチこ)
声 - 山田栄子
クルミの姉であるミニスカート女性警察官。村では唯一の警察官で、いつも専用バイク「スーパーサチコスペシャル」でパトロールをしている。行動派で、合気道と格闘技が得意。抜群の美貌と超ナイスバディ(特に豊満なバストと脚線美)を誇り、デコ・ロボッチ・のぞ木を始め、様々な男性からも好かれているが、本人は男性には全く興味が無い。制服はミニだが、私服はクルミ同様ホットパンツ。
なお、ロボッチとデコが江戸時代にタイムスリップした33話では、彼女の先祖と思われる女忍者が登場(声は同じ山田栄子)。サチ子に勝るとも劣らない超美貌&超ナイスバディで、レオタード調の忍者装束を装着していた。 
雪野 風念(ゆきの ふうねん)
声 - 緒方賢一
クルミとサチ子の祖父で、村の寺「蛮々寺」(ばんばんじ)の和尚。ほら吹きが好きで、「ほら吹き和尚」と言うあだ名が有る。
生倉 竹光(なまくら たけみつ)
声 - 上田敏也
山川村の村長。ロボット嫌いで、いつも珍騒動ばかり起こしているロボッチやデコを、村から追い出そうとしている。しかし「サイボットランド」建築には、村おこしのために賛成しているらしい。モモエという妻がいる。
生倉 松男(なまくら まつお)
声 - たてかべ和也
村長の息子でガキ大将。竹次(たけじ)、梅吉(うめきち)、杉太(すぎた)の3人が子分。クルミが好きで、そのクルミにいつも付き合っているロボッチにライバル意識があり、野球勝負などをしている。しかし後期になってからは、一緒に行動する様になった。
生倉 うずら(なまくら うずら)
声 - 三浦雅子
松男の妹。ロボッチにスカートをめくられて以来、ロボッチに一目惚れしていた。
とびげり婆さん
声 - 龍田直樹
村で雑貨屋を営む婆さん。年の割にサチ子並みに行動派で、激怒するとすぐ飛び蹴りをお見舞いする。三五郎(さんごろう)という息子と、ひじうち婆さんという妹がいる。

悪党[編集]

産業スパイ3人組[編集]

ボス
産業スパイ3人組のリーダーで、元FBI。ロボッチの設計図を狙うも、いつもロボッチやサチ子に邪魔される。
ベン
3人組の手下。小柄だが残忍。
ビル
同じく3人組の手下。プロレスラー並みの怪力を誇る巨漢。運転も多い。

ハイブロー一味[編集]

ハイブロー
声 - 梅津秀行
21話から登場した、悪の天才科学者。火山島に秘密基地を構え、偶然見つけたロボッチとデコの明朗さに引かれ、彼らを宿敵として狙い、様々なメカを作ってロボッチ達に挑む。
見かけは二枚目だがその割に間抜けで、詰めの甘さで負けてしまう事が多い。やがて36話のラストで、自らをサイボーグとしてしまう。
ナンシー
ハイブローが作ったアンドロイドである秘書。色白で、常にピンク色のスーツを着用している。
シルビア
同じくハイブローが作ったアンドロイド秘書。ナンシーと違って色黒で、露出度の高い服を常着している。アフロヘア。ナンシーとコンビで行動する事もある。

スタッフ[編集]

  • 企画制作:西野聖市(ナック)
  • 原作:石川賢、安藤豊弘
  • キャラクターデザイン:ダイナミック企画
  • 作画監督:鈴木孝夫、穐山昇、和泉絹子、村中博美
  • 美術監督:番野雅好
  • 撮影監督:森口洋輔
  • 音楽:入江純
  • 総監督:岡迫和之
  • 監督補:神井裕行
  • プロデューサー:江津兵太(テレビ東京)、戸井田博史(ナック)
  • 脚本:安藤豊弘、咲坂比呂志、安斉あゆ子、吉田進、園田英樹菅良幸
  • コンテ/演出:岡迫和之、吉田浩、原田伊佐央、神井裕行、吉田進、小島正幸網野哲郎、大町繁、井上修、石川康夫、小松和彦、笠原達也、後藤みゆき
  • 背景:スタジオじゃっく
  • 撮影:スタジオウッド
  • 動画チェック:坂井文雄 他
  • 色彩設計:土屋裕子、三沢厚子 他
  • 文芸事務:坂本麻彩
  • 演出助手:寺田直人
  • 音響制作:プロセンスタジオ
  • 効果:片岡陽三 
  • 編集:米山内順子
  • 現像:東京現像所
  • 制作デスク:武井康公、本間田津江
  • 制作進行:渡部裕二、河野勝義 他
  • 製作:テレビ東京ナック

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『サイボット ロボッチ』
歌・作詞 - 砂東由香利 / 作曲 - 織田哲郎 / 編曲 - 入江純
エンディングテーマ - 『わい わい わい…』
歌・作詞 - 砂東由香利 / 作曲 - 入江純 / 編曲 - 入江純
※両曲を収録したEPレコードは、キングレコードから発売された。

各話リスト[編集]

  1. 出た!ハチャメチャロボッチ
  2. ズッコケサイボット狩り
  3. どっち勝つっち野球っち
  4. 恋のハートパンツ
  5. ダーリン救出大作戦
  6. テング山お化け騒動
  7. 台風一過サーカスのワナ
  8. 大混戦マラソンだっち
  9. パニックイン山川村
  10. 宝の島で冒険だっち
  11. スキー大好き
  12. 翔んだクリスマスケーキ
  13. ロボッチの格闘技No.1
  14. ハチャメチャ映画騒動
  15. おかしなUFO宇宙人
  16. ロボッチのお見合い大作戦
  17. 山川村はパラダイスだっち
  18. 迷探偵ロボッチ登場
  19. 恐怖のドリームメーカー
  20. またも挑戦!涙の野球
  21. 男の勝負だ美人コンテスト
  22. SOS奪われたロボッチ
  23. 狙われたアンドロイド
  24. 激走山川村グランプリ
  25. 謎の黄金鳥伝説
  26. 浦島次郎物語
  27. ロボッチの冒険旅行
  28. ハレンチ透明マシンだっち
  29. 雲の上の鬼退治だっち
  30. ビッグな男がやってきただっち
  31. 友情のカンニング作戦
  32. ロボッチの冒険旅行パート2
  33. 時を駆けるロボッチ
  34. 恐怖の誕生日パーティー
  35. 逆転栄光のゴールだっち
  36. ハイブローよ永遠に
  37. エッチなネズミをやっつけろ
  38. 激突ワールドレースだっち
  39. 夢のサイボットランドだっち

放送局[編集]

1983年3月時点での放送局は、以下の各局である(特に但し書きの無いものは、テレビ東京系列)。各局での放送時間も、参考として併記。

放送地域 放送局 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 木曜 19:00 - 19:30 テレビ東京系列 製作局
大阪府 テレビ大阪
北海道 札幌テレビ 金曜 17:00 - 17:30 日本テレビ系列
宮城県 ミヤギテレビ 金曜 17:00 - 17:30
福島県 福島テレビ 月曜 16:50 - 17:20 TBS系列
フジテレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ 日曜 6:35 - 7:05 フジテレビ系列
山梨県 テレビ山梨 日曜 6:45 - 7:15 TBS系列
静岡県 テレビ静岡 金曜 19:00 - 19:30 フジテレビ系列
奈良県 奈良テレビ 水曜 19:30 - 20:00 独立UHF局
和歌山県 テレビ和歌山 木曜 19:00 - 19:30
広島県 中国放送 金曜 17:30 - 18:00 TBS系列
香川県・岡山県 西日本放送 土曜 17:00 - 17:30 日本テレビ系列
福岡県 九州朝日放送 土曜 6:30 - 7:00 テレビ朝日系列
熊本県 テレビ熊本 月曜 17:30 - 18:00 フジテレビ系列

日本国外での展開[編集]

香港[編集]

  • 無綫電視(HKTVB)が1983年に『430穿梭機』という子ども向け番組の一部として『腦波子』(ロウボージー)というタイトルで広東語に吹き替えて放送。主題歌「腦波子」はアグネス・チャンが歌った。

イタリア[編集]

  • 「Robottino」 (全39話, 様々な地元テレビ局や)

アメリカ合衆国 / イギリス[編集]

  • 「Robby the Rascal」 (1985, 75分の映画 OVA)
テレビ東京 木曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
サイボットロボッチ
タイガーマスク(再)
(月〜金)
テレビ東京 水曜19:30枠
テレビほとんど冗談
(19:00 - 19:54)
ミニ番組
(19:54 - 20:00)
サイボットロボッチ