複都制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陪都から転送)
移動先: 案内検索

複都制(ふくとせい)は、国家に複数のを置く制度で、都をひとつだけ置く単都制に対する概念。広大な領土を有する国に多く採用される。都が2つの場合は両都制(りょうとせい)、両京制(りょうけいせい)ともいう。

また、国家の首都機能を複数の都市に置く制度を指すこともある。現代的な複都制については首都#複都制を参照。

中央集権国家の複都制では、皇帝が常住する都を上京上都京城皇都京師などといい、その他の都を陪都(ばいと)、留都(りゅうと)などという。しかし、陪都に対応する語句は西洋になく、これは東洋的なものとされ、陪都制(ばいとせい)と呼ばれる。日本史で言われる難波遷都などは、正確には天皇の陪都巡守や皇都昇格であり、都を移す遷都とは異なる[1]

皇帝が陪都に滞在し、皇帝不在の皇都で国政をみさせるために代理を置くときは、権限を制限したうえで太子を置いたり(太子監国の制)、信頼の厚い重臣などの有力者を置いたりした(留守官の制)。

ローマ帝国の複都制[編集]

2世紀後半、ローマ帝国では正帝副帝による分治が起こり、ディオクレティアヌス帝の時代に帝国が東西に分けられ、2人の正帝と2人の副帝によって四分統治された。これによりニコメディア(イズミット)、シルミウムメディオラヌム(ミラノ)、アウグスタ・トレヴェロールム(トリーア)の4都が置かれ、ローマは首都機能を失ったが、名目的には帝国の都として続いた。その後、西方正帝コンスタンティヌス1世が帝国を統一し、東方に新都コンスタンティノポリスを建てた。

395年には、東帝テオドシウス1世(西帝は形式的に幼い次男ホノリウス)の死により、長男アルカディウスが東帝とされ、都が東のコンスタンティノポリスと西のメディオラヌム(後にラヴェンナへ遷都)に置かれ、ラテン語圏とギリシア語圏となる東西二分が進むことになった。

中国の複都制[編集]

中国の複都制は都市国家時代のに始まる。渭水流域の盆地である関中に起こった周は東方の華北平原諸国の盟主であった商()を滅ぼすと、東方諸国を支配する拠点としてこの平原への出口である洛水流域の要衝に洛陽を建設して、後の長安の前身となる関中鎬京と洛陽の二つの拠点から臣従する都市国家諸侯に盟主として臨んだ。

関中から起こり、中原諸侯の国際社会を征服し統一王朝を拓いたは短期間で崩壊したが、それを襲って長期に安定した統一王朝となった前漢は長安を首都とするとともに洛陽を複都として統治を行った。しかし、前漢崩壊後に豪族の連合政権として再生した後漢は、関中を出て洛陽に重心を移した統治を行った。

漢朝の統一が失われたのちの南北朝時代北周は政権中枢の軍事力の集結する関中長安を都とし、東方の華北平原への出口に位置する洛陽を穀倉地帯からの物資を集積する陪都とする複都制をとった。もこれを引き継ぎ、723年開元11年)には、長安・洛陽(東都)両都に北都としてオルドス地方や黄土高原北部の遊牧地帯の騎馬軍事力を扼する汾水流域の太原を加え三京になった。757年至徳2年)には更に西域を望む関中渭水盆地西端の鳳翔(西京)、穀倉地帯として重要な四川盆地成都(蜀郡)が加えられ五京を持つに至ったが、この2都は間もなく廃された。これらの中でも華北平原や江南の穀倉地帯の物産が集積される洛陽は、食糧に乏しい長安に比べて食糧が豊富なため、皇帝は皇太子に長安で監国させ、たびたび洛陽に巡幸した。特に武則天はその治世の間は長安にほとんど行かず洛陽の都に住んでいた。このように洛陽は重要な陪都として長安と並び両京と称された。

その後、モンゴル帝国の皇帝直轄政権として成立したでは遊牧国家の伝統に則り皇帝は直轄の遊牧軍団と共に夏営地に設けられた夏都の上都と冬営地に設けられた冬都の大都の間の広大な首都圏を季節巡回した。元朝を華北から締め出したでは当初建国地の南京から全国を統治していたが、やがて北元と対峙する前線基地として旧大都に置かれた北京に重心を移した複都制に移行した。マンチュリアから興ったは建国の地である盛京と共に、征服した中華世界を統治するために明の北京・南京の首都機能を継承した。なお、やはりマンチュリアから興った王朝である渤海では五京が置かている。

王朝時代の中国は王朝の本拠地と征服地の双方の統治、軍事力と統治権力の首都機能と経済力の首都機能の両立、遊牧国家の影響などから複都制が盛んであった。

近代国家の時代になると、日中戦争で首都南京を放棄した際には、一時的に首都機能を移した重慶を陪都と称した。

北宋[編集]

北宋は、次の4つの都を置く四京制を敷いた。

[編集]

は、国土を次の五に分け、それぞれに副都を置いた。

渤海[編集]

渤海では、次の五京が置かれた。

朝鮮の複都制[編集]

高麗[編集]

高麗王朝は、正都開京(開城)に、東京(慶州)、西京(平壌)を加え三京とした。8代顕宗の時代の1010年に、南京(漢城、現在のソウル)を加え四京とした。

日本の複都制[編集]

古代の日本では唐を強く意識して複都制が採られ、王権発祥の地である奈良盆地と同時に水運の要衝である大阪湾岸や琵琶湖岸にも都が置かれたが、793年延暦12年)に桓武天皇により永らく陪都であった難波宮が廃され平安京に一本化された。

脚注[編集]

  1. ^ 744年天平16年)、聖武天皇が恭仁京を離れて難波に行幸し、一時難波を皇都と定めたが、これも陪都から皇都への昇格で都を移したのではなかった。翌年の平城京への還幸によって再び陪都に戻った。法制史学者の瀧川政次郎は、「従来の日本史では、遷都ということが多すぎる」と指摘している(『京制並に都城制の研究』)。
  2. ^ 天皇が大津宮に移ったときには、飛鳥京に留守官(留守司)が置かれていたことが知られる。また、日本書紀続日本紀には「遷都」の記述が散見されるが、編纂者が法制に精通していなかった為と見られる。
  3. ^ この間、福原への行幸があったが、平安京は廃されず、福原京も正式な設置に至らず離宮にとどまった。また都は置かれなかったが、鎌倉幕府が首都機能の一端を担ったという意味で、鎌倉時代鎌倉を複都制として考えることもできる(山田邦和『福原京に関する都城史的考察』)。
  4. ^ 室町時代に栄華を極めた山口のことを「西の京都」という意味で西京(さいきょう、にしのきょう)と呼んだが、東京に対比させた呼び名ではなかった。現在も西京銀行や山口県立西京高等学校などの名残がある。因みに、京都府立大学の旧称は西京大学だった。

関連文献[編集]

関連項目[編集]