電車でGO!3通勤編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
電車でGO!3通勤編
ジャンル 電車運転シミュレーションゲーム
対応機種 アーケード [AC]
PlayStation 2 [PS2]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人プレイ専用
発売日 [AC]:2000年[1]
[PS2]:2001年3月15日
テンプレートを表示

電車でGO!3通勤編』(でんしゃでゴー!スリーつうきんへん)はタイトーが2000年にリリースした電車運転シミュレーションゲーム

電車でGO!』、『電車でGO!2高速編』に続く第3弾であるが、この作品は他のものと比べても難易度が高い。

概要[編集]

プレイする時間帯に合わせて列車の運行時間帯が変わる「リアルタイムモード」を採用したほか、ホームで乗客が駆け込み乗車をして車掌がドアを再開閉するシーンなども見られる(発車時刻も若干遅れる)。

従来のゲームモードに加え、数駅の間を持ち時間の設定なしで自由に運転できる「ファミリーモード」(フリー運転モード)と、上級者向けの「鉄人モード」を追加されたが、鉄人モードは「ダイヤが非常にタイト」「残り距離・ブレーキの状態・速度制限予告が非表示」「残り時間の増減がインフレ」「コンティニュー不可」という、ゲームを極めたプレイヤーをターゲットにしたものである。

またインターネットを利用した、ネットワークランキングも公開された。

前作まで音楽を担当していた古川典裕(中山上等兵)にかわり、今作では瓜田幸治が音楽と効果音を担当している。

アーケード版では本作よりシステム基板として、従来のJCシステムよりも高性能なType-Zeroを採用。車両のドア開閉や窓のシースルー化、電化区間での架線の表現や処理落ちの激減など、グラフィック面で大幅な進化が見られた。そのかわりロード時間は延びている。

筐体の仕様は基本的にこれまでとあまり変わらないが、スピーカーの色がシルバー→レッドに、側面やシートの色がレッド+ブラックからライトグリーン+ダークグリーンに変更されたほか、インストを小型化することで実車のような懐中時計を入れるスペースが追加された。

PS2版は電車でGO!シリーズ初のPlayStation 2移植作品であり、おまけ機能としてPocketStation用ソフト「でんごーツウキンヘン」を収録している。なお、『プロフェッショナル仕様』以来PlayStation版に実装されていたナビゲーション機能は削除されている。2003年に、『SIMPLE2000シリーズ Vol.22 THE 通勤電車運転士 〜電車でGO!3 通勤編〜』としてディースリー・パブリッシャーから発売されている。

ゲームのルール[編集]

主な2からの変更点については以下の通り。

  • Great!を獲得できる条件がこれまでの「停車位置0m・ダイヤ誤差2秒以下」から「停車位置0m・定刻(ダイヤ誤差0秒)」のみに変更された。
    • 停車位置0mと合格範囲内への定刻停車の片方のみを達成するとGoodになる。
  • 通過駅の定通と停車駅の定刻停車の加算秒数が共通になる。ただし停車駅ではGreat!を出さないと加算秒数がリセットされる。
  • ダイヤ遅れによる減点が最初は1秒だが、途中から2秒になる(鉄人モードでは3秒→4秒)
  • 速度制限の標識などがグラフィックで表示されるようになった。

ゲームモード[編集]

3種類のゲームモードがあり、好きなゲームモードを選択できる。

ファミリーモード
運転に慣れていない初心者向けのモード。電車は各地域より4種類が選択可能。どんな操作を行っても減点されず(一区間毎に制限時間が設定される)、自由に走行できる代わりに、始発駅から数区間で終了となる(指定区間走行後、コンティニューしての全区間走破も可能)。
ノーマルモード
これまでの「電車でGO!」シリーズと同じルールで運転するモード。
鉄人モード
上級者向けのモード。残り距離やブレーキレベル・速度制限予告は表示されず、持ち時間の減点・加点が大きい。ゲームオーバーになってもそこからコンティニューすることはできない。
このモードに限り、特定の駅到着後にボーナスゲームが開始される。今作はこれまでの連結ゲームに代わって、ホーム上の黄色い線からはみ出した乗客にタイミング良く警笛を鳴らすゲームと、速度計が隠された状態で目標の速度まで減速するゲームのどちらかが選択した路線により登場する。
家庭用では、普通のパッドを使っているような場合で画面を見ないとブレーキレベルが分からない場合はブレーキレベルは見にくくなるが表示される。専用コントローラの様に画面を見なくてもブレーキレベルが把握できる場合は表示されない。

収録路線・車両[編集]

篠栗線
篠栗博多キハ58系キハ66系キハ200系
開発当時篠栗線が電化開業直前で、車両は気動車だが線路脇には架線柱が立っている。また吉塚駅も高架化工事中だった。
キハ58系はセレクトボタンを路線選択画面で押すとキハ66から変化。性能は山陰本線のものと変わらないが、こちらの方が若干難易度が低い。
鹿児島本線
二日市→博多、811系813系 - 鳥栖→博多、787系キハ72系
開発当時は弥生が丘駅が開業直前で、付近には工事中であることを知らせるため警笛標識が設置されている[2]
キハ72系ゆふいんの森に限り、朝のダイヤが設定されていないため朝を選ぼうとしても昼のダイヤで運転する事になる。
山陽本線(通称JR神戸線
神戸西明石201系205系207系221系223系
山陰本線(通称嵯峨野線
亀岡京都キハ58系
この路線は初代とプロフェッショナル仕様に収録された電化前の旧線のもので、グラフィックなどを改良して再収録。ただしこれまでの作品に比べ車両性能が低く設定されているので、難易度は高くなっている。
終着駅である京都駅は停止位置から車止めまでの距離が短いため、鉄人モードにおいては場内信号が注意になり、停車の際は速度を45km/h以下に落とした上でATS確認を行わなければならない。
中央線快速電車
新宿東京、201系
鉄人モードの場合は、この路線でも山陰本線の京都駅と同様に終着駅である東京駅ではATS確認が必須となる。リアルタイムモードで運転した場合、各駅停車となる早朝・深夜帯に運転した場合でも快速運転となる。
中央線各駅停車(総武線直通)
新宿→秋葉原、201系・205系・209系500番台

4つの時間帯について[編集]

好きな時間帯を選択可能。

午前5時 - 10時までとなる。
午前10時 - 午後4時までとなる。
午後4時 - 7時までとなる。
午後7時 - 午前5時までとなる。

選択した時間帯によって加速、制動が変化する。

また雨が降ると線路が濡れて加速・制動性能が落ちてしまい、難易度が上昇する。本作は従来の作品と異なり、天気雨や大雨も再現されているほか、それぞれ制動力の低下するレベルが異なる。また、この4つ以外に筐体もしくはPS2、Windowsの内蔵時計に設定されている時間を元にする「リアルタイム」がある。

スコアの算定方式[編集]

プレイ終了後に、運転評価として以下の5項目について100点満点で0.1点単位で採点される。

  • ダイヤの正確さ
  • 停止位置の正確さ
  • ブレーキ(乗り心地)
  • 信号・標識を守る
  • 安全への配慮

これに走行距離をコンティニュー回数+1で割った距離1kmにつき1点と残り時間1秒につき1点が加算されてスコアが算出される。

2に比べると運転評価がスコアに与える影響は大きく(2は最大100点だが3では最大500点)、ハイスコアを狙う場合には残り時間を増やすだけではなく高い運転評価を得られる運転を行う事が重要になる。

『電車でGO!3通勤編 ダイヤ改正』[編集]

AC:2000年10月頃稼動

『電車でGO!3 通勤編』の改良版として発売。収録路線の追加・削減は行なっていない。

通勤編で隠し路線だった路線が最初から運転できるほか、タイトル通り一部区間における厳しいダイヤの見直しがされた。また運転時に上部の景色が隠れず、見やすくなった。また、デジタル速度計が常時表示されている(非表示も可能)。運転評価も0.1点単位から1点単位に変更されている。

Windows版としてもアンバランスから発売された。インターネットに接続し、スコアを登録できた。

アーケード版では『がんばれ運転士!』と同時期の発売だったため、出回った数はごく少ない。

使用可能な専用コントローラ[編集]

PlayStation 2版では以下のコントローラが使用できる。

  • 電車でGO!コントローラー
  • 電車でGO!コントローラー・ワンハンドルタイプ
  • 電車でGO!マメコン
  • 電車でGO!コントローラーType2

電車でGO!専用ではないが、マルチトレインコントローラも使用できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タイトル表記は1999年
  2. ^ 後の『プロフェッショナル2』では駅開業後のダイヤになっている。