THE 恋愛シミュレーション 〜私におまカフェ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE 恋愛シミュレーション
〜私におまカフェ〜
ジャンル シミュレーション
対応機種 PlayStation 2
開発元 ヴァンテアンシステムズ
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人
発売日 2002年12月19日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

THE 恋愛シミュレーション 〜私におまカフェ〜』(ザ・れんあいシミュレーション わたしにおまカフェ)は、ディースリー・パブリッシャーが廉価版ソフトSIMPLE2000シリーズのVol.19として2002年12月19日PlayStation 2向けに発売した恋愛シミュレーションゲーム

概要[編集]

両親の事故死により喫茶店を継いだ主人公が、5人のヒロインをウェイトレスにして店を経営するという物語だが、恋愛に関する選択肢よりも、店の経営や名物のコーヒーのブレンドといった、店舗経営部分がメインとなる。特にヒロインの好感度はコーヒーのブレンドによって左右されるという、一風変わった内容となっている。

パッケージやタイトルにはヒロイン5人が集合している絵があるが、ゲーム内では初期メンバー3人に、かやね・艶子のどちらか1人を加えた形になるので、実際に5人揃うことはない。

また、メッセージスキップやバックログ機能、アルバム機能は搭載されていない。

ストーリー[編集]

交通事故で亡くなった両親の遺志を継ぎ、主人公は高校生のまま喫茶店を経営することになる。店の経営やコーヒーのブレンドに気を使いつつ、彼の周りには様々なヒロインが集ってくるのだった。

キャスト[編集]

主人公
桐真学園3年生。目の前で両親が交通事故死するというハンデを乗り越えて、遺された喫茶店を切り盛りする。
倍泉ほのか(ばいせん ほのか)
 : 安西直美
桐真学園3年生。主人公の幼馴染の正統派ヒロイン。恥ずかしがり屋という設定だが、水着は赤いビキニを愛用している。コクのあるコーヒーを好む。
那護まろみ(なご まろみ)
声 : 三間はるな
桐真学園1年生。幼児体型。台詞の端々に絵文字言葉を入れてしゃべる。主人公を一途に想っている。何かあると、すぐに鼻血を噴き出す。甘いコーヒーを好む。
国生きりり(こくしょう きりり)
声 : 中辻弥寸子
茂賀高校2年生(定時制)。元気な姉御タイプ。弟がいる。苦いコーヒーを好む。
香月かやね(こうげつ かやね)
声 : 塚本枝里
聖青山女学院3年。おっとりした言動を見せるお嬢様タイプだが、その外見に似合わず、誰よりも仕事は無駄なく効率良く片付ける。香りのあるコーヒーを好む。
色音艶子(いろおと つやこ)
声 : 牧之瀬ゆい
フリーター。豊満な肉体の「イケイケお姉様」タイプ。少々口が悪い。酸味のあるコーヒーを好む。
皇宮ゆき
見た目は幼い少女ながら、コーヒーの味にうるさい、『美味しんぼ』に登場する海原雄山のような和服のヒロイン。攻略不可。
樋口さん
主人公の店の、親の代からの常連である中年男性。ヒロインの高感度を教えてくれる。

スタッフ[編集]

  • キャラクターデザイン : つかPON
  • 開発 : ヴァンテアンシステムズ

外部リンク[編集]