THE ANYMAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
THE ANYMAL
Suchmosスタジオ・アルバム
リリース
録音 2018年 - 2019年
ジャンル J-POP
サイケデリック・ロック
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル F.C.L.S
プロデュース 金子悟
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • オリコン
    • 3位(デイリーアルバムランキング)[4]
    • 4位(週間合算アルバムランキング)[5]
    • 4位(週間CDアルバムランキング)[6]
    • 3位 (週間デジタルアルバムランキング)[7]
    • 2位 (週間ROCKアルバムランキング)[8]
  • Billboard JAPAN
    • 2位(Hot Albums)[9]
    • 2位(Download Albums)[10]
    • 3位(Top Albums Sales)[11]
  • Suchmos アルバム 年表
    THE ASHTRAY
    2018年
    THE ANYMAL
    (2019年)
    『THE ANYMAL』収録のシングル
    1. WATER
      リリース: 2019年1月15日
    2. In The Zoo
      リリース: 2019年2月27日
    3. ROLL CALL
      リリース: 2019年3月22日
    テンプレートを表示

    THE ANYMAL』(ジ・アニマル)は、日本ロックバンドSuchmosの3枚目のオリジナルアルバムである。2019年3月27日に、彼らのレーベルF.C.L.Sから発売された。自主レーベル発足後初のフル・アルバムである。

    背景[編集]

    2019年1月20日、「THE KIDS」以来2年ぶりとなるフルアルバムの発売が発表された。同日、神奈川県横浜スタジアムで開催されるワンマンライブ「Suchmos THE LIVE」のチケット先行予約受付も公式サイトで開始された[12]2月27日、収録曲やジャケット写真などアルバムの詳細が公開された[13]。アルバムはCDのみの通常盤とDVD付の初回限定盤の2形態で発売。

    2019年1月25日、アルバムに収録された新曲「WATER」の先行配信が開始された。同曲は、J-WAVEの開局30周年ソングの第4弾として彼らが提供したもので、1月1日よりラジオでオンエアされていた[14]。この曲のジャケットビジュアルは、ボーカルのYONCEが手掛けた[15]。同年2月27日、「THE ANYMAL」の発売に先駆け、2018年11月横浜アリーナのワンマンライブでも披露され、アルバムの題名のきっかけにもなった「In The Zoo」がiTunesを含む音楽配信サービスで配信が開始された。初回生産限定盤DVDには、初めてSuchmosのレコーディング風景を収めた、写真家・岡田貴之が手掛けた「THE ANYMAL」のストーリームービー「Join Us And Go Somewhere Nice」が収録されている。この映像の一部が、同日YouTubeで公開された[13]3月3日、「In The Zoo」に加え、初期の曲「Pacific」を“現在のSuchmos”の視点で新たに生まれ変わらせた「Pacific Blues」の2曲を収録した12inchアナログ盤「In The Zoo / Pacific Blues」が限定発売された。「Pacific Blues」は、1テイクでレコーディングされており、スタジオで聴く音に一番近い音で聴いてほしいという、メンバーの希望でアナログ盤にのみ収録される形となった。ジャケットのアートワークは、YONCEとドラムのOKが手掛けている。このアナログ盤は、3月12日に全国一斉開催された全曲試聴会「Suchmos『THE ANYMAL』Listening Night Out」の会場でも先行販売された[16]

    アルバムの制作には、1年以上を要した。YONCEは「まったく意図してなかったのに、結果的に周りを挑発する内容になってしまったアルバム」と語る。キーボードのTAIHEIによると、今までの曲作りはバンドでのジャムセッション先行で、そこにYONCEが鼻歌を乗せ、歌いたい言葉とつけていくことが多かったが、今回のアルバムは、YONCEの歌と歌詞が先行した曲が多かった。YONCEによると、個人やバンドで様々な国を巡ったり、ツアーで大きなステージを経験して視野が広がる一方で、誰かとの揉め事や人付き合いなど狭い日常においての疑問とのギャップに悩み、それを歌にすべきか否かを考えていた。しかし、ある時期に「すべてが歌じゃん」という心境に至り、それを歌うのが自分の役割であると気持ちが振り切れたという[17]

    アルバムタイトルは、アルバムが発売される数日前に決まった。タイトルは収録曲「In The Zoo」の影響を受けている。「アニマル」は、通常は「ANIMAL」と綴るが、この作品では、IがYになっている。この意図についてYONCEは、様々なことに葛藤する現代人を表した造語だと説明している[18]

    構成[編集]

    「THE ANYMAL」は、全12曲の新曲で構成される。ほとんどの曲の演奏時間は5分を超え、全曲合わせると1時間以上になる。ライターの黒田隆憲は、サブスクリプションの普及によって「アルバム」というフォーマットそのものが変容しつつあり、例えばカニエ・ウェストソランジュジェイムス・ブレイクといったアーティストたちが、こぞってコンパクトなサイズのアルバムを発表している中、それとは全く逆の表現方法をとっているのは興味深いと指摘している[19]。オープニングナンバーの「WATER」は、リバーブを極力抑えたデッドなドラムサウンド、下降していくピアノのコードバッキングに絡みつく、オクターブを強調した躍動的なベースラインで構成され、その上でYONCEがファルセットと地声で浮遊感たっぷりに歌い上げる。黒田はこの曲をレニー・クラヴィッツの初期作と比較している[19]。「ROLL CALL」は、ファズギターやスプリングリバーブ、縦ノリのドラムがガレージサイケのような曲である[19]。「In The Zoo」は、アルバムのリード曲であり、ミュージック・ビデオが制作され、2019年3月19日YouTubeに公開された(監督は山田健人)。「自分たちも含めて理性と本能の間で葛藤している動物」にたとえた〈We‘re just animals〉という歌詞と共に、ロックやブルースを現在のSuchmosならではの視点で切り拓いた曲であり、アルバムタイトルのきっかけにもなっている[20]

    批評家の反応[編集]

    専門評論家によるレビュー
    レビュー・スコア
    出典評価
    Real Sound肯定的[19][21]
    ローリングストーン日本版肯定的[22]
    rockin'on.com肯定的[23]

    ライターの黒田隆憲はReal Soundのレビューにおいて、「THE ANYMAL」は、YONCEが過去のインタビューで予告していた通り[注 1]ミニアルバム「THE ASHTRAY」で試みたプログレッシブ〜サイケデリックなアプローチの、一つの到達点といえるもので、「間違いなく彼らの最高傑作」と評価した[19]。音楽評論家の柳樂光隆は、過去のアルバムと比較して、「転向」や「もはや別のバンド」なのかと思うほどの大きな音楽性の変化を指摘。顕著な変化として、サウンドの質感がこれまでの彼らのイメージだった1980年代90年代のものではなく、60年代70年代初頭のものになったことを挙げている。このアルバムを彼らのファンがどう思うかは想像ができないが、「これまでの彼らの中では最も高い評価を得る作品になる可能性はあると思うし、僕はこれまでで最も面白く聴いたのはたしかだ」とコメント。ファン、リスナー、日本の音楽シーンにとってもいい戸惑いが起きそうな「一石を投じる作品が生まれた」ことを楽しみたいと付け加えた[21]。ライターの荒野政寿はローリングストーン日本版のクロスレビューにおいて、サイケデリック・ロックへの傾倒を大胆に進めた本作は、そうした形容だけで一括りにできるような、単に単に“トリッピー”“スペイシー”なだけのアルバムではなく、厭世観や逃避への欲求をあらわにする一方で、どうにも逃げ切れない現実のブルース(「In The Zoo」や「You Blue I」)、未来に対する漠然とした不安(「WHY」や「HERE COMES THE SIX-POINTER」)にも目を向けており、揺れる感情の機微を受信できるかどうかで、本作の印象は大きく変わってくるだろうと指摘。今、この瞬間に抱えているもやもやを吐露した作品であればこそ、の説得力があるし、“背伸びした結果の野心作”とは異質な、変化の必然性が納得できるアルバムというのが現時点での実感だとコメントした。また、荒野は、Suchmosが絶賛してきた同世代のアーティスト、ハイエイタス・カイヨーテサンダーキャットからの影響を指摘している[22]。ライターの矢島由佳子は、本作でSuchmosが表現していることは、「自分の直感を信じること」、「それぞれの素直な気持ちに従いながら、前に向かって足を動かすこと」、「バンドメンバーでさえも同じ価値観の人間なんてこの世にはいないなかで、いかに他人を愛するか、ということ」の3つであると分析。今作は、意図的に「時代」「社会」に目を向けて作られたわけではなく、あくまで、自分たちの心の深いところを見つめて、自分たちの人生を音で表現することを追究して生まれた作品であると指摘。しかし、それが結果的に、半歩先の時代のあり方へのガイドとなっていることに対しては、Suchmosがやはり、商業音楽を作る職人やマーケターなどではなく、本物の表現者・芸術家であることを証明していると言っていいだろうとコメントした[22]ロッキング・オンが運営する音楽情報サイトrockin'on.comの小池宏和は、「コズミック・ブルース/サイケデリック・ソウル・アルバム」と呼び、「ロックは、バンドミュージックは、そもそもこれぐらいロマンチックで途方もないイマジネーションに支えられた表現なのだということを、確実に伝えてくれるアルバムなのである。」と評価した[23]

    チャート成績[編集]

    Billboard Japanのアルバム・セールス・チャートJAPAN Top Albums Salesでは、2019年4月8日付けで初登場3位を記録[25]。ダウンロード・チャートで2位、ルックアップで21位をそれぞれ記録し、総合アルバム・チャートでは2位を獲得[26]

    チャート(2019年) 最高
    順位
    Billboard Japan Top Albums Sales[27] 3
    Billboard Japan Hot Albums[28] 2
    Billboard Japan Download Albums[29] 2
    オリコン 週間アルバム[30] 4
    オリコン 週間デジタルアルバム[31] 3

    収録曲[編集]

    全作曲: Suchmos。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「WATER」YONCE,HSUSuchmos
    2.「ROLL CALL」OKSuchmos
    3.「in The Zoo」YONCESuchmos
    4.「You Blue I」YONCESuchmos
    5.「BOUND」YONCESuchmos
    6.「Indigo Blues」YONCESuchmos
    7.「PHASE2」 Suchmos
    8.「WHY」HSU,YONCESuchmos
    9.「ROMA」YONCESuchmos
    10.「Hit Me, Thunder」YONCESuchmos
    11.「HERE COMES THE SIX-POINTER」YONCESuchmos
    12.「BUBBLE」YONCESuchmos
    合計時間:
    初回限定盤DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「Join Us And Go Somewhere Nice」  

    宣伝活動[編集]

    2019年3月12日、アルバムの全曲試聴会「Suchmos『THE ANYMAL』Listening Night Out」が札幌市仙台市新潟市富山市東京都名古屋市静岡市大阪市広島市福岡市の全国10都市で一斉開催された。全国のラジオ局が協力する形で開催され、ラジオのリスナーのみが抽選で無料招待された[32]3月15日には、バンドの公式LINEアカウントで全曲試聴会が行われた[33]3月26日から28日にかけてバンドのオリジナルトラックが大阪、東京、愛知、宮城、福岡の5都市で移動販売を行う企画「MUSIC DELIVERY」を行う[34]

    2019年3月29日、SuchmosのYouTube公式チャンネルにてライブ映像「Suchmos『THE ANYMAL』Live in Church」がプレミア公開された[35]3月31日スペースシャワーTVにてアルバム発売の記念して企画された特別プログラム「Suchmos DAY」を放送された。プログラムは、教会で収録されたライブ映像やインタビューで構成された特別番組「V.I.P. -Suchmos-」、ミュージックビデオ特集「Suchmos MUSIC VIDEO SPECIAL」、Suchmosのレギュラー番組「Suchmostyle」の総集編など全5番組で構成される[36]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 「聴きやすさとオルタナティヴな感覚の共存という意味で最近おもしろかったのは、ジョナサン・ウィルソンの『Rare Birds』ですね。ピンク・フロイドを思わせるプログレッシヴな、サイケデリックな要素もあるし、サザン・ロックフォーク的な要素もあって、『THE ASHTRAY』の制作期間にそういう音楽から受けるようになった影響は、今後の作品でより色濃くなるんじゃないかな」(YONCE、「Mikiki」2018年6月25日、ミニ・アルバム「THE ASHTRAY」発売時のインタビュー)[24]

    出典[編集]

    1. ^ 「クロス・レヴュー」『ミュージック・マガジン』第51巻第6号、ミュージック・マガジン、2019年5月。
    2. ^ 「アルバム・レヴュー」『ミュージック・マガジン』第51巻第7号、ミュージック・マガジン、2019年6月。
    3. ^ 「クロス・レヴュー」[1]、「アルバム・レヴュー」[2]において5人の評者がつけた点数の平均値。
    4. ^ デイリー アルバムランキング2019年03月27日付 (oricon news)2019年4月2日閲覧。
    5. ^ 週間 合算アルバムランキング2019年04月08日付 (oricon news)2019年4月2日閲覧。
    6. ^ 週間 アルバムランキング2019年04月08日付 (oricon news)2019年4月2日閲覧。
    7. ^ 週間 デジタルアルバムランキング2019年04月08日付 (oricon news)2019年4月2日閲覧。
    8. ^ 週間 ROCKアルバムランキング2019年04月08日付 (oricon news)2019年4月2日閲覧。
    9. ^ Hot Albums2019年04月08日付 ( Billboard JAPAN)2019年4月2日閲覧。
    10. ^ Download Albums2019年04月08日付 ( Billboard JAPAN)2019年4月5日閲覧。
    11. ^ [ http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=top_albums Top Albums Sales2019年04月08日付 ] ( Billboard JAPAN)2019年4月5日閲覧。
    12. ^ Suchmos、約2年ぶりの新アルバム『THE ANYMAL』3月リリース”. CINRA (2019年1月20日). 2019年3月30日閲覧。
    13. ^ a b Suchmos、3rdアルバム『THE ANYMAL』収録曲&ジャケット公開 初回盤DVD映像の一部も”. RealSound (2019年2月27日). 2019年3月30日閲覧。
    14. ^ Suchmos、J-WAVEの30周年記念ソング「WATER」を本日先行配信”. 音楽ナタリー (2019年1月15日). 2019年3月30日閲覧。
    15. ^ Suchmos、新曲“WATER”を新アルバム『THE ANYMAL』より先行配信開始”. ロッキング・オン (2019年1月25日). 2019年3月30日閲覧。
    16. ^ Suchmos、アナログ盤の「In The Zoo / Pacific Blues」を限定リリース”. ローリング・ストーン・ジャパン (2019年3月12日). 2019年3月30日閲覧。
    17. ^ YONCE、TAIHEI、KCEE. Suchmos『THE ANYMAL』 この状況は音楽でぶち抜くしかない――映画的なサイケデリック・ブルースが示すこのバンドの真価とは?. インタビュアー:小野田雄. Mikiki.. http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/21122 2019年3月30日閲覧。 
    18. ^ YONCE. Suchmos「僕らは理性とか本能の間で生きていく世代」 新作『THE ANYMAL』に込めた意味とは. インタビュアー:板子淳一郎. J-WAVE.. https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2019/02/29-suchmosyoncehsuthe-anymal.html 2019年3月30日閲覧。 
    19. ^ a b c d e Suchmos、『THE ANYMAL』はバンドの“最高傑作” アルバム通じて見せた変化に迫る”. Real Sound (2019年3月18日). 2019年3月30日閲覧。
    20. ^ Suchmos、3rdフルアルバム『THE ANYMAL』より「In The Zoo」MV公開”. Real Sound (2019年3月19日). 2019年3月30日閲覧。
    21. ^ a b Suchmos、新作『THE ANYMAL』サウンドの大きな変化 音楽シーンに一石を投じる作品に”. Real Sound (2019年3月21日). 2019年3月30日閲覧。
    22. ^ a b c Suchmos『THE ANYMAL』クロスレビュー 「音」と「思想」から迫る冒険作の背景”. ローリングストーン・ジャパン (2019年4月4日). 2019年4月6日閲覧。
    23. ^ a b このたゆまぬ想像力こそが希望”. ロッキング・オン (2019年4月14日). 2019年4月20日閲覧。
    24. ^ Suchmos. Suchmos『THE ASHTRAY』 取り巻く喧噪とは距離を置き、自分であり続けた6人が音楽を通じて出した答えとは?. インタビュアー:小野田雄. Mikiki.. http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/18231 2019年3月30日閲覧。 
    25. ^ 【ビルボード】back numberのニューAL『MAGIC』が17万枚売り上げ首位獲得 星野源の2作品が7位、8位に浮上”. Billboard JAPAN (2019年4月1日). 2019年4月6日閲覧。
    26. ^ 【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム完全制覇で首位 星野源は『POP VIRUS』が6位浮上&『YELLOW DANCER』は116週ぶりトップ10”. Billboard JAPAN (2019年4月3日). 2019年4月6日閲覧。
    27. ^ Billboard Japan Top Albums Sales”. Billboard Japan (2019年4月1日). 2019年4月6日閲覧。
    28. ^ Billboard Japan Top single sales”. Billboard Japan (2019年4月4日). 2019年4月6日閲覧。
    29. ^ Billboard Japan Download Albums”. Billboard Japan (2019年4月6日). 2019年4月6日閲覧。
    30. ^ 週間 アルバムランキング2019年04月08日付”. オリコン (2019年4月8日). 2019年4月6日閲覧。
    31. ^ 週間 デジタルアルバムランキング2019年04月08日付”. オリコン (2019年4月8日). 2019年4月6日閲覧。
    32. ^ Suchmos、新アルバム『THE ANYMAL』先行全曲試聴会開催&ラジオリスナーを無料招待”. ロッキング・オン (2019年2月28日). 2019年3月30日閲覧。
    33. ^ Suchmos、好評博した「THE ANYMAL」試聴会を今度はLINEで”. 音楽ナタリー (2019年3月13日). 2019年3月30日閲覧。
    34. ^ Suchmosニューアルバムを全国5都市に届ける「MUSIC DELIVERY」スタート”. 音楽ナタリー (2019年3月26日). 2019年3月30日閲覧。
    35. ^ Suchmosの最新パフォーマンスをYouTube公開”. 音楽ナタリー (2019年3月27日). 2019年3月30日閲覧。
    36. ^ 3月31日はSuchmos DAY!スペシャで6時間プログラムOA”. 音楽ナタリー (2019年3月25日). 2019年3月30日閲覧。