飛翔富士廣樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飛翔富士廣樹 Sumo pictogram.svg
Hishofuji 2011 Sep.JPG
基礎情報
四股名 住 → 飛翔富士
本名 住 洋樹
生年月日 (1989-07-14) 1989年7月14日(29歳)
出身 兵庫県神戸市兵庫区
身長 193cm
体重 212kg
BMI 56.91
所属部屋 中村部屋東関部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位十両13枚目
生涯戦歴 234勝198敗53休(69場所)
優勝

序ノ口優勝1回

三段目優勝1回
データ
初土俵 2005年3月場所
引退 2017年1月場所
備考
2017年1月25日現在
ヒロキ・スミ
プロフィール
リングネーム ヒロキ・スミ
本名 住 洋樹
身長 193cm
体重 196kg
誕生日 (1989-07-14) 1989年7月14日(29歳)
出身地 兵庫県神戸市兵庫区
スポーツ歴 相撲
デビュー 2018年4月27日
テンプレートを表示

飛翔富士 廣樹(ひしょうふじ ひろき、1989年7月14日 - )は中村部屋(引退時は東関部屋)に所属した元大相撲力士あり、現在はプロレスラーである。兵庫県神戸市兵庫区出身、本名は住 洋樹(すみ ひろき)、身長193cm、体重212kg、得意手は左四つ、寄り。最高位は東十両13枚目(2011年9月場所)。血液型はB型。星座は蟹座。好物はアイスクリーム[1]。チョコレート。

来歴[編集]

大相撲[編集]

中学時代に既に190cm・120kgを超えるという体格で、柔道の実績も挙げていた。兵庫中学卒業後に中村部屋に入門し、2005年3月場所にて初土俵を踏む。初番付の序ノ口から3場所連続勝ち越すなど順調に出世し、2007年3月場所に三段目に昇進する。その3月場所では3勝4敗と負け越したものの、序二段に陥落した翌5月場所では6勝1敗と大きく勝ち越して1場所で三段目へ復帰した。

同年7月場所において本名の「住」から「飛翔富士」という四股名に改名した。下の名前の「廣」は阪神・淡路大震災により亡くなった祖母の名から取った[2]。しかし、その7月場所では東三段目48枚目の位置で7戦全敗という大敗を喫してしまった。同年11月場所に再び序二段へ陥落してからは徐々に自身の体に見合った大きな相撲を取れるようになり、その後は2008年9月場所まで6場所連続で勝ち越した。

2009年5月場所に幕下へ昇進し、2009年と2010年は幕下中位から下位に定着していた。2010年9月場所から2011年1月場所にかけて3場所連続で勝ち越し、同年3月場所の中止を挟んで翌5月場所でも西幕下21枚目の位置で4勝3敗と勝ち越し、初の幕下上位となった翌7月場所では西幕下11枚目の位置で6勝1敗と大きく勝ち越した。大相撲八百長問題の影響で減らされていた関取の定員が同年9月場所から元に戻されることもあり、西幕下11枚目で6勝1敗の成績ながらも翌9月場所において新十両への昇進を果たした。中村部屋からの関取の誕生は、2004年3月場所に新十両に昇進した一の谷以来7年ぶりのこととなった。

新十両として迎えた2011年9月場所では、9日目から6連敗を喫し、結果的には4勝11敗と大敗してしまい、翌11月場所において幕下へ陥落した。2012年11月場所後に中村部屋が閉鎖されたため、本人は東関部屋へ移籍した。2012年11月に右膝の靭帯を痛めたことで2013年11月場所に幕下で全休して以来休場を続けており、関取経験者としては戦後10人目の序ノ口まで降格している。序ノ口に降格した2014年7月場所も全休したため、翌場所からは番付外となった。関取経験者が番付外に陥落するのは、龍門北勝国に続いて史上3人目となった。なお休場中の2013年11月には学会報告用のビデオカメラが入るほどの複雑な手術を受けたという[3]。土俵に復帰したのは2015年1月場所で、6日目に再出世が決まる前相撲の3勝目を挙げた[4]。番付に復帰した翌3月場所は7戦全勝で自身初の各段優勝となる序ノ口優勝[5]。この頃になると場所中でもスポーツジムでトレーニングを欠かさないようになり、トレーニングで体を鍛えるのが楽しくなったという[3]。5月場所も7戦全勝としたが、優勝決定戦で破れて序二段優勝はならなかった。7月場所は7戦全勝とし、三段目優勝を果たした。翌9月場所で幕下に復帰し、東幕下11枚目まで番付を戻したが、土俵復帰から2年で十両に戻ることができなかったためと左足首のケガに悩まされ2017年1月場所限りで現役を引退した[6]。引退後は昼は会社員として営業マンを務めながら、夜は飲食店経営、神戸 三ノ宮SecondHouseのOwner 、後述するようにプロレスラーとしても活動しているほか、2018年7月からは神戸大学相撲部のコーチに自ら名乗りを上げて 、ヘッドコーチに就任している[7]

プロレス[編集]

2018年4月27日、アメリカ合衆国プロレス団体であるWWEサウジアラビアで行ったGreatest Royal Rumbleにてプロレスラーデビューを果たす。50人グレイテスト・ロイヤルランブルマッチヒロキ・スミリングネームで7番目として出場。マーク・ヘンリーと対峙するも落とされ敗退した[8][9]

エピソード[編集]

  • 入門に際しては、大嶽部屋伊勢ヶ濱部屋[10]からも声を掛けられたものの、最後に入門の話を持ち掛けられた中村部屋へ入門する。その理由について、本人は「大学生(出身力士)も外国人もいなくて、自分みたいな叩き上げを育ててくれるならと。高卒の資格も取れるという話も聞いて」と語っている。その言葉通り、本人は2005年に高校卒業資格を得るために日本航空高等学校通信制課程に入学し、2008年3月に卒業を果たしている[11]
  • 十両昇進に際して、関取に昇進すると力士には個室が与えられるのが通例だが、飛翔富士の場合は関取への昇進以降も大部屋での生活・夜11時の門限が続けられることとなった。これは「十両に上がっただけで満足しないように」という当時の師匠・10代中村(元関脇富士櫻)の意向によるものだった。本人はこれに関して「自分は個室に入ると勝手なことをしちゃうと思うので大部屋でいいです。もっと強くなったときに…」と語っている[11]

えびすこ[編集]

  • 2015年7月場所12日目の夜、ニンニクたっぷりで鉢のような丼でのラーメンに、丸ごとの鶏の空揚げ2羽、カレーライス5杯を食べた[12]
  • 幕下昇進が決まった2008年9月場所後に後援会に連れられ銀座の鮨屋で238貫の寿司を平らげた。
  • 他にも数々の大食い伝説を残している。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:234勝197敗47休(69場所)
  • 十両成績:4勝11敗(1場所)
  • 三段目優勝 1回
  • 序ノ口優勝 1回

場所別成績[編集]

飛翔富士 廣樹
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2005年
(平成17年)
x (前相撲) 西序ノ口18枚目
4–3 
東序二段119枚目
4–3 
東序二段93枚目
4–3 
東序ノ口70枚目
3–4 
2006年
(平成18年)
東序二段91枚目
4–3 
西序二段63枚目
4–3 
西序二段38枚目
2–5 
西序二段71枚目
3–4 
西序二段45枚目
3–4 
東序二段63枚目
5–2 
2007年
(平成19年)
東序二段24枚目
5–2 
西三段目92枚目
3–4 
東序二段9枚目
6–1 
東三段目48枚目
0–7 
東三段目99枚目
3–4 
東序二段18枚目
5–2 
2008年
(平成20年)
東三段目85枚目
5–2 
東三段目52枚目
4–3 
東三段目37枚目
4–3 
東三段目25枚目
4–3 
西三段目10枚目
5–2 
東幕下47枚目
3–4 
2009年
(平成21年)
東幕下56枚目
3–4 
東三段目11枚目
5–2 
東幕下48枚目
4–3 
西幕下39枚目
5–2 
西幕下29枚目
1–6 
東幕下59枚目
4–3 
2010年
(平成22年)
西幕下52枚目
5–2 
西幕下39枚目
3–4 
西幕下47枚目
4–3 
東幕下40枚目
2–5 
東幕下54枚目
5–2 
東幕下35枚目
4–3 
2011年
(平成23年)
西幕下29枚目
5–2 
八百長問題
により中止
西幕下21枚目
4–3 
西幕下11枚目
6–1 
東十両13枚目
4–11 
東幕下7枚目
3–4 
2012年
(平成24年)
西幕下10枚目
3–5 
西幕下18枚目
5–2 
東幕下12枚目
1–6 
東幕下29枚目
2–5 
東幕下47枚目
3–4 
東幕下59枚目
0–1–6 
2013年
(平成25年)
東三段目35枚目
5–2 
西三段目7枚目
5–2 
西幕下43枚目
4–3 
西幕下36枚目
2–5 
東幕下55枚目
5–2 
東幕下35枚目
休場
0–0–7
2014年
(平成26年)
西三段目15枚目
休場
0–0–7
東三段目76枚目
休場
0–0–7
西序二段36枚目
休場
0–0–7
西序ノ口5枚目
休場
0–0–7
(番付外) (番付外)
2015年
(平成27年)
(前相撲) 西序ノ口16枚目
優勝
7–0
西序二段10枚目
7–0 
西三段目20枚目
優勝
7–0
東幕下13枚目
3–4 
東幕下20枚目
4–3 
2016年
(平成28年)
西幕下15枚目
4–3 
東幕下11枚目
3–4 
西幕下17枚目
4–3 
西幕下12枚目
3–4 
西幕下20枚目
3–4 
東幕下27枚目
3–4 
2017年
(平成29年)
東幕下33枚目
引退
0–1–6
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 住 洋樹(すみ ひろき)2005年3月場所 - 2007年5月場所
  • 飛翔富士 廣樹(ひしょうふじ ひろき)2007年7月場所 - 2017年1月場所
  • ヒロキ・スミ WWE 2018年4月27日 サウジアラビア大会 -

脚注[編集]

  1. ^ 飛翔富士4年ぶり十両復帰へ「前に出るしかない」 日刊スポーツ 2015年9月14日22時34分
  2. ^ 飛翔富士、天国のばぁちゃんに捧ぐ勝ち越し デイリースポーツonline 2011年1月17日
  3. ^ a b 『大相撲ジャーナル』2015年6月号28ページ
  4. ^ 飛翔富士、震災20年の節目に再出世 デイリースポーツonline 2015年1月17日(2015年1月18日)
  5. ^ 春場所、幕下は出羽疾風が優勝 三段目は千代の国が制す 東京新聞 2015年3月20日(2015年3月20日閲覧)
  6. ^ “元十両飛翔富士が初場所限りで現役引退”. 日刊スポーツ. (2017年1月25日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1769828.html 2017年1月25日閲覧。 
  7. ^ “部員5人相撲部に元十両からDM「稽古行っていいですか」”. 神戸新聞. (2018年8月28日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201808/0011585575.shtml 2018年8月28日閲覧。 
  8. ^ WWE Greatest Royal Rumble Results – 4/27/18 (50-man Royal Rumble, Lesnar vs. Reigns)”. Wrestleview.com. 2018年4月27日閲覧。
  9. ^ 元飛翔富士がWWEデビュー、中邑真輔との共闘示唆”. nikkansports.com. 2018年4月28日閲覧。
  10. ^ 2007年に閉鎖された旧部屋と同年安治川部屋から改称した現部屋のどちらかは不明。
  11. ^ a b 時事ドットコム・若林哲治の土俵百景:最後のひと押し時事ドットコム 2011年8月31日記事
  12. ^ 元十両の飛翔富士、21連勝で三段目優勝 日刊スポーツ(日刊スポーツ新聞社)2015年7月24日15時48分(2017年8月23日閲覧)

外部リンク[編集]