5色型色覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

5色型色覚(5しょくがたしきかく)とは情報を伝えるために5つの独立したチャンネルを持つ状況をいう。5色型色覚(pentachromacy)を備えた生物はpentachromatsと呼ばれる。これらの生物については、任意の光に対して同じ知覚影響を与える5つの異なる純粋なスペクトルの光の混合色を作ることができる。

5色型色覚の通常の説明は、生物の網膜が異なる吸収スペクトルを備えた5種類の錐体細胞を含むということである。実際には、異なる光強度では異なるタイプの錐体細胞が活発になる可能性もあるので、5種類を超える受容器があるかもしれない。

ある種のは、網膜に5つ以上の種類の色受容器を持っており、機能的に5色型色覚であることの精神物理学的な証明は困難であるが、5色型であると考えられている。4色型色覚についてと同様に、第二色弱(緑色弱)と第一色弱(赤色弱)の両方の遺伝子を持つ女性が、後には赤と緑の不十分な円錐細胞が失われるものの、出生時には5つの異なるタイプの色を感じる円錐細胞を持つことが示唆されている。

関連項目[編集]