クララ・ツェトキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C Zetkin 2.jpg

クララ・ツェトキン(Clara Zetkin1857年7月5日 - 1933年6月20日) は、ドイツ政治家フェミニスト社会主義の立場による女性解放運動を主導し、女性解放運動の母と呼ばれる。

ドレスデン近郊の村に生まれ、教師になるために勉強する傍ら女性解放運動や労働運動に興味を持つ。1878年ドイツ社会主義労働者党に加入、 この党は1890年ドイツ社会民主党になる。この間ビスマルクの弾圧を逃れて、チューリッヒからパリ亡命第二インターナショナルの活動に従事する傍ら、ロシアの革命家オシップ・ツェトキンと結婚するが死別する(その後画家ゲオルグ・フリードリッヒ・ツンデルと再婚)。

社会民主党に於いては党内左派として活動。エドゥアルト・ベルンシュタインの唱えた修正主義に反対する傍ら、男女平等や婦人参政権など女性解放運動にも本格的に取り組む。1891年1917年に社会民主党の女性向け機関誌『平等』の編集者となり、1907年には新設された党婦人部長に就任。1911年には国際社会主義婦人会議に出席し、1904年3月8日アメリカの女性労働者がデモを行ったことに因んで3月8日を「国際女性デー」とするよう提唱した。

第一次世界大戦が勃発すると、社民党首脳部の戦争協力姿勢に反対。ローザ・ルクセンブルクカール・リープクネヒトと共に1916年スパルタクス団を結成した。その後独立社会民主党を経て、ドイツ革命後の1920年ドイツ共産党の結成に参加。帝国議会議員として活動しながら、党中央委員・コミンテルン代表委員を歴任した。

1933年アドルフ・ヒトラー率いるナチスが政権を掌握。国会議事堂放火事件で共産党が非合法化されると、ソビエト連邦に亡命した。モスクワで客死し遺骸はクレムリンの壁に葬られた。

参考[編集]

ドレスデンにあるツェトキンの胸像