ケヴィン・ストロートマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケヴィン・ストロートマン Football pictogram.svg
Kevin Strootman PSV.jpg
名前
ラテン文字 Kevin Strootman
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1990年2月13日(24歳)
出身地 リデルケルク
身長 186cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ASローマ
ポジション MF
背番号 6
利き足 左足
ユース
2007-2008 オランダの旗 スパルタ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 オランダの旗 スパルタ 72 (8)
2011 オランダの旗 ユトレヒト 14 (2)
2011-2013 オランダの旗 PSV 62 (8)
2013- イタリアの旗 ローマ 25 (5)
代表歴2
2008-2009 オランダの旗 オランダ U-19 4 (1)
2009-2013 オランダの旗 オランダ U-21 12 (1)
2011- オランダの旗 オランダ 25 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年5月30日現在。
2. 2014年4月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ケヴィン・ストロートマンKevin Strootman, 1990年2月13日 - )は、オランダ南ホラント州リデルケルク出身のサッカー選手セリエAASローマ所属。ポジションはMF

経歴[編集]

2007年からオランダのスパルタ・ロッテルダムのユースチームに所属し、2008年にトップチーム昇格した。2011年冬、FCユトレヒトに移籍した。アヤックス・アムステルダム戦ではチームを勝利に導くなど印象的な活躍を見せ、2011年7月3日PSVアイントホーフェンに移籍した。

オランダ代表に選出される活躍から、マンチェスター・ユナイテッドACミランなどの強豪が獲得に興味を示していたが、2013年7月16日、PSVはストロートマンのASローマ移籍が合意したことを発表した[1]。契約は5年間。背番号はアウダイールを称えて欠番とされていた6番で、波紋を呼んだ。

代表歴[編集]

オランダ代表として、2011年2月9日、親善試合のオーストラリア代表戦でデビューを果たした。親善試合の6月4日ブラジル戦と6月8日のウルグアイ戦にマルク・ファン・ボメルの代役として出場し、精度の高いフリーキックとパスを見せ監督の信頼に応えた。同年9月6日UEFA欧州選手権2012予選フィンランドでは、途中マルク・ファン・ボメルと接触した際に鼻血が出るアクシデントがあったものの、決勝点となる代表初得点を挙げた。

所属クラブ[編集]
















個人成績[編集]

年度 クラブ リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 国際大会 その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ戦 KNVBカップ - UEFA CL UEFA EL その他 期間通算
2007-08 スパルタ・ロッテルダム エールディヴィジ 3 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 3 0
2008-09 25 2 3 1 - 0 0 0 0 0 0 28 3
2009-10 28 2 4 2 - 0 0 0 0 4 0 36 4
2010-11 エールステ・ディヴィジ 16 4 1 0 - 0 0 0 0 0 0 17 4
FCユトレヒト エールディヴィジ 14 2 2 0 - 0 0 0 0 0 0 16 2
2011-12 PSVアイントホーフェン 30 2 5 1 - 0 0 11 3 0 0 46 6
2012-13 32 6 5 1 - 0 0 4 1 1 0 42 8
イタリア リーグ戦 コッパ・イタリア - UEFA CL UEFA EL その他 期間通算
2013-14 ASローマ セリエA 25 5 4 1 - 0 0 0 0 0 0 29 6
通算 リーグ通算 リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 UEFA CL UEFA EL その他 リーグ通算
オランダ エールディヴィジ 132 14 19 5 - 0 0 15 4 5 0 171 23
エールステ・ディヴィジ 16 4 1 0 - 0 0 0 0 0 0 17 4
イタリア セリエA 25 5 4 1 - 0 0 0 0 0 0 29 6
総通算 173 23 24 6 - 0 0 15 4 5 0 217 33

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.psv.nl/Nieuws/Nieuwspagina/Overeenkomst-PSV-en-AS-Roma-over-Strootman.htm