BEAUTIFUL Lady & TELEVISION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BEAUTIFUL Lady & TELEVISION
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 東京ニュース通信社
雑誌名コード 07771
刊行期間 1997年 -
ウェブサイト net.blt.tv

BEAUTIFUL Lady & TELEVISION(ビューティフル レディー アンド テレビジョン)とは東京ニュース通信社が発行する日本月刊テレビ情報誌である。「B.L.T.」(ビー・エル・ティー)の愛称で知られる。表紙には月刊ビー・エル・ティー(げっかんビー・エル・ティー)と記載されている。

概要[編集]

1997年9月24日創刊。10歳代・20歳代の男性をターゲットとし、女性アイドルグラビアとテレビの月刊番組表を組み合わせた誌面となっている。

発売当初は関東版、関西版、中部版、北海道版、九州版(NHKと福岡の民放5局を掲載)の5版体制であったが、2013年5月号からは北海道版に宮城県を加えた北海道・宮城版、九州版に広島県を加えた九州・広島版の体制となっている。特に関西版は『KANSAI B.L.T.』として、独自の紙面が他の版より多くなっている。

なお、2011年7月24日をもって、一部地域を除き地上デジタル放送完全移行のため、前日の23日をもってGコード掲載を取りやめた。

2015年6月号をもって関東版を除き各地方版を休刊。7月号より関東版(全国版)に一本化したうえで各テレビ番組表を事実上廃止し、番組情報は解説記事やタレント別スケジュールなどによって提供するとしている。東京ニュース通信社のプレスリリースによれば、「最先端の『番組表のない新型テレビ誌』というカテゴリーを開拓する」としている[1]

キャッチコピー[編集]

  • 「月刊TVガイド for ヤング」(創刊号 - 1998年5月号まで)
  • 「僕らのテレビ誌・月刊TVガイド」(1998年6月号 - 2000年10月号)
  • 「僕らのテレビ誌・月刊TVガイド!」(2000年11月号 - 2001年4月号)
  • 「僕らの月刊TVガイド!」(2001年5月号 - 2007年4月号)
  • 「男の月刊TVガイド!」(2007年5月号 - 2009年10月号)
  • 「すべてのビューティフルレディーがわかる月刊TVガイド」(2009年11月号 - 2010年11月号)
  • 「ビューティフルレディーのすべてがわかる月刊TVガイド」(2010年12月号 - )
  • 「B.L.T. 15th Anniversary」(2012年11月号)

特徴[編集]

  • 表紙および巻頭グラビアは、全て篠山紀信が撮影している。
  • 表紙は若手女優、若手女性タレント、女性アイドル歌手、または女性アイドル歌手グループの写真であり2004年4月号以外はすべてスタジオ撮影されたものである。
  • タレントプロフィールの出身地表記は、他の東京ニュース通信社出版物では末尾が「生まれ」になっているのに対し本誌では「出身」となっている。またグラビアアイドルのプロフィールにはスリーサイズも表記されているが、なぜか身長は表記されていない。

特別版[編集]

AKB48版[編集]

2007年2月号より、アイドルグループ・AKB48を表紙とした特別版「B.L.T.×AKB48」(誌面は通常の内容)を発行している。毎月、秋葉原AKB48劇場にて販売する劇場限定版3種類とインターネット公式サイト「B.L.T.net」で通信販売するWeb版の計4種類が限定販売される。

劇場限定版には購入特典として生写真がランダムで封入されているため、本誌が劇場やその周辺に投棄されていることが多かった。そのため、2008年からは本誌のページ番号を10冊分切り取って応募すると生写真全セットが抽選で当たる「ダブルチャンス企画」を行っている。

アニメイト・ゲーマーズ・とらのあな版[編集]

2010年4月の紙面リニューアル時から、アニメや声優の分野にも力点を置き始めているが、2010年12月号より、全国のアニメイトゲーマーズとらのあな店頭のみで販売される特別版が新たに創刊された。内容は関東版と同一だが、表紙が声優やアニメキャラクターに置き換えられている。

2010年12月号:竹達彩奈&花澤香菜
2011年1月号:高町なのは&フェイト・テスタロッサ(魔法少女リリカルなのは
2011年2月号:高坂桐乃(俺の妹がこんなに可愛いわけがない
2011年3月号:茅原実里
2011年4月号:初音ミク
2011年5月号:スフィア戸松遥寿美菜子高垣彩陽豊崎愛生
2011年6月号:魔法少女まどか★マギカ
  • 鹿目まどか(ゲーマーズ版)
  • 暁美ほむら(アニメイト版)
  • 美樹さやか(とらのあな版)
余談だが、通常版では水樹奈々が表紙を飾っている
2011年7月号:松前緒花(花咲くいろは
2011年8月号:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • 本間芽衣子&安城鳴子(ゲーマーズ版)
  • 安城鳴子(アニメイト版)
  • 本間芽衣子(とらのあな版)
2011年9月号:RO-KYU-BU!(ロウきゅーぶ!)【小倉唯井口裕香・花澤香菜・日笠陽子日高里菜
2011年10月号:田村ゆかり
2011年11月号:プリンセス・オブ・ザ・クリスタル&高倉陽毬(輪るピングドラム
2011年12月号:イカ娘(侵略!?イカ娘
  • イカ娘浴衣(ゲーマーズ版)
  • イカ娘正面(アニメイト版)
  • イカ娘バックショット(とらのあな版)
余談だが、通常版ではスフィアが表紙を飾っている
2012年1月号:放課後ティータイム(けいおん!
  • 平沢唯(ゲーマーズ版)
  • 秋山澪&中野梓(アニメイト版)
  • 田井中律&琴吹紬(とらのあな版)

番組連動企画[編集]

日本テレビ&日テレプラスで放送された『第三惑星放送協會 ルドイア☆星惑三第』(番組終了後は「B.L.T.アイドル(略)』として)、フジテレビワンツーネクストで放送中の『アイドリング!!!』、テレビ東京で放送中の『A×A ダブルエー』は番組と紙面で連動企画を行っている。ただし、『ルドイア☆星惑三第』は全国共通、『アイドリング!!!』は関東版限定だったが2007年12月号より他の4地域版でも掲載となる。

主催イベント[編集]

Girls Woodstock[編集]

Beautiful Lady Live[編集]

トークとミニライブからなるイベント。メインMCは南海キャンディーズ山里亮太、アシスタントは中川杏奈

日時 ゲスト 会場
1 2009年9月21日 渡り廊下走り隊高木古都 北沢タウンホール
2 2009年12月5日 9nine 新宿文化センター 小ホール
3 2010年3月30日 スマイレージ KFCホール
4 2010年4月24日 bump.y 北沢タウンホール
5 2010年11月1日 ももいろクローバー 時事通信ホール
6 2011年3月5日 SUPER☆GiRLS 北沢タウンホール

その他[編集]

  • 主に住友生命保険のセールスレディーを通じて配布される住友生命版B.L.T.がある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]