ライスターフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライスターフェル

ライスターフェルオランダ語rijsttafel)とは、オランダ式のご飯と何十種類のインドネシア料理のおかずを皿に盛ってテーブルに並べたもの。ご飯のテーブルの意。現代のオランダではライスターフェルのおかずは17種類、あるいは24~30種類[1]。各地のインドネシア料理をビュッフェとして出す、又はコース料理として食べる。オランダ語ではrijstとはと意(古期フランス語のrisから)とtafel(テーブルの意味)[2]

歴史[編集]

植民地時代に、インドネシア在住オランダ農園主が彼らの豊かな暮らしを反映し、食卓にご飯と何十種類以上の料理(肉カレー、魚、野菜、果物、酢の物など)を出した[3]。オランダへは17世紀アムステルダムの富裕層が紹介した[4] 取り皿に好きな料理を少しずつをサンプルして食べる。1920年代から1930年代にかけてバタヴィアの高級ホテル、ホテルデスイン(Hotel des Indes)では日曜日毎にライスターフェルを出した。食堂の客は大半がオランダ農園主と商人である[5]。オランダ植民地時代の終焉と共にライスターフェルは途絶えてしまい[1]、現在のインドネシアでは高級レストランやホテルが観光客向けにライスターフェルを再現する。

代表的なライスターフェル[編集]

サンバル類はサンバルカチャン(ピーナッツソースサンバル)、サンバルゴレン、サンバルバジャッ、サンバルウレッなど。飲み物もぶどう酒ジンなどのアルコール飲料を出す。

コース料理の代表的な前菜ペンペッルンピアスマラン春巻)、スープはソトアヤムラヲン、メインコースはサテ、アヤムタリワン、ウダンゴレン(えびから揚げ)、スムルタフ(ケチャップマニスで煮込んだ豆腐)、デザートケーキピサンゴレン、スライスフルーツ。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Torchia, Christopher; Jon M. Vann (2007). Indonesian Idioms and Expressions: Colloquial Indonesian at Work . New Haven and London: Tuttle Publishing. pp. 172. ISBN 0-8048-3873-9. 
  2. ^ Merriam-Webster OnLine” (英語) (1999年12月31日). 2009年7月27日閲覧。
  3. ^ McDonald, George (2007). Frommer's Belgium, Holland & Luxembourg . Frommer's . pp. 172. ISBN 0-4700-6859-0. 
  4. ^ McDonald, George; Jon M. Vann (2003). Frommer's portable Amsterdam . New Haven and London: John Wiley and Sons. pp. 195. ISBN 0-7645-6748-9. 
  5. ^ Owen, Sri (1999). Indonesian Regional Food and Cookery . Frances Lincoln ltd, . pp. 22. ISBN 0-7112-1273-2. 

外部リンク[編集]

伝統料理を味わう