レイストーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイストーム
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PlayStation[PS]
セガサターン[SS]
Windows[Win]
PlayStation 2[PS2]
Xbox 360[360、Live Arcade]
PlayStation 3[PS3、PlayStation Network]
開発元 [AC]:タイトー
[PS]:タイトー
[SS]:メディアクエスト
[Win]:サイバーフロント
[PS2]:タイトー
[360]・[PS3]:スクウェア・エニックス
発売元 [AC][PS][PS2]:タイトー
[SS]:メディアクエスト
[Win]:サイバーフロント
[360]・[PS3]:スクウェア・エニックス
人数 1~2人(同時プレイ可)
メディア [PS]:CD-ROM
[SS]:CD-ROM
[Win]:CD-ROM
[360]・[PS3]:ダウンロード販売
発売日 [AC]:1996年
[PS]:1997年1月10日
[SS]:1997年10月30日
[Win]:2001年4月6日(サイバーフロント)
[PS2]:2005年8月25日
[Win]:2005年9月30日(ソースネクスト)
[360]・[PS3]:2010年5月6日
(スクウェア・エニックス)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI3
OFLC:G(General)
その他 PS2版は『タイトーメモリーズ 下巻』に収録。
テンプレートを表示

RAY STORM』 (レイストーム) は、タイトーから1996年アーケードゲームとして発売された2D縦スクロールシューティングゲーム

概要[編集]

以下、特記なき限りオリジナルであるアーケード版についての記述である。

PlayStation互換基板FXシステムによってポリゴンによる三次元グラフィックスで描画されている。ゲームデザインは二次元のものであるため、2Dシューティングゲームに分類される。

システム面では『レイフォース』の大部分を継承している。変更点として、ロックオンレーザーが自機と同じ高さでも使えるようになったことや緊急回避用のスペシャルアタック(いわゆるボム)の導入、2種類の自機を選択できるようになったことなどが挙げられる。

ZUNTATAのTAMAYO(河本圭代)が『レイフォース』から引き続き音楽を担当した。

ストーリー[編集]

地球人類が恒星間航行を実現して100年あまりが経過し、植民惑星をオリオン腕全域まで延ばした時代の物語。地球政府、特に植民惑星の統治目的で設立された地球/太陽系連合軍の軍事力に物を言わせた圧制に反発した急進的植民惑星諸国は、セシリア星系第二惑星「セラフィム」の第二衛星「セシリア」を拠点に「セシリア連合」を組織し、反逆を開始。地球および地球に賛同していた植民惑星を僅か24時間で武力制圧、そして「地球」の破壊を宣言した。

一方、セシリアから亡命してきた「バルカ機関」はセシリア星系でサルベージされたオーバーテクノロジー「LAY」を基に、開発中の最新鋭機「R-GRAY(アール・グレイ)」全13機を使用したセシリア制圧作戦 OPERATION "RAYSTORM" を発動する。

操作方法[編集]

8方向レバーと2ボタンで自機(R-GRAY1またはR-GRAY2)を操作する。『レイフォース』に近い操作方法となるマニュアルモードと、ショット発射と同時にレーザーを発射する初心者向けのオートモードから選択することができ、選択したモードにより2ボタンの機能が変化する。

マニュアルモードでは、メインショットの発射・ロックオンレーザーの発射がそれぞれ別のボタンに割り当てられており、同時押しでスペシャルアタックが発動する。オートモードでは、メインショットとロックオンレーザーの発射が同じボタンで、マニュアルモードでレーザー発射に割り当てられていたボタンはスペシャルアタックになっている。どちらのモードでも、メインショットはボタン押し続けることで連射になる。

自機[編集]

プレイヤーが操作できる機体は、R-GRAY1R-GRAY2の2種類が存在し、それぞれ性能が異なる。ゲーム開始時およびコンティニュー時、途中参加時に使用機体を選択することができる。

R-GRAY1
『レイフォース』の自機を踏襲した機体。メインショットは広範囲に広がる。ロックオンレーザーは多弾速射型の「MT-SYSTEM」であり、ロックオンした全ての敵に一度に発射される。最大8体までロックオンできる。
ハイパーレーザーは目標へレーザーが集中した後、緑色の爆発を次々と起こす。
R-GRAY2
本作オリジナルの性能を持つ機体。メインショットは切れ目の無い直進レーザーであるが破壊力はR-GRAY1よりも小さくなおかつ幅が狭い。ロックオンレーザーは単弾複追尾型の「MO-SYSTEM」であり、稲妻状の屈曲する光条が一本しか発射されない。ロックオン順に誘導され敵を次々と攻撃していく。発射後にロックオンしても、レーザーは続けてその敵を攻撃する。最大16体までロックオンできる。R-GRAY1に比べて得点稼ぎには向いているが、小回りが利かない所がある。
ハイパーレーザーは目標へレーザーが到達するとそこを中心にブラックホールのような爆発がしばらく残り、敵にダメージを与え続ける。

ロックオンレーザー[編集]

基本的な仕様は『レイフォース』と同様。本作では高度差のある敵だけでなくほぼ全ての敵をロックオンすることができる。全てのロック数を一つの敵に集中することでロックオンレーザーが絶大な攻撃力のハイパーレーザーに変化する。ロックオンレーザーで敵を撃墜するとスペシャルアタックゲージが溜まり、満タンになるとボタン同時押しでスペシャルアタックを使うことができる。2人同時プレイ時においても各自最大ロック数までロックオンできるようになった(2人ともR-GRAY2を使用した場合16ロック×2機で最大で32ロックできる)。

2種の自機によって、それぞれ攻撃の性質が異なる。ビームの飛行速度は一見、R-GRAY2のロックオンレーザーの方がR-GRAY1のものより速く見えるが、実際の速度は同じである。これはR-GRAY1のビームは機体後方から発射され大回りをしているので目標到達までの時間がかかるのに対し、R-GRAY2は正面から発射されるのでそう見えるためである。ステージ4の宇宙戦艦のステージで確認しやすい。ちなみにハイパーレーザーは目標物が動いても爆発の位置は移動しないため、動き回る敵に対してはあまり効果が無い。

アイテム[編集]

本作で出現するアイテムは以下の4種類。前作で登場したアイテムに新たに1つ加えた構成となっている。いずれも特定の敵機を破壊することで出現するほか、残機が無い状態で自機が破壊された際(ゲームオーバー時)にも複数個がばら撒かれる。

  • パワーアップ
正四面体をした赤色のアイテム。3つ取得することで自機のメインショットを1段階強化できる。
  • スーパーパワーアップ
上記のパワーアップアイテムが黄色になったもの。1つ取得するだけで自機のメインショットが1段階パワーアップする。
  • レーザー
菱形状の八面体をした緑色のアイテム。取得するとロックオンレーザーの最大ロック数が1つ増える。
  • フルパワーアップ
六芒星型の青色のアイテム。これを取得すると自機のメインショットおよびロックオンレーザーが一気に最強段階になる。滅多に出現しない。

STAGE・ボス[編集]

『レイフォース』の、宇宙から地球(敵本星)という構成に対して、地球から宇宙という流れになっている。『レイフォース』で特徴的だったノーカットの進行演出はされていない。登場する地名は、ストーリーにちなんで、ローマ帝国が侵略した国家、ボス名が反逆した英雄の名が付けられている。以下はそのボス名。

家庭用移植版[編集]

以下のオリジナル要素が追加されている。

エクストラモード
ステージ構成・背景に大幅なアレンジを加えたモード。エンディングもアーケードモードとは異なる。PS版で追加され、HD版でも選択できる。
PS版では、通常のアーケード版BGM(厳密にはこちらにも修正が施されている。)と、原曲を基にオールアレンジされた『TANZ MIX』のいずれかをプレイヤーが任意に選択できる。
13機モード
PS版で特定の条件を満たすことで出現。HD版でも選択可能。
ゲーム設定上R-GRAYシリーズは13機が開発されたことになっているが、その設定に基づき、R-GRAY1が6機、R-GRAY2が6機(それぞれマニュアルとオートを3機単位で1グループ。3ミスで次のグループに交代)、R-GRAY0(HD版ではR-GEARと選択可)の5グループ計13機を残機としてプレイするモード。HD版ではミス時に次のグループを出す順番を設定可能だが、コンティニューやエクステンドは無い。
R-GRAY0
PS版の13機モードで追加された、R-GRAYのプロトタイプにあたる機体。SS版とHD版ではその他のモードでも使用可能になった。
R-GRAY0は基本的にはR-GRAY1と同様だが、ハイパーレーザーとスペシャルアタックが使用できず、ロックオン倍率が最大512倍に上昇する点が異なる。R-GRAY0の性能は、どちらかと言えば前作のレイフォースでの自機、X-LAYの性能に近い。HD版においては、デザインがX-LAYそのものを意識した変更がなされ、攻撃エフェクト関係がレイフォースの物と同一になり、性能についてもR-GRAY1より速度と火力を強化と、様々な点で差別化されている。
R-GEAR
HD版で追加された、レイフォースの続編として頓挫したタイトルを冠した機体。機体設定としては、「LAY」の研究前にバルカ機関が開発した機体となっており、R-GRAYシリーズのフレーム設計に流用されている。
通常ショットは追尾性のある誘導ショットとなっているほか、2基の遠隔攻撃兵器「GEAR」による展開型のロックオン攻撃を特徴とし、展開中にロックオンすることでロックした全ての敵をロックした順にGEARが随時攻撃する。このため、ハイパーレーザーは搭載していない。ロックオン倍率は最大196倍(12機ロック以降)で、スペシャルアタックと併用することで長時間倍率を維持することも可能。
R-GEARのロックオンはゲージ制を採用しており、他の機体のようなロックオンできる数に制限はない。GEAR展開中は展開時間に応じてゲージを消費しゲージが尽きると一定時間ロックオン攻撃が使用できなくなる。展開を中止することでゲージ消費を止め、ロックオンした全ての敵を攻撃し終えたGEARが本体へ帰還することでゲージが高速で回復する。
スペシャルアタックは、一定時間「無敵」「機体スピードアップ」「ロックオンゲージ回復かつ無消費でロックオン攻撃可能」の効果を発動するアンリミテッドモード。
13機モードでは、13機中1機をR-GRAY0のどちらかと選択可能。

プラットホーム[編集]

  • アーケード1996年発売)- PlayStation上位互換基板(FXシステム)を使用。
  • PlayStation1997年1月10日発売)- テクスチャが荒く、やや処理落ちするが、ほぼ完全な移植。追加要素としてエクストラモードがある。Playstation®Networkでも配信された。
    2001年10月25日ディースリー・パブリッシャーからSIMPLE1500シリーズ Vol.75 THEダブルシューティングとして、レイクライシスと1本のソフトにカップリングされ販売された。ただしこちらはエクストラモードのアレンジBGMは収録されていない。
  • セガサターン(名称は「LAYER SECTION II」(レイヤーセクションII)、1997年10月30日発売)- メディアクエストより発売。PlayStation版より処理落ちがきつい。一部サウンドを本体内音源で鳴らしているほか、半透明処理がメッシュに変更など様々な相違点が目立つ。R-GRAY0が通常機体として使用可能。
  • PCWindows2001年4月6日発売)- サイバーフロントより発売。PlayStation版の移植。高解像度表示に対応。XP以降にも対応しているがビデオカード・ドライバの種類によっては正常な状態にならない場合あり(例えばRADEON HD2600では正常に表示されないが、それより新しいHD4850では正常表示される)。後に『Gダライアス』とのバンドル版もソースネクストから販売された。
  • PlayStation 22005年8月25日)- 『タイトーメモリーズ 下巻』にPlayStation版のアーケードモードを収録。
  • Xbox 360PlayStation 3(名称は『RAY STORM HD』(レイストーム HD)、2010年5月6日配信開始)- スクウェア・エニックスより発売。グラフィックを現行機種に合わせた高解像度に一新。BGMもアレンジしている。R-GRAY0は性能調整とグラフィックの変更がなされ、X-LAYに限りなく近い(PS版とSS版はR-GRAY1の流用だった)。また、新機体のR-GEARが追加されている。最初は2009年の秋頃配信予定だったが、2度延期された後の配信となった。タイトーの家庭用ゲームソフト企画・開発・販売事業は2010年3月にスクウェア・エニックスに吸収合併されているが、タイトーはブランドとして残されクレジット表記なども「TAITO CORP」が従来同様に表記されている。
  • なお、上記移植版の一部モードでは、敵の弾の色が一部変更されているステージがある。これは、「アーケード版の赤い弾(特にSTAGE2)が、色覚異常のプレイヤーから非常に見えにくい」という声がタイトーに届いたためである。
  • iPhone/iPod2012年6月22日)発売。アーケード版の完全移植に加え、PS版のエクストラモードをベースに難易度調整などが施された「iPhone MODE」を搭載している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]