野沢晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野澤 晁 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ノザワ アキラ
ラテン文字 NOZAWA Akira
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
選手情報
ポジション FW
ユース
広島高師附属中学
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
夕刊ひろしま新聞社
代表歴
1934 日本の旗 日本 3 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

野澤 晁[1]のざわ あきら[要出典]、1914年8月15日ー2000年5月13日)は、広島県出身のサッカー選手日本代表選手(全日本)。フォワード野澤正雄は実兄。

来歴[編集]

広島高等師範附属中学(現広島大学附属高校)から1933年早稲田大学へ入学。早稲田大学ア式蹴球部で、川本泰三堀江忠男加茂健加茂正五西邑昌一らと関東大学リーグを四連覇、東京大学ア式蹴球部黄金期後の早稲田大学黄金時代に貢献した。

大学在学中の1934年には日本代表に選出され、第10回極東選手権大会マニラ)出場。足を痛めていた川本に次ぐフォワードとして全3試合にフル出場。第2戦のフィリピン代表戦では、相手に胸を蹴られて肋骨が折れ、意識を無くすほどの重症を負ったが、逆転の決勝ゴールを叩き込むなど3試合3得点を決めた[2][3]

1936年3月に早稲田大学を卒業[4]し、南満州鉄道に入社した[5]

戦後は中国新聞の系列会社「夕刊ひろしま新聞社」に勤務。サッカーはこの会社でも続けた。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点(1934)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1934 3 3 0 0 3 3
通算 3 3 0 0 3 3

脚注[編集]

  1. ^ 代表TIMELINE | SAMURAI BLUE サッカー日本代表 | 日本サッカー協会/
  2. ^ ケガの恐怖を除くドリブル練習|賀川サッカーライブラリー
  3. ^ 後藤健生『日本サッカー史・日本代表の90年』双葉社、2007年、14、15頁
  4. ^ 『早稲田大学ア式蹴球部50年史』WMW50年史編集委員会、1977年、332頁
  5. ^ 「早大蹴球部卒業選手勤務先」 読売新聞、1936年1月30日、2016年4月12日閲覧

外部リンク[編集]