カール・リープクネヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・リープクネヒト

カール・リープクネヒトKarl Liebknecht, 1871年8月13日1919年1月15日)は、帝国時代から共和国時代初期にかけてのドイツ政治家共産主義者。ドイツ社会民主党創始者ヴィルヘルム・リープクネヒトの子。

生涯[編集]

ライプツィヒで生まれ、1890年から1893年にかけてライプツィヒ大学ベルリン大学で法学や経済学を学び、弁護士となった。社会民主党最左翼に属し、1906年11月28日にマンハイムで行った講演『軍国主義と反軍国主義 (Militarismus und Antimilitarismus,unter besondere Berucksichtigung der internationalen Jugendbewegung)』を1907年に出版して投獄された。

出獄後1908年にプロイセンの下院議員、次いで1912年帝国議会議員となる。第一次世界大戦が勃発した1914年、社会民主党の主流に反してただ一人で軍事公債に反対する。社会民主党を脱党して1916年からローザ・ルクセンブルクとともにスパルタクス団を組織し、革命運動を指導した。同じ年、ベルリンのポツダム広場における反戦デモの煽動者として投獄されたが、1918年ドイツ革命勃発によって釈放された。

ロシア革命で成功したボルシェヴィキの考え方に接近し、機関誌『ローテ・ファーネ(赤旗)』 (Die Rote Fahne) などにより宣伝活動を続けた。1918年11月9日、ベルリンがデモで揺れる中「自由社会主義共和国」の樹立を宣言しようとしたが、シャイデマンなどの社会民主党の主流派による共和国樹立宣言に先を越された。彼はシャイデマンの宣言の2時間後、ベルリン王宮のバルコニーから社会主義共和国誕生の宣言を行う。

1918年の大晦日にドイツ共産党を創設。1919年1月のスパルタクス団蜂起のさいに反革命義勇軍メンバーらにベルリンで逮捕され、「逃亡を企てたため」射殺された。

主著[編集]

  • Klassenkampf gegen den Krieg! 1919年
  • Reden und Aufsätze 1921年
  • Spartakusbriefe 1921年
  • Studien uber die Bewegungsgesetze der gesellsschaftlichen Entwicklung 1922年

参考文献[編集]

  • H.Schumann《Karl Liebknecht》1919年
  • A・ローゼンベルク『ヴァイマル共和国史』

関連項目[編集]