東洋メディアリンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Water Crownから転送)
移動先: 案内検索
東洋メディアリンクス株式会社
Toyo Media Links Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町10-1
CSSビルディング
設立 1962年昭和37年)8月20日
業種 サービス業
事業内容 音響・映像設備等の設計・施工
音楽・BGM・映像ソフト
香りの企画・制作・販売
代表者 森永 洋一郎(代表取締役社長
資本金 5,000万円
従業員数 77名
決算期 9月
主要株主 株式会社CSSホールディングス
主要子会社 関連会社参照
外部リンク http://www.tmlg.co.jp/
テンプレートを表示

東洋メディアリンクス株式会社(とうようメディアリンクス、英称:Toyo Media Links Co.,Ltd.)は、東京都中央区に本社を置き音響設備、映像設備の施工及び音楽や映像に関するソフトの制作、業務用BGM、さらに香りの提供によって、総合的に空間プロデュースを行う企業である。また監視カメラ等のセキュリティ設備の設計・施工にも30年以上の実績があり、金融機関をはじめ商業施設等にも多数納入している。

沿革[編集]

発車メロディ[編集]

日本電音(UNI-PEX)と同じく比較的早い段階から東日本旅客鉄道(JR東日本)に発車メロディを供給している。しなの鉄道東京臨海高速鉄道の駅でも使われている。

代表的なもの[1][編集]

作曲者は、いずれの曲も若林剛太・三留研介の両名義となっている。

Water Crown(水の冠)[2]
広範囲で使用されており、JR東日本で最も多く使用されている発車メロディでもある。目黒駅で初めて採用された(当初は1・2番線ともに使われていたが、現在は1番線のみ使用)。
標準、微低音、半低音(大船駅・一部車両の乗車促進メロディのみ)、半低音でフェードアウト、半高音、低音でテンポ遅い(現在不使用)など様々なバリエーションがあり[3]青森駅秋田駅盛岡駅など東北地方の主要駅でも使用されている。
E233系E531系EV-E301系などの車両にも乗降促進メロディとして搭載されている。
小山駅では音色が異なるエンドレスバージョンが使用されている(2017年1月までは姉ケ崎駅でも使用されていた)。
横浜線の大半の駅で使われていることから、「横浜線洗脳メロディー」と呼ばれている。[4]
Gota del Vient(一滴の風)[5]
山手線新橋駅で初めて採用された。
大船駅上田駅で使用されている標準Ver、新橋駅、横須賀線常磐線武蔵野線などの駅で使用されている半低音Ver、根府川駅などで使用されている低音Verなどがある。また、E233系、E531系などの車両にも乗降促進メロディとして搭載されている。
安房鴨川駅では音色が異なるエンドレスバージョンが使われている。
Verde Rayo(緑の光線)[6]
横浜支社千葉支社の駅で多く使われている。高尾駅で使用されている早テンポVer、藤沢駅山形駅などで使用されている標準Verが使われている。かつては稲毛駅津田沼駅西船橋駅熱海駅で使用された低音Verもあった[7]が、2015年2月の熱海駅を最後に消滅した。
上記のWater Crownと同じような理由から「横浜線洗脳メロディー」と呼ばれている。
京葉線の地下区間の3駅(東京駅八丁堀駅越中島駅)と佐倉駅では、音色違い転調2回のバージョン(Verde Rayo V2)が使われている。
巌根駅では音色が異なるエンドレスバージョンが使われている。
Cielo Estrellado(星空)[8]
五反田駅2番線で初めて採用された。
大船駅上田駅で使用されている標準Ver(かつては国府津駅保土ヶ谷駅などでも使用されていた)と、五反田駅、横須賀線、東海道線りんかい線などの駅で使用されている低音Verの2種類が使われている。[9]
代表的な4曲中、この曲のみエンドレスバージョンが存在しない。

その他のもの[編集]

以下に挙げるものは曲名がないので本項では便宜的に発車ベル使用状況で用いられている名称を使用する。

近郊地域17番
武蔵野線北府中駅東所沢駅間の下り(西国分寺駅を除く)、藤沢駅2番線、安中榛名駅で使用されている。藤沢駅のみ長さが異なる。[10]
近郊地域18番
現在不使用。かつて津田沼駅成東駅拝島駅で使用されていた。[11]
近郊地域19番(南武1番)
南武線の武蔵溝ノ口駅で使用されている。曲の長さが約5秒と短い。[12]
近郊地域20番(相模1番)、近郊地域20-1番(相模1-1番)
相模線の駅のうち、茅ケ崎駅以外の全ての駅で使用されている(上溝駅は2016年春頃まで「せせらぎ」のフェードアウトVer(日本電音を参照)を使っていた) 近郊地域20番は一時期佐倉駅で使用されたこともあった。[13]
川越1番
現在不使用。かつて川越駅笠幡駅的場駅武蔵新城駅で使用されていた。[14]
東海道3番
藤沢駅3番線で使用されている。約5秒と短い。[15]
東海道4番
藤沢駅4番線で使用されている。約5秒と短い。
八戸駅一ノ関駅では、接近メロディとして使われている。[16]
東海道5番
現在不使用。かつて茅ケ崎駅6番線で使用されていた。約5秒と短い。[17]
成田空港1番
空港第2ビル駅成田空港駅1番線で使用されている。東海道4番と曲調が似ている。[18]

未採用[編集]

東洋5番[19]

関連会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]