キャプテン・ビーフハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャプテン・ビーフハート

キャプテン・ビーフハート(Captain Beefheart)は、1941年1月15日 - 2010年12月17日)は、アメリカ合衆国ソングライターシンガーミュージシャンアーティスト詩人作曲家プロデューサー映画監督画家。 本名・ドン・ヴァン・ヴリート(Don Van Vliet)(ドン・グレン・ヴリートという通称もある)。

1960年代後半のアメリカ西海岸におけるサイケデリック・ミュージック・シーンにおける最重要バンドのひとつ、「キャプテン・ビーフハート・アンド・ヒズ・マジック・バンド」のヴォーカル・リーダーとして著名。

概要[編集]

1941年1月15日、アメリカ合衆国カリフォルニア州グレンデールで生まれた。幼少期より才能を発揮し、メディアに作品が取り上げられたこともあったという。フランク・ザッパとは転居先の高校で知り合って意気投合した。互いのR&Bのレコードを聴かせ合ったり、低予算映画の制作を共に行うなど、親交を深める。キャプテン・ビーフハートというステージネームも、フランク・ザッパによる発案であった[1]

1967年に『Safe as Milk』でアルバムデビューし、ハウリン・ウルフなどの影響下にある強烈な濁声を持ったブルーズ・シンガーとして頭角を現した。1968年にセカンドアルバム『Strictly Personal』を発表。ブルージーな前作とは対照的に、サイケデリックなサウンドアレンジが施されているが、これは当時のマネージャーであるボブ・クラスナウの仕業であり、最終ミックスやリリースはビーフハート側に無断で行われている[2]

前作のゴタゴタから逃れるようにレーベルを移籍したビーフハートはバンドのメンバーを一新し、自律的な作曲を行い、レパートリーのリハーサルに明け暮れた。フランク・ザッパの設立したストレイト・レーベルより発表された1969年の『Trout Mask Replica』は、ブルーズを基本としつつフリー・ジャズ民族音楽ポリリズム現代音楽の不協和音などの要素をふんだんに盛り込んだ問題作であり、当時の音楽シーンに衝撃を与えた。1970年代のパンクポストパンクニュー・ウェイヴにも大きな影響を与えた。その親交からザッパとの関連を語られることが多いが、実際の音楽的な指向は別のものである。

1982年以後は音楽界から退き、絵画の世界で活動した。

2010年12月17日多発性硬化症とそれに伴う合併症により、アメリカ合衆国カリフォルニア州アルカータの病院で死去[3][4]。69歳没。

アルバム[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ザッパが1960年代前期に計画していた低予算映画のキャラクターであり、ザッパの『ミステリー・ディスク』でその名残であるマテリアルを聴くことが出来る。
  2. ^ 『ルナー・ノー ツ—キャプテン・ビーフハート』
  3. ^ Captain Beefheart Dead At 69 MTV 2010-12-18.
  4. ^ キャプテン・ビーフハート氏死去 米ミュージシャン 共同通信 2010年12月18日閲覧

参考文献[編集]

  • 『ルナー・ノーツ—キャプテン・ビーフハート』、ビル・ハークルロード (著)、ビリー・ジェイムス (著)、水声社、1999年、ISBN 978-4891764050

外部リンク[編集]