地球防衛軍3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地球防衛軍3
(EARTH DEFENCE FORCES 2017)
ジャンル TPS
アクションゲーム
対応機種 Xbox 360
iアプリ
開発元 サンドロット
発売元 ディースリー・パブリッシャー
ギガ連射(iアプリ版)
人数 オフライン1-2人
メディア DVD-ROM(片面1層:4.7GB)1枚組
発売日 日本の旗 2006年12月14日
日本の旗 2007年11月1日プラチナコレクション
アメリカ合衆国の旗 2007年3月20日
欧州連合の旗 2007年3月30日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
ESRB: T
売上本数 12万本超(WWでは約30万本)
その他 対応映像出力
720p(D4)まで対応
対応音声出力
ドルビーデジタル5.1ch
テンプレートを表示

地球防衛軍3』(ちきゅうぼうえいぐんスリー)は、ディースリー・パブリッシャーより2006年12月14日に発売されたXbox 360専用ゲームソフトサンドロット制作の3Dアクションゲーム(TPS:サードパーソン・シューティング)である。

海外でも『EARTH DEFENCE FORCES 2017』(アース・ディフェンス・フォース2017)のタイトルで、北米では2007年3月20日、ヨーロッパでは同年3月30日に発売された。さらに同年11月1日にはプラチナコレクションとして発売された。

概要[編集]

ナンバリングこそ、PlayStation 2で『SIMPLEシリーズ』として発売された『THE 地球防衛軍』『THE 地球防衛軍2』から続いているものの、ストーリーや世界観の引継ぎはなく、実質的に1作目のリメイク作品である。PS2版は『SIMPLEシリーズ』の一作品であったため定価2,100円の廉価ソフトだったが、前二作の好評を受け本作からは、『SIMPLEシリーズ』から独立した単独のゲームシリーズとなり、定価7,140円のフルプライスソフトとなった。それに伴い『SIMPLEシリーズ』のタイトルの特徴である冠詞の“THE”はタイトルに付かなくなった。発表当初は『地球防衛軍X』というタイトルだった。

2009年9月8日にゲームオンデマンドでも配信。2010年8月にXbox360ダッシュボード上で年間ダウンロードランキングが公開され、『THE IDOLM@STER』と『THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!』を凌ぎ年間第1位に輝いている。

2012年9月27日には、本作の移植リメイク作品である『地球防衛軍3 PORTABLE』が発売された。プラットフォームはPlayStation Vita。定価は通常版が5,800円(税抜)、通常版ソフト2本と特典プロダクトコードが同梱される初回生産分のみの特別版である『ダブル入隊パック』が6,980円(税抜)、ダウンロード版が5,000円(税抜)。アドホック通信のほか、オンラインを通じて最大4人での協力プレイが可能になった。また、一定の条件を満たす事で『THE 地球防衛軍2』に登場した兵科「ペイルウイング」がゲスト参戦という扱いで使用可能となる。

また、2012年9月25日には『地球防衛軍3 PORTABLE』の実写予告として、短編特撮作品『地球防衛軍3 PORTABLE THE COMMERCIAL』が公開された。

ストーリー[編集]

2013年にその存在が確認された地球外生命体「フォーリナー」は、2017年、大船団を率いて地球へと飛来、侵略戦争を開始した。

2015年に設立された「地球防衛軍EDF)」の特殊遊撃隊「ストーム」傘下の一小隊「ストーム1」の隊長「ストームリーダー」は、他の隊員達と共に、フォーリナーの地球侵略に命がけで立ち向かう。

ゲーム内容[編集]

本作のプレイヤーは地球防衛軍の一員として、仲間であるNPC(ノンプレイキャラクター)隊員と共に侵略者が送り込む巨大生物やガンシップといった相手に戦いを挑む。2人同時プレイは「対戦モード」と、キャンペーンを左右分割画面で攻略する「協力プレイ」の2種類が存在する。

基本ルール・システム自体は『2』までとほとんど変わらないが、今作は機種を移行したために前作まで行っていた過去作品からのデータ流用が不可能となっており、フルプライス化の一因になったと思われる。

映画的な画面効果が加えられることもあるが、プレイの妨げにならないように、プレイヤーによる設定でそれらを無効にすることも可能である。コントローラによる操作方法は2種類存在し、簡便な初心者向けの「ノーマル」と、左右のスティックを駆使する上級者向けの「テクニカル」とを任意で選択出来る。なお、これらはゲーム中いつでも変更可能である。また、今作からは両操作ともボタン配置の変更が可能になった。

本作でのプレイキャラクターは一作目『THE 地球防衛軍』のリメイクということで、陸戦兵(レンジャー)のみだが、『THE 地球防衛軍2』のペイルウイングの武装に相当するプラズマ兵器、レーザー兵器の試作品は登場している。本作の大戦後、フォーリナーが残した科学技術を応用してプラズマジェネレーターが完成、それを使う降下翼兵「ウイングダイバー」が続編の『地球防衛軍4』で出陣する設定なので、本作の世界にはまだ空を飛べる兵科は本来存在しない。だが、『地球防衛軍3 PORTABLE』では、一定条件を満たすと、『THE 地球防衛軍2』からのゲスト参戦という扱いで「ペイルウイング」が使用可能となる。

キャラクター[編集]

地球防衛軍(EDF)[編集]

地球防衛軍。通称「EDF」(Earth Defense Force)。フォーリナーの来訪に対抗するために2015年に設立された、国家の枠組みを超えた超法規的な連合地球軍。軍事組織としては世界最大級の規模を誇り、所属している兵員は陸戦部隊のみで30万人を超えている。総司令部は北米に存在し、世界各地の数十か所に司令部を設けている。無線では欧州司令部、南米司令部が確認可能な他、中東・極東・シベリアにも司令部がある事が伺える。プレイヤーが所属する陸戦部隊の他にも空軍などが存在しているが、劇中でその姿を見せる事は無い。

ストーリーはフォーリナーとの初接触から始まるため、本作のEDFは旧作とは異なり序盤での壊滅を免れている。そのためコメントしか言わない本部と非常に事務的なオペレーターは前作と同じだが、前作までは声だけの登場だった他の隊員達もNPC(ノンプレイヤーキャラクター)として画面に登場することとなった。

EDF陸戦部隊
EDF陸戦部隊は主に、主人公が率いる少数の特殊遊撃隊ストームチームと、大多数を占める主戦力レンジャーチーム、偵察隊スカウトチームに別れる。また、地底戦闘隊のモールチーム、狙撃部隊のスナイパーチーム、強力なレーザー兵器を運用するオメガチームも確認されている。それらの部隊を更に小分けした小隊を、所属部隊と小隊番号を組み合わせた小隊名で呼称している([例]「ストーム1」や「スカウト4」など)。レンジャー小隊は各5人程度、ストーム、スカウトは各3人程度の小隊を作って戦場に展開している。
ストーム1(ストームリーダー)
本作の主人公が所属する小隊。主人公はその隊長で、通信では「ストーム1またはストームリーダー」と呼称される。スーツの色は灰色と赤を基調としているが、ヘルメットの色は後述のNPCとは異なり、青系の色である。ゲーム中で主人公として操作できるのは男性キャラクターである。「ストーム1」は本来小隊名だが、ゲーム上では1人プレイ時には固有の仲間は登場せず、ステージ内で合流する仕組みになっている。
使用可能な武器については総数100種類以上が登場する(後述)。
ストームチーム
EDF陸戦部隊の中でも特に活躍した兵士が所属している部隊で、主人公の小隊「ストーム1」もこの部隊に所属している。特殊遊撃隊という位置づけになっているが、ミサイルやグレネード、特殊兵器を装備した兵士は登場せず、レンジャーチームとほぼ変わらない装備をしている。レンジャーチームに比べて少数の部隊が多いが、小隊でも多い部隊では10人程いる部隊もある。
レンジャーチーム
EDF陸戦部隊の大多数を占めており、主戦力である強襲歩兵隊の名称である。
使用している武器は主にアサルトライフル、ショットガン、スナイパーライフル、ロケットランチャーである。地底ステージのみ火炎放射器を装備している兵士も登場する。作中では主にアサルトライフルとショットガンが使われる事が多い。
続編『地球防衛軍4』では名称が、特戦歩兵「レンジャー」となり、ストームチーム内の兵科の一つとして登場する。
スカウトチーム
EDF陸戦部隊の中では少数編成の偵察隊の名称である。
使用している武器は主にアサルトライフルなどの軽火器であり、巨大生物と正面きって戦える装備を備えてはいないが、味方の危機に際しては果敢に敵と交戦する部隊も見られる。
モールチーム
地底戦闘用に特化された部隊で、地底ステージのみに登場する。主人公と共に戦う事が出来るのはモール2のみで、全員がロケットランチャーを装備している。NPCは前方に遮蔽物があろうとも発砲するため、狭いステージとロケットランチャー装備という性質上、非常に誤射・自爆が多い。
スナイパーチーム
クモ型巨大生物に対抗すべく編成された狙撃兵部隊で、スナイパーライフルを装備している。登場するステージは1つのみであるため、臨時編成された部隊であると思われる。
オメガチーム
本作に登場する味方の中でも最強の火力を持った部隊で、高性能レーザーライフルを装備している。その火力はヘクトルを秒殺してしまう上、女王やレッドカラーにも対抗できてしまうという恐ろしい程の威力を誇っている。初登場のステージのみALレーザー銃(青色のレーザー)を装備しており、2回目以降は零式レーザーライフル(赤色のレーザー)を装備するようになる。
戦争の末期に結成された部隊である上、火力が他の部隊とは比べ物にならないためか、登場回数はわずか3回と非常に少ない。なお、プレイヤーの使用する零式レーザーライフルはリロード不可だが、オメガチームの使用する零式レーザーライフルはリロード可能となっている。
NPC(ノンプレイヤーキャラクター)陸戦兵
本作で主人公と共に戦線を形成する味方。部隊名と小隊番号による「ストーム2」「スカウト4」などの固有名称を与えられた部隊も存在する。部隊長のヘルメットは他の兵士とは異なり赤色である。
部隊長が同行(あるいは死亡)すれば、その部隊にいた他の兵士全員を主人公の指揮下に加えることができるようになる。なお、隊長及び隊員は、主人公の手によって殺害することも可能。それによるゲーム上のペナルティは一切無い。
1作目の序盤で死亡していた「結城隊員」も、世界観の違いからか中盤のステージにおいて生存が確認されている。所属は「レンジャー1」。また、序盤のステージに登場する海岸沿いの街「津川浦」では、民宿「ゆうき」なる建物が確認出来るが、結城隊員との関連性は不明。
ペイルウイング
『地球防衛軍3 PORTABLE』にのみ一定条件を満たすとゲスト参戦する空飛ぶ女性兵士。背部に装備した飛行ユニットで、立体的な空中機動戦闘が可能。その機動性を生かした一撃離脱戦法を得意とする。
本作大戦後、フォーリナーが残した科学技術を応用してプラズマジェネレーターが完成、それを使う降下翼兵「ウイングダイバー」が続編の『地球防衛軍4』で出陣する設定なので、本作の世界にはまだ空を飛べる兵科は本来存在しない。そのため、あくまで『THE 地球防衛軍2』からのゲスト参戦という扱いでの使用兵科となる。デザインは『2』に登場した物からリメイクされている。
次作『地球防衛軍4』では、更にデザインなどが変更された上で、降下翼兵「ウイングダイバー」として正式に参戦を果たしている。
本部
無線を介して主人公たちを指揮する上部組織で、男性の司令官と女性のオペレーターが所属している事が確認できる。プレイヤーを含む現場の部隊の指揮を行っているが、指令が場当たり的になったり、むしろ本部の指令が仇になる事も多い。また、敵の分析情報や世界各地の戦況なども彼ら(主にオペレーター)の口から伝えられている。
劇中ではその姿が登場する事は無く所在地も不明だが、極東司令部が壊滅しても独自に作戦行動を行っている事から、日本に展開しているEDFの指揮を行う極東司令部隷下の下級部隊の本部であると思われる。
戦略情報部
無線で名称のみが語られる部隊。マザーシップを始めとする各地のフォーリナーの動向や性能の調査を任務としている。戦闘に参加してはいないが、エージェントが巨大生物の巣穴に潜入するなど、危険な任務についている事もある。装備などは不明。

フォーリナー[編集]

UFOの大船団を率いて地球にやって来た地球外生命体。だが、当のフォーリナー自身は姿も見せなければ台詞の一つも無く、侵略目的もはっきりしていない。

巨大生物以外の敵は、旧シリーズに比べてSF然としたデザインに変更されている。

巨大生物[編集]

虫に酷似しているが、厳密には虫ではなく単なる「巨大生物」とのみ呼称される。街をいっぱいに埋め尽くすように、膨大な数の巨大生物が所かまわず徘徊し、さらにはビルの壁面や塔に群がっているその姿は不気味である。この生物こそがフォーリナーではないかという説もある。地底に巨大な巣穴を形成し、人間を餌とする。
アリ型巨大生物(巨大甲殻虫)
アリの姿をした巨大生物。質より量で迫るその戦闘力は侮れない。黒色と赤色の2タイプが存在し、黒色のタイプは噛み付き攻撃と腹部後端から酸を噴射する(序盤の数ミッションでは噴射せず、噛み付き攻撃のみを行う)。赤色のタイプは黒色に比べて攻撃力・耐久力・移動速度が高く、噛み付き攻撃のみを行う。また、より巨大な女王アリ「クイーン」も存在する他、『地球防衛軍3 PORTABLE』には黒色の物の上位種である金色のタイプや、赤色の物の上位種である紅色のタイプも登場している。なお本作では、『2』の羽蟻(飛行甲殻虫)や巣(インセクト・ヒル)は登場しない。
クモ型巨大生物
クモの姿をした巨大生物であり、前作の凶虫バゥにあたる。跳躍しながら移動し、臀部から酸を含んだ糸を射出して敵を絡め取ろうとする。糸は接触している間は常にダメージを受け続け、糸の数だけ効果が重複するため殺人的攻撃力を持つ。さらに射程も長く移動力を奪うため、後続の糸や他の敵の攻撃まで受けやすくなってしまう。特に高難度における密着状態からの攻撃は、かなり体力を強化していてもほぼ即死級のダメージを受けてしまう。また、この糸はアリ型巨大生物の酸とは異なりオブジェクトを貫通してくるため、遮蔽物は防壁として機能しない。そのためたとえ1匹であっても油断は禁物。ただし耐久力は前作に比べて減少しており、若干倒しやすくなっている。アリ型巨大生物のクイーンと同じく、より大型の種も存在する他、『地球防衛軍3 PORTABLE』には鎧を纏ったようなタイプも登場している。

宇宙怪獣[編集]

ヴァラク
旧シリーズのソラスに相当する巨大宇宙怪獣。ミッション18で出現する他、ミッション39で複数で出現する。火炎放射攻撃などの攻撃パターンもソラスを踏襲しているが、新たに地面を叩きつけ、周囲に砂埃を巻き起こす近接攻撃も使用してくる。
ヴァラク サイボーグ体
サイボーグ強化を施されたヴァラク。その全容が判明するまでは「UNKNOWN(未確認物体)」と呼称されていた。背部に巨大な2門のレーザー砲を備え、地面を薙ぎ払うように照射してくるほか、旧シリーズの、ソラス サイボーク体と同様に大量の時限式グレネードを射出する。

戦闘機、ロボット兵器[編集]

ガンシップ
フォーリナーの主力航空兵力。赤色の光線を撃って攻撃してくる。空を埋め尽くすような大部隊を率いてくることが多い。圧倒的な強さで一瞬でEDF航空戦力を壊滅させたが、地上部隊に苦戦しているところを見ると、対地戦は苦手らしい。旧作のファイターに相当する。
次回作『地球防衛軍4』では、名称が「飛行ドローン」に変更されている。
レッドカラー
EDF欧州司令部を壊滅させたとされる、赤色のガンシップ。移動速度や耐久力が通常のガンシップと比べ大幅に上昇している。旧作のエース・ファイターに相当する。
新型ガンシップ
『地球防衛軍3 PORTABLE』に登場する新型のガンシップ。ガンシップの下部を切り取ったような形状をしている。放射状に放たれる、速度の速いレーザーを武器としている。
キャリアー
巨大生物やヘクトルを次々と投下する、フォーリナーの航空母艦としての役割を持つ大型機。それ自体は戦闘力を持たない。今作では機体底面のハッチを狙わないとダメージを与えられない仕様に変更されている。
その底面で開くハッチを狙いプレイヤーが攻撃する光景は、映画『インデペンデンス・デイ』を髣髴とさせる。
ヘクトル
本作より登場した、敵の二足歩行兵器。人型で痩身の体躯が特徴。時折頭部を体内に収納する動作が見られるが、それによる性能の変化などはない。中盤のステージからキャリアー輸送が可能な小型タイプも登場する。撃破すると視界を遮るほどの大爆発を起こす。両腕の武装はマシンガン、クラスター弾、プラズマ砲の3種類確認されており、ミッションによって異なる。特にプラズマ砲搭載の機体は曲射により遠距離からでも砲撃してくるため、常に注意する必要がある。後述のベガルタはこの敵に対抗するため開発された。
名称の由来は「ヘクトル」だと推測される。
四足歩行要塞
本作より登場した、キャリアー以上の体躯を誇る強力な巨大四足歩行兵器。通称「四足(よつあし)」。
機体の前部と両側面に電磁防壁「フォースフィールド」を搭載しており、高い防御力を誇る。また、多数のレーザー砲塔を備え、機体の中央にはプラズマガトリング砲台も備えている。また、プレイヤーにダメージを与えることはないが、正面には全長100メートルものプラズマ砲台が存在し、着弾すれば直径数百メートルもの範囲が吹き飛ぶとされる。中央のハッチからはアリ型巨大生物、ガンシップ、果てはヘクトルまで投下してくるが、同時にそこが弱点でもある。
マザーシップ
フォーリナーの母船にして、本作の最終ボス。本体には破壊兵器が無数に配備されており、主砲となるジェノサイド砲や、大量のパネル型のプラズマ砲、柱状のビーム砲塔を展開して、一帯を焦土と化す苛烈な弾幕攻撃を行う。また次々にガンシップを射出してくる。地球上の大気を吸収してエネルギー源としているが、その際には吸収口にシールドを展開できないため、そこが唯一つの弱点となる。
外見は映画『スター・ウォーズ』に登場する「デス・スター」を連想させる。

その他[編集]

一般市民
巨大アリなどに襲われてビルの谷間を逃げ惑う人々。前作とは異なり当たり判定はない。本作ではNPC陸戦兵の方が多く台詞を発する上に、ほぼ全ミッションに登場するので市民の影は薄いが、最終決戦では全世界の市民が思わぬ行動に出る。

武器[編集]

フォーリナーとの戦闘のために開発された多種多様な武器。武器は2種類まで装備可能で、同名の武器を2つ装備することも可能。武器の切り替えはダウン・乗車・緊急回避時を除き、いつでも瞬時に可能である。また、本作では緊急回避中でも武器の切り替えが可能となった。

ロケットランチャーやミサイル、グレネード等の重火器の爆風は接触するとこちらもダメージを受けてしまうため、近距離での使用時は誤爆に注意する必要がある。

武器ごとにそれぞれの性能を重視したシリーズに分かれているが、一部にはシリーズの存在しない単独モデルも登場する。

登場する武器は主に実弾兵器だが、一部エネルギー兵器も登場する。これらは一部を除き、規定の装弾数を撃ち尽くすと自動でリロード(再装填)状態となる。リロード中はその武器を使用することができず無防備な状態となるが、リロードが完了すれば装弾数が全回復するため、実質無制限に使用可能。

両方の武器がリロード中の場合、リロードは現在装備している武器のみが行われ、もう片方の武器はリロードが停止した状態になる。また、乗車中・ダウン中は装備中の武器もリロードが停止してしまうので注意が必要である。

アサルトライフル
主に100発を超える装弾数と高い連射速度を持ち、短時間で安定して敵にダメージを蓄積させることができる。中距離戦で威力を発揮し、比較的リロード時間も短いため長期戦や敵の足止めに有効。M16に似ている。
地上戦を得意とする反面、短時間でも目標に弾を当て続ける必要があるため、特に高難度における対空戦では敵が素早くなるため命中させにくく効果が薄い。
シリーズは「AF」のみ。バランスの取れたスタンダードモデルに加え、連射力を犠牲に単発威力と射程を重視したSTモデル・威力を犠牲に更に連射力を重視したRAモデル・連射力を極限まで高めたRARモデルの他、本作では新たに一度の射撃で自動的に数発連射するバースト射撃が可能なBモデル・2連装でV字に発射するVモデル・低精度だが広範囲に攻撃可能なXモデル等も登場。
スナイパーライフル
全シリーズ共通でズーム機能を搭載している。射程・弾速・単発威力・命中精度に優れ、遠距離からの狙撃による対空戦や超巨大生物・ヘクトル・歩行要塞戦、キャリアーの破壊等の目的に対して非常に有効。
しかし一部を除き他の武器に比べて連射が利かず、装弾数も多くないため大群相手の近距離戦では手数が足りず不利といえる。
以下の5シリーズ。
MMF
標準的な性能のシリーズ。ある程度の速射性を持つ。標準モデルに加え、連射性能を重視したRAモデル・バースト射撃が可能なBモデルも登場。旧作のSNRに相当。
ライサンダー
破壊力を重視したシリーズ。絶大な威力を誇り、弾速・命中精度も極めて高い。しかし次弾を手動で装填するため、他シリーズ以上に連射が利かないのが唯一の欠点。ほぼ旧作準拠の性能。
ストリンガー
本作より登場。貫通力を重視したシリーズ。発射された弾は敵を貫通する(四足歩行要塞のフォースフィールドも貫通する)ため、射線上の敵全てにダメージを与えることができる。ただし銃の構造が特殊であるため、1発撃つ度にリロードする必要がある。また、建物などのオブジェクトは貫通しないので注意。
ファイブカード
連装シリーズ。5発の弾をショットガンのように同時に発射する。ある程度の速射性を持ち、リロード時間も短い。「XA」と「XB」の全2モデルのみだが、後者は射程が非常に長く、バウンドガンの性質を持つ特殊モデルとなっている。旧作のファイブスターに相当。
零式レーザーライフル
特定の条件を満たすことで入手可能。シリーズは存在しない。レーザーを発射し、目標に照射し続けることでダメージを与える。前作におけるペイルウイングの狙撃兵器「LRSL」に相当するが、前者に比べてこちらは単発威力が大幅に上昇しており、非常に高い火力を誇る。 しかし特殊なエネルギーを使用しているため、武器としては異例でリロード不可の使い切りとなっている。
ショットガン
複数の弾を同時に発射する。弾が拡散するため攻撃範囲が広く目標に命中させやすい。また、一撃で瞬間的に纏まったダメージを与えられるため近距離戦で最大の威力を発揮する。
その性質から地上戦と対空戦の両方をこなせる汎用性の高さが売りだが、全体的に射程が短くリロード時間の長いものが多いことから遠距離戦・長期戦には向かないため、使用する際は無駄撃ちをせずに撃つタイミングを見極め、目標に確実に命中させる必要がある。
巨大生物やガンシップに対しては非常に有効だが、接近する必要があるため超巨大生物やヘクトル、四足歩行要塞などの耐久力・戦闘能力の高い敵に対してはリスクが大きい。
以下の4シリーズ。
バッファロー
標準的な性能のシリーズ。高めの単発威力と適度な速射性を持つ。本作ではバースト射撃が可能なBモデルも登場する。旧作のSGに相当。
ガバナー
散弾数と拡散性を重視したシリーズ。より広範囲に攻撃できる。また、至近距離からの射撃による全弾命中時の破壊力は凄まじく、他のシリーズを遥かに上回る。旧作に比べ、最終モデルの装弾数が倍増した。
スパローショット
連射性能を重視したシリーズ。他のシリーズに比べて一撃あたりの威力は低め。ほぼ旧作準拠の性能。
ワイドショット
本作より登場。水平または垂直方向に広く拡散する散弾を発射する。基本性能はバッファローに近い。
ロケットランチャー
着弾時の爆発による範囲攻撃で、複数の敵を巻き込んでダメージを与えることができる。射程も非常に長いため狙撃に利用することも可能。
以下の6シリーズ。
スティングレイ
汎用シリーズ。全体的にリロード時間が短い。標準モデルに加え、威力を高めたSTモデルも登場。また、最終モデルのみズーム機能を搭載している。旧作のゴリアスに相当。
ゴリアス
狙撃性能を重視したシリーズ。全モデル共通でズーム機能を搭載しており、威力も高い。いずれも単発リロード式。旧作における同名シリーズのSモデルに相当。
ボルケーノ
連装シリーズ。弾速の遅いロケット弾を複数同時に発射するため、比較的広範囲に攻撃可能。円状に発射するAモデルと、水平に発射するWモデルに加え、本作ではバースト射撃のBモデルも登場。Bモデルは連射中に緊急回避をすると自爆する危険性が高いため注意が必要。また、連射中に武器を切り替えることで連射の中断が可能。
カスケード
連射性能を重視したシリーズ。リロード時間はやや長め。旧作におけるゴリアスのRモデルに相当。
プラズマランチャー
プラズマ弾を発射する。前作におけるペイルウイングの同名の武器に相当。爆破範囲の広いものが多いが、零式レーザーライフル同様、特殊なエネルギーを使用しているためシリーズ共通でリロード不可。
ジェノサイドガン
特定の条件を満たすことで入手可能。シリーズは存在しない。前方に極太のレーザーを超高速で発射する。全武器中最大規模の爆破範囲を誇り、クイーンやヘクトルをも一撃で撃破する桁違いの威力を誇るが、一部の敵に対しては無効となっている。
その強力無比な威力と爆破範囲の割に意外なほどリロード時間が短い上、命中精度も極めて高くズーム機能まで搭載しているため遠距離への狙撃も容易である。なお、従来のシリーズとは砲の形状が異なり、独自の近未来的なデザインとなっている。
ミサイル
自身に最も距離の近い敵を追尾する。ロケットランチャー同様、着弾時の爆風による範囲攻撃が可能だが、前述の性質上、至近距離の目標への追尾による誤爆には注意する必要がある。
また、本シリーズにはマルチロック機能が存在しないため、ミサイルが最初に誘導を開始した敵を連射して倒そうとすると1発目が命中して敵が吹き飛んだ場合、後続のミサイルは敵の周囲を旋回し続ける。また、死体を追尾してしまう事も多いので注意。
以下の5シリーズ。
エアトータス
非常に遅い弾速が特徴的なシリーズ。威力と爆破範囲を重視した大型ミサイルを発射する。単発式で、リロード時間がやや長い。旧作のスカイタートルに相当。
エメロード
汎用シリーズ。適度な速射性を持ち、比較的リロード時間も短い。ほぼ旧作準拠の性能。
MLRA
連射性能を重視したシリーズ。装弾数が多く弾速も速いが、単発威力・爆破範囲は小さい。旧作のML-Rに相当。
プロミネンス
威力と爆破範囲を重視したシリーズ。単発リロード式。ミサイルは発射後一定時間直進し、その後敵を追尾する。その性質上障害物越しの攻撃が可能。着弾地点確認用にズーム機能を搭載している。ほぼ旧作準拠の性能。
FORK
連装シリーズ。水平に20発もの小型ミサイルを同時に発射する。他のシリーズに比べて射程が短い。単発リロード式で1発あたりの威力こそ低いものの、誘導性能は極めて高い。旧作のソルリングに相当。
グレネード
放物線状の軌道で飛ぶため、障害物越しの攻撃が可能。その性質上敵集団の中心にピンポイントで爆撃することにより、ロケットランチャー以上の掃討能力が期待できる。接触起爆式と、時限起爆式のJモデルの2種類に大別される。後者は敵の動きを予測しなければならないため使いにくいが、前者よりも威力が高い。
使いこなすためには精密な角度調整を必要とするため、基本的にテクニカル操作向けの武器と言える。
以下の6シリーズ。
MG
いわゆる手榴弾。腕力で直接投げつけて使用する。リロード不要で使用可能という利点を持つ。後述のランチャーに比べて飛距離は短いものの威力が高く、爆破範囲も広い。
本作では投擲の仕様が変更され、ボタンを押し続けている間はグレネードを手元に留めることができ、ボタンを押す長さに比例して飛距離が伸びるようになった。しかしその関係上、接触起爆式は誤ってボタンをすぐに離してしまうとグレネードを自身の真下に落とす形になってしまい、時限起爆式は起爆時間まで手元に留めておくとグレネードがその場で爆発してしまうため、操作ミスによる自爆の危険性が高くなった。
UM
汎用グレネードランチャー。全体的にロケットランチャーに比べて高威力・広爆破範囲だが、リロード時間は長め。また、意外にも非常に長射程で命中精度も高い。旧作に比べ、軌道が少し緩やかになった。
スタンピード
本作より登場。ショットガンのように大量のグレネードを同時に射出する。高い瞬間火力を誇り、非常に広範囲に絨毯爆撃を仕掛けることが可能。リロード時間は長く、いずれも単発・接触起爆式。
スプラッシュグレネード
特殊グレネードランチャー。オブジェクトに接触すると不規則に跳ね回るグレネードを大量に射出する。いずれも単発リロード・時限起爆式。ほぼ旧作準拠の性能。
スティッキーグレネード
特殊グレネードランチャー。オブジェクトに接触するとその場に吸着するグレネードを大量に射出する。この他、射出されるグレネードは1発のみだが、単発威力と爆破範囲を大幅に強化したαモデルも登場する。全モデル共通で単発リロード・時限起爆式。旧作のサッカーグレネードに相当。
BRUTE, CRUMBLE
連装モデル。前者は3発、後者は2発のグレネードを同時に射出する。
特殊兵器
上記に該当しない、特殊な性能の武器。状況次第で非常に強力なものから、まるで役に立たないものまで様々。
以下の7シリーズ。
バウンドガン
オブジェクトに接触すると反射する特殊弾頭を標準搭載した銃。その性質上狭い空間においては弾が反射し続けるため連射することで凄まじい弾幕を形成することが可能だが、自身も被弾する危険性が増えるため注意が必要。連射タイプと散弾タイプに大別される。
火炎放射器
炎を連続で発射する。攻撃範囲が広く敵を貫通するため、より後方の敵も巻き込むことができる。本作ではインセクト・ネストに対しては無効となり、ダメージを与えられなくなっている。
かんしゃく玉
花火の一種であるかんしゃく玉を戦闘用に改造。大量の小型グレネードをばら撒くように投げつけて使用する。1発辺りの威力・爆破範囲は小さいものの、纏めて命中させると相当な威力を発揮する。
MG同様リロード不要だが、投擲の仕様が変更されたため連発しづらくなった。
アシッドガン
本作より登場。巨大甲殻虫の体液を基に開発された酸を発射する。放物線状の軌道で飛ぶため、障害物越しの攻撃が可能。連射タイプと散弾タイプに大別される。
C型爆弾
本作より登場。ダイナマイトのような形状の遠隔操作式爆弾。発射ボタンで設置後、起爆ボタンで設置したもの全てを一斉に爆発させる。非常に高威力で、任意のタイミングで起爆させることができるため、地上戦においては多くの敵を誘い込んで使用すれば効果は絶大。ただしリロード時間は長めで、全弾起爆し終えるまでリロードが開始されない仕様となっている。
インパルス
本作より登場。いわゆる指向性地雷。発射ボタンで設置後、起爆ボタンで設置したもの全てから一斉に大量の散弾を発射する。発射方向は基本的に設置時の向きで固定されるが、例外として上空への攻撃を目的とし、設置方向に関係なく常に真上方向へ発射される対空タイプも存在する。非常に広範囲に攻撃できるため、待ち伏せ戦で最大の威力を発揮する。リロード時間は全武器中最も長く、C型爆弾同様に全弾起爆しないとリロードが開始されない。
セントリーガン
本作より登場。一定時間、周囲の敵を探索して攻撃する自動歩哨銃。発射ボタンで設置後、起動ボタンで設置したもの全てが一斉に索敵・射撃を開始する。自動で敵を狙って攻撃してくれるため、セントリーガンと主人公でそれぞれ攻撃の分担が可能であることから攻撃効率に優れ、高い汎用性を誇る。また、基本的にセントリーガンに装填されている弾数も多いため攻撃時間が長く、敵集団に包囲されたとしても形勢逆転が大いに期待できる。
基本の機銃タイプの他、広範囲を探索するスナイパータイプ・範囲攻撃が可能なランチャータイプも登場。
しかし敵のいる方向に攻撃するという性質上、背後に敵がいる場合は当然主人公もセントリーガンによる誤射を受けてしまうので、設置後の立ち回りには注意が必要。リロード時間は非常に長く、C型爆弾・インパルス同様に全機が弾を撃ち切らないとリロードが開始されない。
乗り物
陸戦兵はステージに配置された乗り物を利用することができる。基本的に1人乗りであるが、協力プレイ時はパートナーを車体に物理的に乗せることにより、実質2人乗りをすることも可能。これにより前者は運転に集中し、後者は手持ちの武器で攻撃に徹するなど、協力プレイ時における戦略の幅を広げる重要な要素ともいえる。
乗車中陸戦兵はダメージを受けず、代わりに乗り物が受ける。いずれも耐久力が設定されており、それ以上のダメージを受けると大破して使用不能になってしまう。なお、ダメージは敵からの攻撃のみならず、主人公の武器による攻撃でも受けてしまうので注意。
それぞれの攻撃力と耐久力は難易度が高くなるにつれて増加する。対戦モードでは任意で乗り物のレベル設定が可能で、レベルに比例して攻撃力と耐久力が変動する。なお、操作方法はノーマル・テクニカルともに共通である。
戦闘車両「E551 ギガンテス」
いわゆる戦車。複合装甲により高い耐久力を誇る。樹木やガードレール、信号機等の小さな障害物ならば薙ぎ倒して進むことが可能。旧作と比較すると、M1エイブラムスに類似した現代的なデザインになり、攻撃力と耐久力も増加した。また、最高速度は低下したものの走破性が向上し、ひっくり返ることが少なくなった。
武装は主砲である120mm曲射砲のみ。それ以外の武器は持たない(グラフィックではスモークディスチャージャーらしき物が確認できるが、ゲーム中では使用不能)。そのためか、ユーザーからは自走砲と揶揄される事がある。
最新鋭戦闘ヘリコプター「EF24 バゼラート」
EDFが開発した高性能攻撃ヘリ。武装は33mmUT機関砲とミサイル(弾数制限有)。ギガンテスと同様に、旧作と比較すると、AH-64Dをスマートにしたような現代的なデザインになった。乗り物の中でも特に操作が複雑で、更に慣性と重力がかかるため、乗りこなすためには慣れが必要。また、ある一定以上の速度でオブジェクトに衝突するとダメージを受けてしまうほか、離陸までにローターの回転に長い時間を要するため、高難度では敵の猛攻によって離陸前に大破してしまうことが多い。
ただし旧作に比べて機関砲の射程が延長され、新たに追加された武装であるミサイルも僅かながら誘導性能を持つため、操作に慣れてしまえば相当な攻撃力を誇る。
また、非常に高度なチームワークが必要とされるが、協力プレイでは前述の2人乗りによって高高度から爆撃や狙撃を行うことでノーダメージでミッションをクリアするという荒業も存在する。
エアバイク「SDL2」
ホバー式の走行バイク。ギガンテスやバゼラードと異なり、旧作の物に似た未来的なデザインを保っている。ホバー式のため、どのような悪路でも走破可能。旧作以上に耐久力に難があり、水中にも進入できなくなった。オブジェクトに衝突するだけでダメージを受けるほか、車線も大きく反れてしまうため運転には慣れが必要。またバックができないため、後退する際は旋回する必要がある。武装は7.6mm機銃2門だが威力が非常に低いため、あくまで小障害物の除去用といえる。
しかし敵から逃げる際は高難度でもガンシップしか追いつけないほどの速度で振り切ることができるため、乗り物の中では最も重要な存在。ちなみにロード画面での表記は「SLD2」となっている。この誤記は旧作から改善されていない。
バトルマシン「ベガルタ」
本作より登場。ヘクトルに対抗するために開発された、二足歩行の人型特殊戦闘用兵器。武装は右腕部に火炎放射器・ロケットランチャー、左腕部にマシンガンを搭載している。また、短時間ではあるが飛行も可能。
4種の乗り物の中では随一の攻撃力と耐久力を誇るが、的の大きさと徒歩移動より遥かに遅い機動力の低さが最大の欠点。そのため戦闘ロボットというよりは移動可能な固定砲台といえる。
EJ24戦闘機
EDFの主力航空機だとされる存在。序盤では連合空軍の一部としてマザーシップに攻撃を仕掛けるが、ガンシップの大軍に返り討ちに遭い全滅したとされる。ゲーム中ではプレイヤーが直接操作することも、目撃することも無い。
決戦要塞X3
オペレーターの台詞にのみ登場。EDFの切り札であり北米戦線に投入されたが、マザーシップを始めとするフォーリナーの猛攻の前に撃沈された模様。

地球防衛軍3 PORTABLE THE COMMERCIAL[編集]

『地球防衛軍3 PORTABLE』の実写予告として2012年9月25日に公開された短編特撮作品。監督は河崎実が務めた。操演によって撮影された巨大甲殻虫やクモ型巨大生物が登場している。また、ファンの間での陸戦兵やペイルウイングの綽名であった「陸男」「ペリ子」や、劇中の無線の空耳である「昆虫キモォォォス!(こっちへ来ます!)」などが公式に使用されている。

キャスト・スタッフ[編集]

関連作品[編集]

外部リンク[編集]