THE 大量地獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

THE 大量地獄』(ザ・たいりょうじごく)は、2007年2月22日ディースリー・パブリッシャーより発売されたPlayStation 2アクションゲームSIMPLE2000シリーズVol.113。開発はタムソフト

ストーリー[編集]

水崎エリカは少し生意気な、いわゆる普通の女子高生。ある夜、母校に携帯電話を忘れてしまい、それを一人で取りに向かった。夜の不気味な学校の廊下を教室まで歩き、自分の教室の机の上を見るが、そこに置いてあった筈の携帯電話が見当たらない。さらにエリカは、教室に黒い小柄な人影を見かける。それは紳士のような服を着たウサギで、エリカの携帯電話を持って逃走。彼を追いかけ、音楽室に向かったエリカは、奇妙な鏡にウサギが入って行くのを見かける。その鏡に近付くと、自動的に鏡に吸い込まれ、抜けた先は不気味な暗い森の中だった。

基本的な流れ[編集]

主人公、水咲エリカを操作し、不気味なステージを幾つも巡り歩く。その道中には様々な武器アイテムが存在し、それを拾いながら進んで行く。また、ウサギの書いた手紙も落ちており、それには冒険のヒントが書かれている。登場する敵は様々な「虫」。現実の虫よりも巨大に描かれており、ジャンプで踏み付けたり武器で叩く事により、一時的に怯ませる事が可能。虫をひっくり返すと持ち上げて投げる事も出来る。体に取り付かれると、「ぞわぞわ」という文字が表示されるが、振り払えばまた通常歩行が可能。しばらく虫にまとわりつかれていると赤文字で「失神寸前」とも表示され、主人公が母親に助けを求める。この状態のまま虫を振り払わないとゲームオーバーとなる。気付かれた時は走れば良いが、走ると画面右に表示されている赤いゲージが徐々に減って行ってしまう。

ステージの最後には更に巨大な虫のボスがおり、各ステージでこれらのボスを撃退する事が目的。ボスのゲージは画面下部に表示される。ボスを撃退すると鏡が現れ、そこに近付くと一旦学校に戻る。そしてウサギを追いかけ、また次の鏡に跳び込みステージをクリアする…という流れで物語りは進む。

キャラクター[編集]

水咲エリカ
主人公。生意気な性格の、典型的な女子高生。ある夜、学校に忘れた携帯電話を取りに行った時、それを盗んだウサギを追いかけながら世にも不気味な世界を転々とする事に。なお、本作で声を発する唯一のキャラクター。彼女の携帯電話の着信音に使われているBGMは、「ラブ★ピンポン」のメインメニュー画面のもの。
ウサギ
異世界のウサギ。二足歩行で歩き、黒いシルクハットにタキシードと紳士のような服装をしている。エリカの携帯電話を盗み逃走。

関連作品[編集]

SIMPLE DSシリーズ Vol.34 THE 歯医者さん
パッケージで痛がっている少女が本作の水咲エリカなのだが、3Dのリアル風の本作に比べ、2Dの漫画風でタッチが違う。
他にも、作中で水咲エリカは『ラブ★』シリーズなどに登場する水咲麗子の妹であると明言されたり、本作に関連したネタもある。

外部リンク[編集]