笠原一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠原 一男
人物情報
生誕 (1916-06-02) 1916年6月2日
日本の旗 日本 長野県南佐久郡北牧村(現小海町
死没 2006年8月19日(2006-08-19)(90歳)
出身校 <東京大学
学問
研究分野 日本史(日本中世宗教史(鎌倉仏教))
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

笠原 一男(かさはら かずお、1916年6月2日 - 2006年8月19日)は、日本の歴史学者東京大学教養学部名誉教授。

経歴[編集]

長野県南佐久郡北牧村(現在の小海町)出身。旧制千葉県立東葛飾中学校を経て、1938年に旧制新潟高等学校、1941年に東京帝国大学国史学科を卒業。

卒業後は東京帝国大学史料編纂所に勤務。翌年に応召。47年に復員し、東大史料編纂所に復帰した。1960年に同助教授、1961年、東大教養学部助教授、66年に教授。1977年に定年退官する。

その後は放送大学教授となり、1990年に退任して客員教授。日本文化研究所長、庭野平和財団理事などを務める。1962年、「一向一揆の研究」により東京大学から文学博士の学位を授与される[1]

日本中世宗教史(鎌倉仏教)が専門で、社会経済的基盤からみた浄土真宗本願寺の研究に取り組み、創価学会立正佼成会など現代の新宗教にも研究を広げ、『立正佼正会史』編纂などに従事。『女人往生思想の研究』は、平安時代には普通に認められた女人往生が、鎌倉時代に入ってから認められなくなったことを示した代表作である。

著書[編集]

単著[編集]

共著・編著[編集]

  • 真宗史概説 赤松俊秀共編 平楽寺書店、1963
  • 日本史小年表 東京大学出版会、1964
  • 室町幕府 人物往来社、1965
  • 現代に生きる日本史の群像 あそか出版社、1966
  • 封建・近代における鎌倉仏教の展開 法藏館、1967
  • 日本における社会と宗教 吉川弘文館、1969
  • 現代日本の宗教と政治 村上重良共編 新人物往来社、1971
  • 日本宗教史研究入門 評論社、1971
  • 日本史における価値観の系譜 評論社、1972
  • 日本思想大系 17 蓮如・一向一揆 井上鋭夫と共校注 岩波書店、1972
  • 日本女性史 1-8 評論社、1972-73
  • 近代日本の名著 学陽書房、1973
  • 日本思想の名著 学陽書房、1973
  • 仏教の名著 学陽書房、1973
  • 原典・日本思想史 下出積与共編 評論社、1974
  • 日本における政治と宗教 吉川弘文館、1974
  • 日本宗教史年表 評論社、1974
  • 日本宗教史 1-2 山川出版社、1977
  • 近世往生伝集成 1-3 山川出版社、1978-80
  • 近世往生伝の世界 教育社、1978 (教育社歴史新書)
  • 歴史にみる日本人のこころ 評論社、1978
  • 仏を現代に求めて 大谷暢順対論 評論社、1979
  • 生きざま死にざま 日本民衆信仰史 小栗純子共編 教育社、1979 (教育社歴史新書)
  • 罪と罰 日本民衆信仰史 教育社、1980 (教育社歴史新書)
  • 女人往生 教育社、1983 (教育社歴史新書)
  • 蓮如文集 岩波文庫、1985
  • 文化の形成と普及 日本仏教の形成と普及 放送大学教育振興会、1986

責任編集・考証[編集]

  • 学習漫画 日本の歴史 集英社、1982
  • 学習漫画 人物日本の歴史 集英社、1984
  • 学習漫画 日本の歴史人物事典 集英社、1984
  • 学習漫画 日本の歴史できごと事典 集英社、1988
  • 学習漫画 日本の歴史年表 集英社、1993

記念論集[編集]

  • 日本宗教史論集 笠原一男博士還暦記念会 吉川弘文館、1976

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年5月15日閲覧。