中央インド洋海嶺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Sorafumi (会話 | 投稿記録) による 2017年7月3日 (月) 18:01個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎外部リンク: Category:インド洋 除去(Category:インド洋の海底地形と重複))であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
海底地形図、アラビア半島から延びるのが中央インド洋海嶺

中央インド洋海嶺(ちゅうおうインドようかいれい Central Indian Ridge)は、インド洋中央部を南北に貫く海嶺[1]インド洋中央海嶺とも表記する。アラビア半島アフリカソマリア半島に挟まれたアデン湾からインド洋に出て、チャゴス諸島の西を通り、フランスアムステルダム島の北まで延びている。アフリカプレートアラビアプレートおよびインド・オーストラリアプレートの発散境界となっている。

北部はカールスベルク海嶺とも呼ばれる。またモーリシャスロドリゲス島東方沖のロドリゲス三重点で南西に南西インド洋海嶺、南東に南東インド洋海嶺と分岐している。

脚注

関連項目

外部リンク