オスグッド・シュラッター病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスグッド・シュラッター病
分類及び外部参照情報
オスグッド・シュラッター病(X線
ICD-10 M92.5
ICD-9 732.4
DiseasesDB 9299
MedlinePlus 001258
eMedicine emerg/347 orthoped/426 radio/491 sports/89
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

オスグッド・シュラッター病(オスグッド・シュラッターびょう、英:Osgood-Schlatter disease、独:Osgood-Schlatter-Krankheit)は、サッカーバスケットボールなどのスポーツをする中学生高校生に多く見られる、脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎[1]である。オスグッド・シュラッター症候群(オスグッド・シュラッターしょうこうぐん)ともいう。

1903年ボストンの整形外科医ロバート・ベイリー・オスグッド(1873 - 1956)と、チューリッヒの外科医カール・シュラッター(1864 - 1934)が別々に症例を確認、発表したため、この病名がある。一般的には、「オスグッド」などと略されるが、正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)」である。

症状・治療[編集]

多くの患者は、膝の脛骨の付近の痛みや膝裏の痛みを感じる。様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が生じる。脛骨粗面に存在する骨端核に機械的牽引力がかかることに起因するとされる。このため10 - 15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れる。膝伸展機構は大腿四頭筋から膝蓋骨膝蓋靭帯英語版・膝蓋腱、脛骨粗面へと連続する。スポーツ選手では膝伸展の反復により、これらの部分に牽引力が働き、膝蓋骨遠位端、膝蓋靭帯、脛骨粗面が弱点となり、ジャンパー膝、シンディングラーセン・ヨハンソン病などのように疼痛が起こる頻度が高い。X線でも骨端核の様々な乱れや遊離骨片の発生などが認められる。発症者としては外見からはあまり痛くなさそうでも本人からすればかなり痛いのにわかってもらえないのも発症者のネックになることが多い。

治療法としては、まず、安静にすることが第一である。また医薬品などの治療も可能ではある。しかし、現在は、リハビリなどを行う例が多い。キックやジャンプの動作は禁止し、理学療法を併用して対症療法を行う。大きな骨片が存在する場合には手術的に摘出することもある。しかし、あまり心配しなくてよい、時期が来れば痛みは消えると言われているが実際はスポーツなどは完全に中止し、休養をとらないと完治は難しいと言われている。 特に発症しやすいスポーツはサッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、陸上競技、テニスと言われている。 サッカーはボールを蹴ることが多いことや、リベロのように動く選手や、バレーボールでよくスパイクを打つ選手などは、痛みが増したりするために特に治りにくいと言われることがある。 しかし一番治すために効果的なのは、前文にもあるが、完全にスポーツなどを中止し休養を取ることである。

患ったことがある人物[編集]

その他[編集]

オスグッド・シュラッター病と混在する炎症怪我は多い。腱鞘炎と共に患う場合もある。また、症状がひどい場合にはに水がたまる場合もあるため、膝に痛みが現れた際は医者の診察を受けることが最適である。オスグッド・シュラッター病の患者はたいてい最初は成長痛などと言われるが、成長痛は運動をした・しないに関わらずに時期が経つと治るのに対し、いつまでも痛みがひかない場合はオスグッド・シュラッター病であることが多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 骨形成性軟骨、骨端軟骨の炎症より、壊死もしくは変性を経て、骨再生もしくは石灰化を生じる。他に離断性骨軟骨炎などがある。血行障害、成長障害、外傷、ホルモンの影響、骨端核の先天性因子などが複雑に関係して発生機序となる。
  2. ^ 岩本「オスグッド病」で右膝手術していた

外部リンク[編集]