響良牙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

響 良牙(ひびき りょうが)は、高橋留美子の漫画作品及びそれを原作とするアニメ『らんま1/2』に登場する架空の人物。アニメでの声優は山寺宏一

人物[編集]

頭に巻いたバンダナ八重歯、常に持ち歩いている超重量の番傘がトレードマーク。早乙女乱馬が風林館高校の前に通っていた中学校(男子校)の同級生で、毎日昼食時に購買部のパンを競って乱馬と戦っていたが、いつも敗北していた。

極度の方向音痴で、どこでも野宿ができるようにテントなどを入れたリュックサックを背負っている。性格は単純かつ真面目で、変装や嘘に騙されることが多い[1]。また思い込みが激しく妄想癖もあり、それが原因で騒ぎを起こすこともある。あかねを含む天道家の人間以外には冷淡かつ無愛想。 最初のうちは乱馬に勝負を挑むため天道道場に夜中に襲撃してきたりもしたが、後には乱馬に勝負を挑む時には律義に天道道場に果たし状を郵送してから勝負という形になった[2]

当初、変身体質になった経緯(下記参照)から乱馬に強い憎しみを抱いていたが、次第に変身体質改善や片想いの天道あかねをめぐって協力して行動することが多くなる。また、乱馬が八宝斎の嫌がらせで弱体化した時は、ライバル達の中で唯一乱馬の味方についた[3]

自宅は天道家の隣町にある。家族としては両親とペットの「シロクロ」[4]がいるが、両親も息子同様に極度の方向音痴で、作中では1度も登場していない。方向音痴ゆえに家族が家を空けていることが多いため、自宅の玄関には空き巣退治の罠が仕掛けられている。また家にはお土産を置きに帰るだけであり、家には格闘家らしい特徴は特に無い。

前に通っていた学校はアニメでは中学になっているが、アニメ終了後にメモリアルブックで高校と判明した。

Pちゃん[編集]

購買部のパン争奪戦で乱馬に負け続けたため、乱馬に決闘を申し込む。しかし良牙は道に迷ってしまい、約束の日から4日後にやっと決闘場所に到着したときには、乱馬は修行のために中国へ旅立っていた[5]。乱馬を追って良牙も中国へ渡るが、偶然呪泉郷に立ち寄った際、らんま[6]に黒豚溺泉に蹴り落とされて、水をかぶると黒い子ブタになり、湯をかぶると元に戻る体質になってしまう。

その後、らんまと黒ブタ状態の良牙の戦闘を見かけたあかねが、「らんまが黒ブタをいじめている」と勘違いして良牙を保護し、PigからPちゃんと名付けて自分のペットにする。

「良牙=Pちゃん」であることを知っているのは、乱馬、早乙女玄馬天道早雲、呪泉郷ガイド、コロンシャンプームース雲竜あかりの8人[7]。あかねは良牙が水を被っても変身しなかったのを目撃しており[8]、そのため良牙には変身体質がないと思っている。乱馬もあかねに「良牙=Pちゃん」の事実がバレないよう、良牙に協力している。また、アニメ版でも「あかねの前で変身できない」という設定は踏襲されており、そのため原作と展開の違った話(和風男溺泉のエピソードなど)でもあかねの目の前で変身する事を何度も免れている。呪泉郷の呪いにかかった他の人物は大半の主要人物に変身体質を知られているのに対し、良牙の変身体質はあかね以外の主要人物にもあまり知られていない。

ちなみに、白鳥あずさに無理やり所有された際はシャルロットと命名されている。あずさにも正体を知られることはなかった。

パンダ化した玄馬と並び、作品のマスコット的な存在となっており、玄馬と同様に黒ブタの姿でいる場面が多い。

恋愛[編集]

自分を乱馬から保護し、Pちゃんとして可愛がる天道あかねの姿に好意を抱く。あかねの事は「あかねさん」と呼び、以降「あかねさん一筋」を自称する。あかねに好意を抱くているためか、早雲のことは「お父さん」と呼んでいるが、早雲は良牙からこう呼ばれることを嫌がっている。 たびたびあかねに気持ちを伝えようとするものの、その都度嫉妬した乱馬(女らんまになり許嫁、妹、自宅のメイドなどに変装)に邪魔され、果たすことができない。しかし、一方で女性に対しては無節操なところもあり、らんまの変装に騙された時にはらんまに迫る事も何度かある[9]

原作漫画の終盤では雲竜あかりに一目惚れをされ、文通から交際を始める[10]。しかし、あかねへの想いを捨てておらず、あかりとあかねの2人が同時に自宅を訪問した際には2人の間で迷っていた[11]。最終回シリーズの鳳凰山編でも所有する写真立てにあかねとあかり二人の写真を入れており、最後まであかり一筋になる事はなかった[12]。なお、あかねへのお土産の賞味期限が切れる前に天道道場に辿りつける理由を「愛の力」と語っていたが、最終回ではあかりへの土産の賞味期限を切らしてしまっていた[13]

あかりが登場するまでは久遠寺右京とコンビを組んで登場することが多かった。アニメではあかりが登場しないため、右京とのコンビに重点が置かれている。 あかねは人間状態の良牙にも好感を抱いており、乱馬に嫉妬させる目的で良牙とデートをしたこともあるが、あかねは良牙とはあくまでも「良いお友達」として接しており、自分が良牙のガールフレンドになる考えは皆無である。このあかねの意思は明確に宣言されたこともあり気付いており、またあかねはなんだかんだ言って乱馬に好意を持っていることも気付いているという繊細な面も併せ持つ。

[編集]

戦闘力は高く、乱馬も良牙を自分の唯一のライバルとして認めている。当初は打たれ弱かったが、後に「爆砕点穴」を会得した際、修行を通じて異常に打たれ強くなった。

バンダナ投擲
初登場時の対決で使用。回転し刃物のような切れ味を持つバンダナを無差別に投擲する。何枚投げても無くならない。類似系に自分の使う番傘の投擲もあるが、その結果としてあかねの髪の毛を切ってしまった事(そして後にあかねに好意を抱いた事)もあってか、後々乱馬との決闘をはじめとする対決の中では飛び道具を使っていない[14]。またこの戦闘では、自分のベルトを外して棒のように硬くし、それで剣のように斬りつける戦法も使用しているが、こちらも後の戦闘では使用されていない。
爆砕点穴(ばくさいてんけつ)
コロンから伝授された技。万物にある爆砕のツボを人差し指で突いて粉砕する。ただし人体には効果がない。
良牙はこの技の習得後、地面や岩壁を粉砕して乱馬たちの前に現れるようになった。また道に迷った時に、とりあえず足元に穴を開けて地中を移動することもある。
ゲームでは、瓦礫を砕き飛ばしてダメージを与える技となっている。
獅子咆哮弾(ししほうこうだん)
不幸などで気分が重くなった時、その「重い気」を自身の掌から放出し、目標に当てる技。こちらは人体にも有効。完成型は極限まで重くなった気を真上に打ち上げ、「気を沈ませて」周囲に叩きつける技となる。使用者は「気が抜けている」ため気に潰されることはないが、雑念を少しでも加えられると「気が抜けている」状態が解除されてしまうため気に潰されてしまう。
不幸が特に多い良牙とは相性が良く[15]、この技を習得してからは乱馬に勝つことも珍しくなくなった。良牙は(特に乱馬と交際する形で)あかねにフラれることを思い浮かべたときに桁外れの威力を引き出すことができ、三途の川で生死を彷徨ったときは、乱馬が「あかねのことは俺に任せろ」と言いながらあかねと寄り添うという幻を見て、獅子咆哮弾を放ち九死に一生を得ている。
実際は「重い気」以外の気でも似たようなことができ、乱馬はこの技を参考に「強気」を掌から放出する「猛虎高飛車」という技を編み出した。

良牙に関係のある物[編集]

和風男溺泉の地図
日本にあるとされる「男溺泉」の場所を示す地図。現在、和風男溺泉は風林館高校の女子更衣室の真下にある。だが現在では「閉店」になっていた。
アニメ版では風林館高校の女子更衣室の真下にあったのは青い壺であり、九能家に眠る赤い壺、八宝斎が持っていた黄色い壺と合わせて三つ子岩に置き、明け方になると和風男溺泉が湧き出る、という設定だった。
喜面流拳印術
丹田(下っ腹)に特殊な拳印を施すことで世界最強の男になれる術。敵に攻撃されると本人の意思に関係なく、条件反射でアッパーを繰り出し、敵を吹っ飛ばすようになる。作中で良牙が施してもらったが、拳印がふざけた落書きにしか見えないため、良牙はすぐに拳印を消したがった。ただし効力は本物で、良牙がPちゃんに変身しても世界最強のままだった。
強い相手に負ければ拳印を消すことができる。なお、腹を捻ると拳印の表情が変わるので世界最強という効力をなくすことはできる。
恋の釣竿
良牙が旅先で購入。吸盤の付いた釣竿。これで釣られた者はあざができ、そのあざが徐々に鯉(恋)に成長していく。男女問わず効果がある。良牙はあかねを釣るつもりだったが間違って乱馬を釣り上げてしまう。あざができた者をもう一度釣れば、釣竿の吸盤にあざがくっついてあざが消え、その効果を消せる。
年の数茸
良牙が森を彷徨っているときに食べた。これを食べると、食べた茸の長さと同じ年齢になってしまう(例:10cm食べると10歳になってしまう)。

その他[編集]

  • 当初、良牙の声優は古本新乃輔の予定だった[16]。古本は後にパンスト太郎を演じている。
  • アニメ「熱闘編」第53話では、エンディングキャストで主人公の乱馬より先に表示された。

脚注[編集]

  1. ^ アニメ版ではなびきが「世界最強の男になれる薬」と偽って渡したビタミン剤を飲み、電柱を折るほどの怪力を発揮した。
  2. ^ それでも修行の最中に偶然迷い込み、乱馬と出会った時などはその限りではない。
  3. ^ 良牙曰く「弱い者いじめは大嫌い」。だが、弱くなった乱馬を見たくないと言いつつ、無自覚にも涙ながらに乱馬を殴り飛ばしてしまった。
  4. ^ アニメ版では良牙が家に帰るエピソードが無かったため、アニメオリジナルの話で同名の忍犬として登場するが、原作のシロクロとは一切関係はない。
  5. ^ なお、乱馬は約束の日から3日間良牙を待ち続けていた。
  6. ^ 当初良牙はらんまの顔をあまり見ていなかった為、『パンダを追いかけていた変な女に泉に突き落とされた』と思い込み、しかもそのパンダと呪泉郷のガイドに広東風レバニラ酢豚(架空の料理)にされかけたが、後に自分を泉に突き落とした変な女がらんま、自分を食べようとしたパンダが玄馬であることを知って改めて激昂した。
  7. ^ OVAではあかねを除くほとんどのキャラクターに変身シーンを見られている。
  8. ^ このときの良牙は抗水香鹸をつけていた。また、アニメ熱闘編第97話ではあかねに水を掛けられた事もあったが、その時には乱馬が書道に打ち込んだ事に気を取られ、変身する瞬間を見逃している。
  9. ^ アニメでは最初乱馬が水をかぶって女になる事を知った際、「思わず抱きしめたくなるようなかわいい姿」と言っている。
  10. ^ (単行本第31巻 PART.4 大安吉日・家族は留守!)
  11. ^ 第31巻PART.5「あかねもあかりも」
  12. ^ 単行本第38巻PART.4「乱馬 中国へ」
  13. ^ 単行本第38巻最終話「乱馬とあかね」
  14. ^ ただし、アニメでは劇場版第二作で一度だけ使用している。
  15. ^ ちなみに技の特性上、「獅子咆哮弾の使い手は、坂を転げ落ちるように不幸になる(技の威力を増すために、より不幸を求めるようになるから)」とされている。
  16. ^ 第7話台本キャスト一覧より。