靖国 YASUKUNI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
靖国 YASUKUNI
監督 李纓
製作 張会軍
胡雲
蒋選斌
李纓
製作総指揮 張雲暉
張会軍
胡雲
撮影 李纓
堀田泰寛
編集 李纓
大重裕二
配給 ナインエンタテインメント
アルゴ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年1月18日
サンダンス映画祭[1]
ドイツの旗 2008年2月11日
ベルリン国際映画祭
香港の旗 2008年3月22日
香港国際映画祭[2]
日本の旗 2008年5月3日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
中華人民共和国の旗 中国
言語 日本語
テンプレートを表示

靖国 YASUKUNI』(やすくに)は、靖国神社に関する2007年平成19年)製作の日中合作によるドキュメンタリー映画である。

あらすじ[編集]

内容は、日本在住の中国人映画監督である李纓1997年(平成9年)から10年間にわたり靖国神社を取材した映像を収めたもので、靖国刀1933年〈昭和8年〉から終戦まで日本刀鍛錬会によって靖国神社で作られていた軍刀)の最後の刀鍛冶と、主に終戦の日を中心とした靖国神社の境内の映像が、ナレーションなしで映し出されている。

小泉純一郎首相(当時)による靖国神社参拝の様子や台湾人による抗議活動の映像もあるが、旧日本陸海軍軍服を着て参拝する集団や、小泉元首相を支持するアメリカ人星条旗を持って境内に立つ姿といった、通常の報道映像ではあまり写されない様子も映し出されている。また境内で靖国批判をしたために中国人と間違われて暴行を受ける日本人の若者の姿も収録されている[3]

問題化[編集]

概要[編集]

この映画は、釜山国際映画祭で上映されたほか、2008年(平成20年)3月に開催された香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。2007年(平成19年)12月、東京都内でマスコミ試写が行われた直後、週刊新潮が「中国人の監督が靖国神社を取り上げた“反日”映画だ」と主張、文化庁所管の独立行政法人助成金を出していることが問題だとした。それを知った自由民主党の国会議員・稲田朋美は、助成金交付の条件として禁止されている「政治的な訴え」や「政治的偏向」の有無を確認するため2008年(平成20年)2月、文化庁を通じて「映画を見たい」と要求。他の保守系議員も同調して国会でもこの映画に対する疑義が呈された。

このようなことから映画館には多くの公開中止の抗議電話があり、また、これらの新聞記事や雑誌記事を読んだ20歳の右翼青年が、東京・銀座の映画館に上映中止を要求する街宣運動をしたことなどから、公開を予定していた東京・大阪の5つの映画館が上映中止を決定。一時は国内で上映できない状況に追い込まれ、「表現の自由」の侵害だと抗議する声も聞かれた。

また、撮影された刀鍛冶やポスターに写っている自衛官は、「内容を騙されて撮影された」「許可をしていない」などと述べたとされ、肖像権の問題も論じられた。

日本芸術文化振興会による助成金[編集]

本作は、文化庁所管の独立行政法人・日本芸術文化振興会芸術文化振興基金から750万円の助成金を得て製作された。これについて国会議員の一部から、「助成基準にある『政治的な宣伝意図を有しないもの』に該当しないのではないか」と疑問を呈された。

参議院文部科学委員会で水落敏栄(自民党)の「客観性に欠け、政治的背景がある映画に助成金を出してよいのか」との質問に対し、文化庁の高塩至次長は、「日本映画とはわが国の法令により設立された法人が製作した映画。(助成交付の)基本方針をもとに審査が行われ、助成が決定した」と答弁した。水落は、「助成対象が日本映画とされているにもかかわらず、映画の共同製作者や製作スタッフの大半が中国人で明らかに中国映画で客観性に欠けており、助成金は返還してもらいたい」と述べた[4]

産経新聞は、「(日本軍が中国人を斬首したとされる)中国側が反日プロパガンダに使っている写真などが使われ、政治的中立性が疑われている映画に助成金が支出されたのではないか」として助成金の適否の再検証を求め、「伝統と創造の会」が試写会を要請したことについても「あくまで助成金の適否を検討するためで、税金の使い道を監視しなければならない国会議員として当然の行為である」と主張している[5]。なお、問題の写真について、主にいわゆる南京事件に対し疑わしい立場からの指摘がなされているが、稲田らが問題にしたのは、その写真の信憑性でなく、「もしコラージュであったとしてもそのような写真を使うことが、助成金の支出について政治的中立性を満たしているか」との疑問を呈したものであったと説明しており、南京事件との関連でないとしている。

この点について配給会社・アルゴ・ピクチャーズの宣伝担当者は、4月29日の『ニュースの深層Evolution』で、「助成金を申請した理由はお金の問題ではなく、靖国神社は否定的な意味で中国と韓国で話題になっており、いい方向に持って行くためにも中国、韓国、日本のお金を出しあった映画にしたかった」という李監督の発言を紹介した。

国会議員による試写会[編集]

稲田朋美を始めとする議員連盟・「伝統と創造の会」、今津寛を会長とする「平和を願い真の国益を考え靖国神社参拝を支持する若手国会議員の会」(以下「平和靖国議連」)などが、助成金基準に合致しているかどうかの確認のために文化庁を通じて試写会を要請した。配給会社は、当初「検閲」と反発したが、全ての国会議員を対象にするという条件で承諾し、3月12日に国会議員80人が参加した試写会が開かれた。稲田は、「検閲の意図は全くないが、政治的に中立な映画かどうかは若干の疑問を感じた。イデオロギー的なメッセージを強く感じた」と述べた[6]

この試写会について稲田は、「(2008年3月27日の)朝日新聞が報じたような『(私が)事前の(公開前)試写を求めた』という事実は断じてない。助成金を問題にする前提として対象となる映画を見たいと思うのは当然であり、映画の『公開』について問題にする意思は全くなかったし、今もない。『事前の試写を求めた』という歪曲について朝日に訂正を求めているが、いまだ訂正はない」としている[7]。その後、4月11日に朝日新聞社は、「記事内容に誤りはなく訂正はしない」との内容証明郵便を出した[8] が、これに対し稲田は、「朝日新聞のダブル・スタンダードである」として『WiLL』6月号に反論を掲載した。

週刊朝日への稲田の寄稿[8] によれば、「文化庁に映画を見たいとお願いした、助成した側だから(当該映画の)DVDくらいあると思っていた。助成の妥当性だけが問題だから公開の前後という意識はまったくなかった」とし、加藤紘一がテレビ局から提供されたDVDを見て「素晴らしい映画だと感想を述べていた」ことをあげ、「検閲とは国家機関が表現内容を調べて取り締まることを目的とするものだ。伝創会は自民党一年生議員の勉強会にすぎず、むしろ、問題にしたのは国家の助成だ、内容の取締りを問題にしないから、およそ検閲を議論する余地はない。『萬犬虚にほえる』の類だ」と主張し、文化庁に「事前に試写したいと申し入れていない」と、映画を検証のために観たいと文化庁に事前に要求したが、検閲の外形も意図も無く、試写会を要求した訳でもない旨を述べた。

一方、稲田自身のブログ[9] では、「映画の最後でいわゆる『南京大虐殺』にまつわるとされる真偽不明の写真が多数映し出され、その合間に靖国神社に参拝される若かりし日の昭和天皇のお姿や当時の国民の様子などを織り交ぜ、巧みにそのメッセージを伝えている」「映画『靖国』では、この百人斬り競争の新聞記事を紹介し、『靖国刀匠』をクローズアップすることにより、日本軍人が日本刀で残虐行為を行ったというメッセージを伝えている」と批判的感想を述べている。

公開の延期[編集]

2008年(平成20年)12月に東京で行われた試写会をきっかけに、週刊新潮が「中国人監督が作った『反日』映画」と論評した。この記事が発表され、国会議員らによる事前鑑賞要求の動きがあった後、上映を予定していた映画館に対する右翼団体街宣車による抗議活動や電話による公開中止を求める抗議があった[10]

これらの抗議により、2008年(平成20年)4月12日からの公開を予定していた同映画館を含む東京都の4映画館と大阪府の1映画館の全てが「周辺の商業施設に迷惑をかけることになる」として上映の中止を決めた[11]。また、名古屋での5月3日からの公開も延期になった[12]

このような事態に対し、4月1日渡海紀三朗文部科学大臣は、「あってはならないこと。非常に残念であり、再発しないよう(文科省として)何かやっていかなければならない」と発言した[13]。稲田も、「私たちの行動が表現の自由に対する制限でないことを明らかにするためにも、上映を中止していただきたくない」との談話を出している[14]

これらの公開中止の動きに対し、新聞協会などが言論が萎縮してしまうと憂慮する談話を発表した[15]。また、4月18日、日本の右翼活動家を対象にした試写会が開催されたが、「労作」「駄作」と賛否両論に大きく分かれた[16]中には、「自分達も靖国神社に関する映画を作るべきだ」という意見もあった[要出典]

映画演劇労働組合連合会などは、表現の自由を守って上映を行うよう抗議声明を発した[17]。ただ、かつて映画演劇労働組合連合会は、『プライド・運命の瞬間』や『ムルデカ17805』について上映反対運動を行ったため、イデオロギーからの二重基準による訴え、との批判も受けた[18]

最終的に、当初予定よりも3週間遅れとなった5月3日に東京の独立系映画館で公開された[19]。続いて全国各地の映画館で順次公開された。

高知県における上映[編集]

配給元のアルゴ・ピクチャーズは、刀匠が在住している高知県について、刀匠が作品に難色を示していることを理由に公開しないとしていた[20] が、後に方針を転換し、要請があれば可能な限り上映する意向を示した[21]6月30日四万十市で住民による自主上映がおこなわれ[22]7月21日高知県立県民文化ホールで上映された[23]

問題[編集]

肖像権侵害[編集]

3月27日の国会質疑の中で有村治子は、「直接電話で確認をとったところ、出演者の刀鍛冶は、自身の映像の削除を求めている」と発言した。これに対して李監督は、国会議員の政治的圧力によって変心させたものでは、と反発した。

こうした一連の動きを経て行われた報道機関によるインタビューの中で、刀鍛冶職人は、この映画の主な登場人物となることについて承諾しておらず、完成品の映画も見ていないと語った。それによれば、「『美術品として純粋に靖国刀匠、匠のドキュメンタリーを撮りたい』という若い中国人の青年の申し出に、刀をつくる自らの映像を撮影することは承諾した」が、靖国神社についての映画において自身の肖像が入ることを承服していないとしている。また、「作品から自分の映像を一切外して欲しい」と語ったが、これまでのところ製作側に正式な削除の申し入れは、なされていない。製作側も、これまで対応措置を取っていない。

2008年(平成20年)4月11日付の産経新聞や毎日新聞など全ての全国紙、4月10日高知新聞夕刊、4月10日放送のTBS・「NEWS23」のインタビューなどをはじめ、他の複数の報道機関による直接取材で、刀匠が「削除して欲しい」、「監督にだまされた」と語ったことを文字および映像で伝えている。一方、『AERA』のみ、「刀匠は監督に削除を要求したことはなく、今後も要求するつもりはないと語っている」との記事を掲載している。

この齟齬について、月刊誌『』6月号は、「『AERA』記者によると、刀匠は当初、映画が完全に出来上がって上映寸前になっていることを認識しておらず、頼めば変更ができるかと思っていた。ところがそうでないことを記者が説明したところ、『ああ、それなら削除を求めない』と語った」との記事を掲載した。なお、AERAのインタビューで刀匠は、「靖国神社の映画だと知っていた」「作品を見て問題があるとは思っていない」「出演シーンの削除を依頼したことはない」「今後も削除を依頼することはない」と答えたことになっている。

また、作品のパンフレットに掲載されている制服姿の青年は現役の自衛官だったが、本人は掲載について何も知らされていなかった[24]

また、この映画に約1分半にわたって映されていた、NPO法人の理事などを務める黒岩徹が肖像権を侵害されたとして、監督や映画会社を相手取り賠償金などを求める民事訴訟を2009年(平成21年)に起こし、2010年(平成22年)12月24日に和解が成立、被告賠償金を支払ったという[25]

不許可の撮影[編集]

靖国神社側は、「撮影許可の手続きが守られておらず、事実を誤認させるような映像などがある」などとし、撮影の許可を与えた記録も無く、上記の肖像権の問題もあるとして、一部の映像の削除を要請する内容証明郵便を配給元に発送した[26][27] が、配給元は、要請部分を削除することなく、そのまま公開した[28]

評価[編集]

  • 撮影に応じた人々のうち、菅原龍憲、高金素梅の2名は、靖国神社に対して台湾人の合祀を取りやめるように求める訴訟の当事者であり、もう1名の刀鍛冶職人(刈谷直治)は、「出演依頼の際に受けた説明と実際の扱い方が全く違う」と主張すると同時に自分の映像の使われ方について納得しておらず該当する箇所の削除を求めている。
  • 新右翼団体・一水会顧問の鈴木邦男は、「靖国神社を通し、〈日本〉を考える。『戦争と平和』を考える。何も知らなかった自分が恥ずかしい。厳しいが、愛がある。これは『愛日映画』だ!」と絶賛した[29]
  • 有村治子は、この映画の企画の段階で靖国支持者の主張は対象にしないとされており、反靖国・中国の歴史認識の主張そのものを取り上げている映画であると指摘。また、本作は、知られざる事実として「靖国の御神体は日本刀である」としているが、有村が靖国神社に確認したところ事実でないとの回答があったとし、ドキュメンタリー映画としても程度が低いと批判している[24]。一方、雑誌『正論2005年8月号に収録のインタビュー・「靖国の言い分、英霊の声」(P.52)において、靖国神社・前宮司の湯澤貞は、「霊璽簿は一年間、本殿の中に置いておきます。靖国神社のご神体は刀で、一年間本殿でお祀りしている間に御霊がこのご神体に移ります。」と発言している。なお、このご神体の件については、ネット配信された討論番組にて、監督の李纓氏の認識の誤りを青山繁晴氏が諭すが、議論がかみ合わなかった。李纓監督の日本語能力の欠如なのか、それを逆手に取った強引な李纓監督の論理のすり替えなのかは判断できない[30]
  • 『靖国』の著者・坪内祐三は、この映画には、いくつかの誤解を与える表現による情報・イメージ操作があると述べている[31]
  • 長谷部恭男東京大学教授は、ドキュメンタリー映画としては掘り下げの足りない凡作と評している[32]
  • 宇多丸は自身の冠番組の映画評論コーナーにおいて、
  1. 靖国問題について語る参拝者の会話が文脈を成していないにも関わらず「~ねえ?」と、その場の空気で会話を形成している
  2. 監督と刀鍛冶のインタビューにおいて刀鍛冶が押し黙るという評論がなされるが、これは実際に映像を観れば、中国人監督の日本語能力不足により、日本人刀鍛冶に監督の質問の意図が通じていないだけ、ということが分かる
など数点の映画内における日本語を扱う人々の会話の通じていない様を挙げ、「靖国問題さておき、日本語のディスコミュニケーションが浮き彫りになっている映画」としている[33]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ sundance.org/festival/film_events: Yasukuni [1] (Screenings: "Fri. January 18, 6:30pm, Peery's Egyptian Theater, Ogden")
  2. ^ 第三十二屆香港國際電影節: 靖國神社
  3. ^ 『中国人監督が「靖国」映画制作』 産経ネット2008年2月8日配信 2008年4月2日閲覧
  4. ^ 産経ニュース2008.3.25
  5. ^ 産経新聞2008年4月2日付社説「主張」
  6. ^ “映画「靖国」自民国会議員向けに試写”. 産経新聞. (2008年3月12日). オリジナル2008年3月12日時点によるアーカイブ。. http://s01.megalodon.jp/2008-0313-0901-34/sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080312/tnr0803122334010-n1.htm 
  7. ^ 産経ニュース2008.4.9
  8. ^ a b 週刊朝日 2008年4月25日
  9. ^ 稲田朋美:トップページ より「お知らせ」の『映画「靖国」の助成金問題について』
  10. ^ 朝日新聞 2008年4月1日朝刊
  11. ^ 日経ネット『映画「靖国」、東京での上映中止・配給会社「言論の危機」』 2008年4月2日閲覧
  12. ^ 「靖国」、名古屋で上映延期 日経ネット2008年4月4日閲覧
  13. ^ 『「何らか対応を」映画「靖国」上映中止で渡海文科相』 産経ネット 2008年4月2日閲覧
  14. ^ 朝日新聞 2008年4月2日朝刊より引用
  15. ^ 靖国の上映中止「看過できない」・新聞協会が談話 日経ネット 2008年4月2日、2008年5月14日閲覧
  16. ^ 「駄作」「労作」…右翼系団体の活動家ら「靖国」試写会(2008年4月18日21時09分 @ asahi.com)
  17. ^ 映画「靖国」に関する抗議要請文(pdf)
  18. ^ 2008年4月23日 産経新聞
  19. ^ 映画「靖国」、一般上映始まる・当初予定より3週遅れ 日経WOMAN 2008年5月14日閲覧
  20. ^ “映画「靖国 YASUKUNI」 配給元アルゴ・ピクチャーズ 高知県内へフィルム提供せず 自主上映不可能に”. 高知民報. (2008年4月10日). http://www11.ocn.ne.jp/~jcpkochi/minpo/topic/2008/0804010yasukuni.htm 2009年8月18日閲覧。 
  21. ^ 『高知新聞』 2008年4月19日
  22. ^ 『高知新聞』 2008年7月1日
  23. ^ 『高知新聞』 2008年7月22日
  24. ^ a b 2008年3月27日の参議院内閣委員会における有村治子の質疑より
  25. ^ 関連事件等のお知らせ・解説 宗教法人礼拝山興亜観音による布告
  26. ^ 靖国神社が映画会社に送付した内容証明郵便 靖国神社ウェブサイトより (PDF) 2008年5月14日
  27. ^ 靖国神社が映画会社に再度送付した内容証明郵便 靖国神社ウェブサイトより (PDF) 2008年5月14日閲覧
  28. ^ 「靖国」上映中止せず、配給会社が意向表明 日経ネット 2008年4月15日、2008年5月14日閲覧
  29. ^ 当該映画のコメントより引用
  30. ^ 青山繁晴 大激怒! 徹底討論「靖国神社」1/3
  31. ^ 坪内祐三 (6月 2008年). “映画「靖国」が隠していること”. 文藝春秋 86巻 (7号): 208ページ. 雑誌 07701-6. 
  32. ^ 論座』2008年6月号
  33. ^ ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル ザ・シネマ・ハスラー バックナンバー 2008年4月26日 音声データ

文献[編集]

外部リンク[編集]