日本往生極楽記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本往生極楽記』(にほんおうじょうごくらくき)は、平安時代中期に慶滋保胤(? - 1002年)が編纂した往生伝。成立は寛和年間(985年 - 987年)頃と見られている。

「往生伝」とは、極楽往生をしたものの伝記またはその伝記を集めたもので、『日本往生極楽記』は日本で最古の往生伝とされる。この書は、聖徳太子をはじめとして、皇族から庶民にいたる計45人の極楽往生の伝記を載せ、保胤の浄土信仰に基づいて編纂されたものである。

日本思想大系7 往生伝・法華験記』 (井上光貞大曽根章介校注、岩波書店)に所収。