Template:浄土教2/収録記事の出典

ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキペディアの三大方針(「中立的な観点」・「検証可能性」・「独自研究は載せない」)を満たすため、「Template:浄土教2」へ収録する記事の出典を以下に明記してください。特筆性について言及できる場合はその事柄を追記してください。

なお、ウィキペディアの三大方針を満たすことと、関連性・特筆性が低い項目を収録しないことが目的であるため、出典は浄土教の入門書や浄土教に関する叢書など浄土教について記述された書籍を明記してください。仏教辞典や仏教用語集は中立的な観点を検証できません。

収録記事と出典[編集]

  • 収録記事名
特筆性 - 特筆に値する事柄
  • 出典1
  • 出典2

思想・基本教義[編集]

経典[編集]

特筆性 - 「浄土三部経
  • 『浄土仏教の思想』[1]第1巻 無量寿経 阿弥陀経、講談社 [1]。 - 「無量寿経」の担当著者は藤田宏達
特筆性 - 「浄土三部経
  • 『浄土仏教の思想』[1]第2巻 観無量寿経・般舟三昧経、講談社 [2]。 - 「観無量寿経」の担当著者は末木文美士
特筆性 - 「浄土三部経
  • 『浄土仏教の思想』[1]第1巻 無量寿経 阿弥陀経、講談社 [3]。 - 「阿弥陀経」の担当著者は桜部建
  • 『浄土仏教の思想』[1]第2巻 観無量寿経・般舟三昧経、講談社 [4]。 - 「般舟三昧経」の担当著者は梶山雄一

関連人物[編集]

インド

  • 『浄土仏教の思想』[1]第1巻 無量寿経 阿弥陀経、講談社 [5]
  • 『浄土仏教の思想』[1]第2巻 観無量寿経・般舟三昧経、講談社 [6]
特筆性 - 七高僧
  • 『浄土仏教の思想』[1]第3巻 龍樹・世親・チベットの浄土教・慧遠、講談社 [7]。 - 「龍樹」の担当著者は武内紹晃
特筆性 - 七高僧
  • 『浄土仏教の思想』[1]第3巻 龍樹・世親・チベットの浄土教・慧遠、講談社 [8]。 - 「世親」(「天親」)の担当著者は武内紹晃。

中国

  • 『浄土仏教の思想』[1]第3巻 龍樹・世親・チベットの浄土教・慧遠、講談社 [9]。 - 「慧遠」の担当著者は桜部建
特筆性 - 浄土五祖(デジタル大辞泉
特筆性 - 七高僧
  • 『浄土仏教の思想』[1]第4巻 曇鸞・道綽、講談社 [10]。 - 「曇鸞」の担当著者は藤堂恭俊
特筆性 - 浄土五祖
特筆性 - 七高僧
  • 『浄土仏教の思想』[1]第4巻 曇鸞・道綽、講談社 [11]。 - 「道綽」の担当著者は牧田諦亮
特筆性 - 浄土五祖
特筆性 - 七高僧
  • 『浄土仏教の思想』[1]第5巻 善導、講談社 [12]。 - 「善導」の担当著者は牧田諦亮
  • 懷感
特筆性 - 浄土五祖
  • 少康
特筆性 - 浄土五祖

日本

  • 『浄土仏教の思想』[1]第6巻 新羅の浄土教 空也・良源・源信・良忍、講談社 [13]。 - 「空也」の担当著者は石田瑞麿
  • 堀一郎『空也』〈人物叢書106〉、吉川弘文館 [14]
  • 『浄土仏教の思想』[1]第6巻 新羅の浄土教 空也・良源・源信・良忍、講談社 [15]。 - 「良源」の担当著者は石田瑞麿。
  • 平林盛得『良源』〈人物叢書173〉、吉川弘文館 [16]
特筆性 - 日本における最初の往生伝である『日本往生極楽記』を編纂。
  • 平林盛得『慶滋保胤と浄土思想』吉川弘文館 [17]
  • 菊地勇次郎『浄土信仰の展開』勉誠出版 [18]。 - 第一部 念仏の系譜「二 『日本往生極楽記』の撰述-往生極楽への憧憬-」
特筆性 - 七高僧
  • 『浄土仏教の思想』[1]第6巻 新羅の浄土教 空也・良源・源信・良忍、講談社 [19]。 - 「源信」の担当著者は石田瑞麿。
  • 速水侑『源信』〈人物叢書195〉、吉川弘文館 [20]
  • 『浄土仏教の思想』[1]第7巻 永観・珍海・覚鑁、講談社 [21]。 - 「永観」の担当著者は大谷旭雄
特筆性 - 融通念仏宗の開祖
  • 『浄土仏教の思想』[1]第6巻 新羅の浄土教 空也・良源・源信・良忍、講談社 [22]。 - 「良忍」の担当著者は石田瑞麿。
  • 『浄土仏教の思想』[1]第7巻 永観・珍海・覚鑁、講談社 [23]。 - 「珍海」の担当著者は坂上雅翁
  • 『浄土仏教の思想』[1]第7巻 永観・珍海・覚鑁、講談社 [24]。 - 「覚鑁」の担当著者は吉田宏晢
特筆性 - 浄土宗宗祖
特筆性 - 七高僧
  • 『浄土仏教の思想』[1]第8巻 法然、講談社 [25]。 - 「法然」の担当著者は梅原猛
  • 田村円澄『法然』〈人物叢書36〉、吉川弘文館 [26]
特筆性 - 長楽寺流の祖
  • 『浄土仏教の思想』[1]第10巻 弁長・隆寛、講談社 [27]。 - 「隆寛」の担当著者は福原隆善
特筆性 - 鎮西派の祖・浄土宗第二祖
  • 『浄土仏教の思想』[1]第10巻 弁長・隆寛、講談社 [28]。 - 「弁長」の担当著者は梶村昇
特筆性 - 浄土真宗宗祖
  • 『浄土仏教の思想』[1]第9巻 親鸞、講談社 [29]。 - 「親鸞」の担当著者は武内義範(第一章「若い親鸞」・第二章「親鸞思想の根本問題」)と石田慶和(第三章「親鸞の著作と思想」・第四章「親鸞と現代」)。
  • 赤松俊秀『親鸞』〈人物叢書65〉、吉川弘文館 [30]
特筆性 - 西山派の祖
  • 『浄土仏教の思想』[1]第11巻 証空・一遍、講談社 [31]。 - 「証空」の担当著者は上田良準
特筆性 - 時宗開祖
  • 『浄土仏教の思想』[1]第11巻 証空・一遍、講談社 [32]。 - 「一遍」の担当著者は大橋俊雄
  • 大橋俊雄『一遍』〈人物叢書183〉、吉川弘文館 [33]
特筆性 - 本願寺の実質的開祖/本願寺第三世
特筆性 - 本願寺中興の祖/本願寺第八世
  • 『浄土仏教の思想』[1]第12巻 蓮如、講談社 [35]。 - 「蓮如」の担当著者は源了円
  • 笠原一男『蓮如』〈人物叢書109〉、吉川弘文館 [36]
  • 『浄土仏教の思想』[1]第13巻 妙好人 良寛・一茶、講談社 [37]。 - 「良寛」の担当著者は大峯顕
  • 『浄土仏教の思想』[1]第13巻 妙好人 良寛・一茶、講談社 [38]。 - 「一茶」の担当著者は大峯顕。
  • 小林計一郎『小林一茶』〈人物叢書77〉、吉川弘文館 [39]
  • 『浄土仏教の思想』[1]第14巻 清沢満之・山崎弁栄、講談社 [40]。 - 「清沢満之」の担当著者は脇本平也
  • 吉田久一『清沢満之』〈人物叢書70〉、吉川弘文館 [41]
  • 『浄土仏教の思想』[1]第14巻 清沢満之・山崎弁栄、講談社 [42]。 - 「山崎弁栄」の担当著者は河波昌
  • 『浄土仏教の思想』[1]第15巻 鈴木大拙・曽我量深・金子大栄、講談社 [43]。 - 「鈴木大拙」の担当著者は坂東性純
  • 『浄土仏教の思想』[1]第15巻 鈴木大拙・曽我量深・金子大栄、講談社 [44]。 - 「曽我量深」の担当著者は伊東慧明
  • 『浄土仏教の思想』[1]第15巻 鈴木大拙・曽我量深・金子大栄、講談社 [45]。 - 「金子大栄」の担当著者は幡谷明
  • 『浄土仏教の思想』[1]第13巻 妙好人 良寛・一茶、講談社 [46]。 - 「妙好人」の担当著者は柏原祐泉


主要注釈書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 『浄土仏教の思想』の編集委員は、梶山雄一長尾雅人坂東性純藤田宏達藤吉慈海