Love Songs アイドルがクラスメ〜ト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Love Songs アイドルがクラスメ〜ト
ラブ★ソングス♪アイドルがクラスメ〜ト
ジャンル 恋愛シミュレーション
対応機種 PlayStation 2
開発元 ヒューネックス、サウンドエイムス(一部参加)
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人
発売日 2001年4月26日
2003年8月14日(廉価版)
テンプレートを表示

Love Songs アイドルがクラスメ〜ト』(ラブソングス アイドルがクラスメート)は、2001年4月26日ディースリー・パブリッシャーが発売したPlayStation 2用の恋愛シミュレーションゲーム。ゲーム内容は全く違いはないパッケージ違いの3バージョンを出したことで話題となった。キャラクターデザイン原画きみづか葵

2003年8月14日には、SIMPLE2000シリーズ Ultimateとして廉価版が発売された。この際には、同シリーズで発売された『ラブ★スマッシュ!』、『ラブ★マージャン!』、『ラブ★アッパー!』に合わせる形で『ラブ★ソングス♪アイドルがクラスメ〜ト』というタイトル表記となっている。

概要[編集]

芸能コースがあるため、芸能人が多く在学する「明光学園」に入学したばかりのごく普通の高校生が主人公。

メインヒロインとなるトップアイドル瀬戸綾乃をはじめとして、ゲーム中のヒロイン全てが芸能人であるということが本作の特徴である。

ゲームシステム[編集]

主人公は明光学園で3年間の高校生活を過ごす。卒業後にヒロインから告白される、または自分から告白して恋愛関係になるのが目標である。

システムについては90年代後半にギャルゲーブームを起こした『ときめきメモリアル』の影響を強く受けており、それぞれの平日・休日ごとに「勉強」「運動」などのコマンドを選択し、主人公の能力値を高めてゆく。

所持金の概念があり、「アルバイト」のコマンドでお金を貯めることができる。所持金はデパートでプレゼントや能力上限上昇アイテム、及びヒロイン達のグッズを買うことに使われるほか、デートに行く際にもデート場所に応じて消費される。

ETS[編集]

「Emotional Talk System」(エモーショナルトークシステム)の略称。

デート中にヒロインと会話する際には返答を選択することになるのだが、選択肢が文章として表示されているのではなく、コントローラーの○と×と△の各ボタンが「○=肯定、承諾」「×=否定、拒否」「△=曖昧、はぐらかし」に対応しており、自分に合った返答のボタンを押して選択する。これによって「自分の意図した返答が選択肢にない」といった事態を避け、ストレスなく会話を進められるという目的で設定されている。

なお、『ドリームクラブ』では、「酩酊状態の会話」という設定で本システムがほぼそのままの形で再登場している。同作では、互いに酩酊した状態を「ETSモード」と呼んでいる。

登場キャラクター[編集]

特に表記がないキャラは主人公と同級生。

ヒロイン[編集]

瀬戸綾乃(せと あやの)
- 小松里賀
本作のメインヒロインで主人公のクラスメイト。仕事と勉強を両立する優等生。現在売り出し中のアイドル。真面目さを絵に書いたような性格ゆえに、コンプレックスを持つことも。
観月唯香(みづき ゆか)
声 - 浅井清己
綾乃をライバル視するアイドル。ボーイッシュな性格で人気が高い。
橘涼子(たちばな りょうこ)
声 - 岩崎陽子
ファッション雑誌で人気のモデル。175cmの長身で女性人気は高い。高飛車故に男性には辛くあたりがち。
桜井美奈子(さくらい みなこ)
声 - 安田美和
アナウンサー志望の少女。主人公とは仲がいいが友達以上に見られない。
神楽ありす(かぐら ありす)
声 - 城雅子
声優界のトップアイドルで、本名は「鈴木恭子」。主人公の1年後輩。子供っぽい容姿で戦隊ヒーローが大好き。
双葉理保(ふたば りほ)
声 - 後藤邑子
95cmの巨乳グラビアアイドル。主人公の幼馴染。芸能人である自覚がいまいち欠けているらしい。
最初から登場しているのは綾乃と彼女だけである。また、のちにさまざまな作品に登場する彼女は本作がデビュー作である。
桃園果菜(ももぞの かな)
声 - 今井智子
恥ずかしがりやで、ややオドオドした感じの少女。眼鏡をかけている。
天城未優(あまぎ みゆ)
声 - 佐々木瑶子
大物俳優・天城龍造の娘で自身も女優。無口でミステリアスな雰囲気がある。主人公の1年後輩。

サブキャラクター[編集]

品田浩二(しなだ こうじ)
声 - 吉水孝宏
友人の男子生徒。関西弁を話す調子のいい性格のキャラクター。
芸能界全般に詳しく、主人公にヒロインからの評価を教えてくれる。
岡村幸男(おかむら ゆきお)
声 - 田中大文
友人の男子生徒。眼鏡をかけた慇懃な口調のアイドルオタク
主人公にヒロインの性格や趣味を教えてくれる。
宝条瞬(ほうじょう しゅん)
声 - 松林大樹
主人公の同級生であるとともに、芸能プロダクションの社長を父親に持つ人気俳優
容姿端麗で、女子生徒からの人気も高い。

派生したソフト[編集]

SIMPLE1500シリーズvol.88 THE ギャル麻雀[編集]

2002年3月28日に発売された麻雀ゲーム。開発はヒューネックス

『Love Songs』のヒロイン8人と麻雀をして好感度や所持金を稼ぎ、写真・ポスター・CDといったヒロイン達のグッズを集めることが目的。集めたグッズはギャラリーで観賞可能。

内容については『THE ギャル麻雀』の項目も参照。

なお、2010年7月28日からゲームアーカイブスで配信されている。

SIMPLE2000シリーズvol.26 THE ピンボール×3[編集]

2003年2月24日に発売されたピンボールゲーム。開発はヒューネックス

3台遊べるピンボール台のうちの1台がこのゲームをモチーフとしており、本作のヒロインが歌を歌うなどの演出がある。

SIMPLE2000シリーズvol.63 もぎたて水着!女まみれのTHE水泳大会[編集]

2004年9月30日に発売されたスポーツゲーム。開発はタムソフト

アイドル水泳大会をモチーフにしており、『Love Songs』のヒロイン8人を含む10人の女性キャラクターのうち1人を操作して、他のキャラクターとミニゲームで対決する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]