ハイエイタス・カイヨーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハイエイタス・カイヨーテ
Hiatus Kaiyote 2013.jpg
2013年
基本情報
別名 HK
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア·メルボルン
ジャンル ネオ・ソウルフューチャー・ソウル英語版ジャズ・ファンク
活動期間 2011年 - 現在
レーベル フライングブッダソニー・マスターワークス英語版
共同作業者 ザ・バンブース英語版Qティップ
メンバー ナオミ・ネイパーム・ザールフェルト
ポール・ベンダー
サイモン・モノシリ
ペリン・モス

ハイエイタス・カイヨーテHiatus Kaiyote[hˈtəs kˈjti])は、2011年オーストラリアメルボルンで結成されたフューチャー・ソウル・ユニットである[1]。メンバーはナオミ・ネイパーム・ザールフェルト(ボーカル、ギター)[2][3][4]、ポール・ベンダー(ベース)、サイモン・モノシリ(キーボード)とペリン・モス(ドラム、パーカッション)の4人である。2013年Qティップを客演に迎えた「ナカマラ」がグラミー賞最優秀リズム・アンド・ブルース・パフォーマンス賞英語版の候補になった[5]。この曲はフライングブッダから発表された彼らのデビュー・アルバム「トーク・トマホーク」に収録されている。

2014年には、ヒップホップアーティストのレミ、プロデューサーのサイレント・ジェイ、ボーカリストのジェイス・XLと協力して、「The Sonic Architects National Conference」と題したオーストラリアツアーを開始[6]。このツアーでは、ジェイス・エクセル、ローレライ、アレハンドロ・ジェイ・アバポという3人のバックヴォーカリストが追加された[7]

2015年5月1日に2枚目のアルバム「チューズ・ユア・ウェポン」を発表。レビューサイトMetacriticでは6件のレビューに基づいて、100点満点中88点が与えられた[8] 。同年5月9日オーストラリアのアルバムチャートで初登場22位を記録した[9]。アルバムに収録された「ブリージング・アンダーウォーター」は、第58回グラミー賞最優秀リズム・アンド・ブルース・パフォーマンス賞の候補になった[10]

作品[編集]

アルバム[編集]

題名 情報
トーク・トマホーク
チューズ・ユア・ウェポン

脚注[編集]

  1. ^ Andy Kellman. “Hiatus Kaiyote | Biography”. AllMusic. 2015年5月5日閲覧。
  2. ^ Hiatus Kaiyote: Choose Your Weapon review – psychedelic adventure land”. theguardian.com. Guardian News And Media Limited. 2016年3月23日閲覧。
  3. ^ Premiere: Listen to Hiatus Kaiyote’s New EP”. redbull.com. Red Bull. 2016年3月23日閲覧。
  4. ^ Hiatus Kaiyote's Musical Mosaic”. wsj.com. Dow Jones & Company, Inc.. 2016年3月23日閲覧。
  5. ^ Michael Dwyer. “Independent Melbourne band Hiatus Kaiyote gets Grammy nod”. Smh.com.au. 2015年5月5日閲覧。
  6. ^ Hiatus Kaiyote, Remi and friends unite for national tour”. abc.net.au (2014年9月30日). 2015年8月5日閲覧。
  7. ^ Hiatus Kaiyote at Federation Square”. thedwarf.com (2014年9月19日). 2015年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月13日閲覧。
  8. ^ Reviews for Choose Your Weapon by Hiatus Kaiyote - Metacritic”. metacritic.com. 2015年5月11日閲覧。
  9. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2015年5月11日). 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月9日閲覧。
  10. ^ 2016 Grammy Awards: Complete list of winners and nominees”. latimes.com. 2016年2月16日閲覧。