オランダ語から日本語への借用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オランダ語から日本語への借用(オランダごからにほんごへのしゃくよう)とは、オランダ語から日本語に入った借用語翻訳借用のことである

オランダ東インド会社長崎平戸で貿易を開始したのが1609年(慶長14年)。それから30年ほどを経た1640年(寛永17年)に同社は出島に移り、以降長きに渡って彼らの文物日本に伝え続けた。その過程においてオランダ語の数多の単語が流入した。

日本語 オランダ語 備考
アスベスト asbest
アラック arak 江戸時代以前の日本の酒造関係古文書にも「アラキ」という「南蛮酒」の記述があり、また14世紀の中国大陸で「回方」(イスラム方面)の伝来物として「阿剌吉」という漢語音写の記録もある
アルカリ alkali
アルコール alcohol 元はアラビア語
インキ / インク inkt
エキス extract
エーテル ether
エレキテル elektriciteit 電気の意
お転婆 ontembaar 「手に負えない」という意
オルゴール orgel
オレーフ olijf オリーブ
ガス gas
カバン kabas
ガラス glas
カラン kraan 下欄 - ドイツ語の"Kran"から。
カンフル kamfer
キニーネ kinine
コック kok
コップ kop おそらくはポルトガル語の"copo"から。
コーヒー koffie
ゴム gom
コルク kurk
コンパス kompas
サーベル sabel
サフラン saffraan
シロップ siroop
ズック doek
スポイト spuit
ダンス dans
デッキ dek
ドック dok
トラップ trap
ドンタク/半ドン zondag 博多どんたく
ニッケル nikkel
ビーカー beker
ピストル pistool
ビール bier
ブリキ blik
ヒステリー hysterie
ピンセット pincet
ペン pen
ホップ hop
ポルダ polder 船の用語
ポンス pons
ポンプ pomp
マスト mast
マドロス matroos 『船乗り』の意
マラリヤ malaria
マント mantel
メス mes
モルヒネ morfine
ランドセル ransel
ランセット lancet
ランプ lamp
リュックサック rugzak
レンズ lens
ヨード jodium

その他の例[編集]