SLAP損傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SLAP損傷
分類及び外部参照情報
Glenoid fossa of right side. (Glenoidal labrum labeled as "glenoid lig.")
ICD-9 840.7
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

SLAP損傷(スラップそんしょう、superior labrum anterior and posterior lesion)とは、肩関節スポーツ障害のひとつ。関節唇上腕二頭筋付着部が剥離あるいは断裂する。上方肩関節唇損傷[1]ともいう。

概要[編集]

肩関節は球関節に分類される。上腕骨の端の球状の部分(上腕骨頭)が肩甲骨の凹み(関節窩)にはまり、広い可動域をもっている。ただし、上腕骨頭にくらべて肩甲骨関節窩は小さく浅いため、それを補うためのリング状の組織が関節窩の周囲に存在する。これが関節唇である(関節唇は股関節にも存在する)。

SLAP損傷は肩関節の関節唇の損傷である。

発生機序[編集]

いろいろな原因で発生する。野球では投球動作のコッキングで発生しやすいとされている。外傷にともなうケースでは、腕を伸ばした状態で手を衝いたり、格闘技で腕を引っ張られて損傷するなどの例がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺山和雄、辻陽雄『標準整形外科学』第8版、医学書院、2002年、p344。

参考文献[編集]

  • 社団法人全国柔道整復学校協会・教科書委員会『柔道整復学ー理論編(改訂第5版)』、南江堂、2009年