カミングアウトデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カミングアウトデー
カミングアウトデー
NCOD in Argentina
正式名称 National Coming Out Day
挙行者 LGBTコミュニティおよびアライ
種類 欧米を中心に全世界
日付 10月11日
行事 カミングアウト
関連祝日 1987年のワシントンマーチ
テンプレートを表示

カミングアウトデー (英語: National Coming Out Day、NCOD) は、自身の性的指向性自認カミングアウトしたレズビアンゲイバイセクシャルトランスジェンダーLGBT)の人々を祝い、人々の認識向上を目的とした記念日。毎年10月11日がこの日にあたり、世界中のLGBTコミュニティで祝典などが行われている[1]

歴史[編集]

1988年にアメリカの心理学者 Robert Eichberg やロサンジェルスのLGBT活動家 Jean O'Leary らによって制定された[2][3]。10月11日は1987年にワシントンDCゲイ・レズビアンのワシントンマーチが行われた日であり、多くのLGBT活動団体が生まれるきっかけとなったこの日を記念している[1]

カミングアウトデーを広めるために作られた事務局は、最初カリフォルニア州ウェスト・ハリウッドの「National Gay Rights Advocates」内に置かれた。この年は18州でカミングアウトデーが祝われ、メディアに取り上げられた。翌年にはニューメキシコ州サンタフェに事務所が移り、21州に増加。その後事務局は1990年にヒューマン・ライツ・キャンペーン英語版基金に吸収された[1]

行事[編集]

カミングアウトデーでは、集会やパレード、公共空間における情報ブースの設置など様々なイベントが行われている。イベントではLGBTを象徴するピンク・トライアングルレインボーフラッグといったLGBTQのシンボルがよく用いられている。

現在ではオーストラリアカナダクロアチアドイツオランダニュージーランドポーランドスイスイギリスなど多くの国でこの日を記念したイベントが行われている。アメリカではヒューマン・ライツ・キャンペーン英語版がスポンサーとなった『National Coming Out Project』というイベントも開かれている。1995年から Candace Gingrich が同イベントのスポークスマンを務めている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]