THE 野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE 野球
THE プロ野球
ジャンル スポーツゲーム野球
開発元 E's
access
タムソフト
発売元 ディースリー・パブリッシャー
1作目 THE 野球
2000年10月5日
最新作 THE プロ野球2004
2004年8月5日
テンプレートを表示
SIMPLE1500シリーズ Vol.21
THE 野球
(SIMPLE1500シリーズ Vol.21
THE 野球 〜プロ野球実名版〜)
ジャンル スポーツゲーム(野球)
シミュレーションゲーム
対応機種 PlayStation {PS}
開発元 E's
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人 - 2人(対戦プレイ)
メディア CD-ROM
発売日 2000年10月5日
2001年6月7日(※)
その他 日本野球機構公認のプロ野球実名版として再発売。
テンプレートを表示
SIMPLE1500シリーズ Vol.96
THE 野球2 〜2002プロ野球〜
ジャンル スポーツゲーム(野球)
シミュレーションゲーム
対応機種 PlayStation [PS]
開発元 access
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人 - 2人(対戦プレイ)
メディア CD-ROM
発売日 2000年10月5日
テンプレートを表示

THE 野球(ざ やきゅう)は、2000年代前半にディースリー・パブリッシャーより廉価版ゲームソフトシリーズ『SIMPLEシリーズ』の作品として発売された野球ゲームシリーズである。

PlayStationにおいて『SIMPLE1500シリーズ』として上記タイトルで、PlayStation 2において『SIMPLE2000シリーズ』として『THE プロ野球(ざ プロやきゅう)』のタイトルで発売された。

作品概要[編集]

SIMPLE1500シリーズ[編集]

SIMPLE1500シリーズ Vol.21 THE 野球

2000年10月5日発売。開発は、E'sが担当。選手を操作するアクションゲームの多い野球ゲームとしては珍しく、プレイヤーが監督となって選手を采配するシミュレーションゲームとなった(同様のソフトとしては、当時アスキーより発売されていた『ベストプレープロ野球』シリーズ等の前例が存在する)。

登場する選手・球団・球場・リーグ名はすべて非実名(変名)となっている。当時は既に日本野球機構等の許諾を受けて実名を使うゲームがほとんどであり、家庭用ゲーム機の作品としては、1994年7月発売のスーパーファミコン用ソフト『スーパーウルトラベースボール2』(カルチャーブレーン)以来である。

選手の名前・能力値をエディットすることもできるが、ベストプレープロ野球のようにチーム名や本拠地球場を変更することはできない。

メモリーカードの使用量は、8ブロック。

SIMPLE1500シリーズ Vol.21 THE 野球 プロ野球実名版

2001年6月7日発売。開発は引き続きE'sが担当。日本野球機構からの許諾を受けて選手・球場名を実名化したバージョン(データは1999年シーズン終了時のもの)。ゲーム内容自体は前作と同じである。

シリーズ番号は21のまま置き換えられており、新作ではなく改訂版という扱いとなっている。SIMPLEシリーズで複数のソフトが同一の番号を使っている唯一の例である。

SIMPLE1500シリーズ Vol.96 THE 野球2 〜2002プロ野球〜

2002年7月25日発売。開発はaccessが担当。前作と同様のシミュレーションゲームで、2002年シーズン前半頃のデータが収録されている。

前作では、新聞・雑誌などのスコア表記に準じた選手名表記が、非アジア圏出身選手を除きフルネームで表記されるようになった[1]

リーグのルール変更が可能となったほか、チームエディットモードもユニフォームや本拠地球場の設定が可能となった。

メモリーカードの使用量は、上記2作と同じく8ブロック。

SIMPLE2000シリーズ Vol.27
THE プロ野球
〜2003ペナントレース〜
ジャンル スポーツゲーム(野球)
対応機種 PlayStation 2 [PS2]
開発元 タムソフト
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人 - 2人(対戦プレイ)
発売日 2003年4月24日
テンプレートを表示
SIMPLE2000シリーズ Vol.57
THE プロ野球2004
ジャンル スポーツゲーム(野球)
対応機種 PlayStation 2 [PS2]
開発元 タムソフト
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人 - 2人(対戦プレイ)
発売日 2004年8月5日
対象年齢 全年齢
テンプレートを表示

SIMPLE2000シリーズ[編集]

SIMPLE2000シリーズ Vol.27 THE プロ野球 〜2003ペナントレース〜

2003年4月24日発売。開発はタムソフトが担当。PlayStation版とは異なり、3頭身のデフォルメされた選手を操作するアクションゲームとなった。また、ペナントレースモードとVSモードは導入されているものの、エディットモードが消滅した。

PlayStation版では2D視点であった映像が、3Dフルポリゴン映像となり、選手の動きもモーションキャプチャーによって表現されるようになった。それにあわせて、リプレイ機能も搭載しているほか、ウグイス嬢による選手名のアナウンスも導入された。

『THE 野球2』までに引き続き、日本野球機構公認だが、球場のみ架空のものとなっている。

投手がモーションに入った際に、素振りをすると、その時点でスイングしたとみなされ、ストライクと判定される仕様が存在する[2]

メモリーカードの使用量は、346KB以上。

SIMPLE2000シリーズ Vol.57 THE プロ野球2004

2004年8月5日発売。開発は引き続きタムソフトが担当。選手のデータが改訂され、細部が修正されている(ペナントレースモードは、パシフィック・リーグが導入したプレーオフ制度に対応された)ものの、基本的には前作と同様。球場名も架空のままとなっている。

メモリーカードの使用量は、370KB以上。

脚注[編集]

  1. ^ 例:松井⇒松井 秀喜、石井琢⇒石井 琢朗
  2. ^ 参考:メーカー公式サイト内質問への回答コーナー

外部リンク[編集]

※いずれも、メーカー公式サイト内情報ページ。