双京構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

双京構想(そうきょうこうそう)とは、京都を文化面の首都と位置付けて、皇室行事を東京都京都府で行う構想[1]

構想は、2010年に立ち上げられた「京都の未来を考える懇話会」による第一次提案の一部として、東日本大震災から1年後にあたる2012年に発表された[2]皇族の一部が滞在し公務を行うことで、皇室にとってより安全な環境を築くことなどを目的とする。東京以外で御所の所在する地域であることと、都として千年以上、皇室とともにあった地域であることが、京都で実施する理由とされた[3]

京都府・京都市では構想に対する有識者への意見聴取を行い[4]、政府への要望などが行われている。2015年には双京構想推進検討会議が設置された。具体化としては、皇族の出御・台臨する国際会議を誘致することや、明治時代に廃止された節会五節句)などの宮中行事を再開したり、園遊会歌会始などを実施したりする形で、皇族の京都滞在の機会を増やす取組が検討されている[5]

類似案に2005年頃から、首都機能のバックアップ用に京都御所等を皇室関係の代替施設とする構想があり[6][7]関西広域連合では皇族の京都常住を提案している[8]

脚注[編集]

  1. ^ “衆議院内閣委員会”. 17. 第189回国会. (2015年7月3日). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/189/0002/18907030002017a.html 
  2. ^ 京都に皇族移住の仰天プラン 「双京」構想(12/03/12). テレビ朝日.. (2012年3月12日). https://www.youtube.com/watch?v=RJy16M1zZ4Y 
  3. ^ “京都の未来を考える懇話会 記者発表” (プレスリリース), 京都市, (2013年5月31日), http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000151410.html 
  4. ^ “全国民の理解重要 皇室の京都移転で懇話会”. 47NEWS. (2013年1月21日). https://www.47news.jp/268854.html 
  5. ^ “「園遊会京都で」~「双京構想」要望まとまる”. 読売新聞. (2014年8月21日). オリジナルの2014年8月22日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/SSlqZ 
  6. ^ “関西に「副首都機能」 兵庫など3知事整備合意”. 神戸新聞. (2005年4月19日). オリジナルの2005年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050421023404/http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou05/0419ke89290.html 
  7. ^ 首都機能代替(バックアップ)エリア構想検討調査報告書, 関西首都機能代替(バックアップ)エリア構想連絡会議, (2008年3月), http://www.pref.kyoto.jp/mirai-pj/documents/sankou6.pdf#page=25 
  8. ^ “「関西での首都機能バックアップ構造の構築に関する意見」について” (プレスリリース), 関西広域連合, (2012年6月19日), http://www.kouiki-kansai.jp/hodo/H24nendo/432.html 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]