五寸釘光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五寸釘 光(ごすんくぎ ひかる)は、高橋留美子の漫画作品及びそれを原作とするアニメ『らんま1/2』に登場する架空の人物。アニメでの声優二又一成。実写ドラマでは金井勇太が演じる。

人物[編集]

早乙女乱馬天道あかねのクラスメート。乱馬が風林館高校に転校してくる前からあかねに想いを寄せており[1]、乱馬を逆恨みしている。

暗い性格で、趣味は藁人形を打つこと[2]盗撮。字を書くときは手が震えており、そのため彼の書く字は常に波打っている。見た目は貧相で、目の下にはいつもクマがある[3]。しかし、性格や見た目に反して行動力はあり、朝のロードワークを行うあかねを待ち伏せするため、一晩中他人の家の庭で待機していたこともある。また、作中で何度か変装を披露している[4]。また、あかねにクロロホルムを嗅がせたり、乱馬が「貧力虚脱灸」を喰らって弱体化した時には助けるふりをしてどさくさまぎれに九能・ムース・九能校長と共に乱馬を攻撃したりもしている[5]

漫画では初期から登場するキャラクターの1人で、物語の本筋に絡むことは少ないが、モブキャラとして多くの話に登場している。アニメでも無印の時点で既に登場が予定されており、専用BGMも制作済みだったが、彼が登場する前に無印が放送終了になってしまったため登場しなかった。熱闘編ではオリジナルキャラクター・猿隠佐助に役を譲る形となり登場が見送られ、後半に転校生として登場することになった。登場後はアニメオリジナルの話も制作されたが、総じてアニメでは漫画よりも出番が減少している[6]

五寸釘が買った怪しいもの[編集]

紙人形12枚セット
五寸釘が行商人から買った紙人形。この紙人形に命令を書き、それを人の背中に貼ると、貼られた人間が命令通りに動く。五寸釘はあかねの背中に貼ろうとしたが尽く失敗し、九能帯刀交換日記をしたり、乱馬とデートしたりする羽目になる。
奇跡の鎧ファイト一発
五寸釘が通販で買った鎧。特撮ヒーローに出てくるロボットのような外見をしている[7]
一度着ると自動ロックされてしまい、「憎くて憎くて憎くて強いやつ」と鎖でつながっていないと動けない、そいつを一発ぶん殴らないと脱げない仕組みになっている。また制限時間以内に相手を殴ることができないと爆発してしまう。着る事によって怪力も身につき、乱馬を鎖で絡めとり軽々と振り回せるほど。頑丈な鎧で、乱馬の本気の突きを受けてもビクともしなかった。

その他[編集]

  • ゲーム『らんま1/2 爆烈乱闘篇』では戦闘キャラクターとして登場し、プレイヤーが操作することもできる。

脚注[編集]

  1. ^ あかねは五寸釘の思いに全く気づいていない。
  2. ^ 藁人形・釘・金槌をセットで持ち歩いている。
  3. ^ なお、彼の家族も全員彼と同じ顔である。
  4. ^ しかし、実際は変装しきれていない。
  5. ^ 但し序盤のみ登場で、良牙に吹っ飛ばされてからの中盤からは登場していない。
  6. ^ ただし、アニメ本編に登場する前、熱闘編のOPに一度顔を出している。
  7. ^ 外見のモチーフは、五寸釘役の二又も出演しているドラマ『特警ウインスペクター』のファイヤー。