中国新聞SELECT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中國新聞SELECT
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 中国新聞社
本社 広島県広島市中区土橋町7-1
創刊 2015年5月1日
言語 日本語
価格 1部 60円(税込み)
月極 4030円(税込み)
中国新聞本紙とのセットのみ
特記事項:
2015年4月30日付で休刊した中国新聞夕刊の代替紙としての位置づけで創刊。
テンプレートを表示

中国新聞SELECT』(ちゅうごくしんぶん セレクト、題字は中國新聞SELECT)は、中国新聞社が、2015年5月1日から、宅配専売で発行する新聞である。

概要[編集]

中国新聞は、2015年4月30日付けをもって夕刊の休刊と入れ替わる形で、一般の新聞と同じブランケット判16頁・フルカラー紙面で、中国新聞本体で掲載された記事の中から、経済と国外ニュースを中心とした厳選された記事を中心に、主要注目記事の解説、囲碁将棋パズル中学生高校生向け学習記事などを提供する。また、中国新聞公式サイト「中国新聞α(アルファー)」とも連動して記事を提供するとしている(購読者特典として、通常は有料会員制である「中国新聞α」のコンテンツを無料で閲覧できるサービスがある)。また夕刊で連載した一部の記事(芸能・文化・スポーツなど)も移設収録している。新創刊扱いのため、号数(紙齢)は引き継がれず、改めて創刊は1号からとなっている。

販売は中国新聞の宅配所から、本紙朝刊とのセット(2015年5月の創刊当初は4030円<税込>)での購読のみとなっていたが、2016年5月より、広島県とその周辺地域限定で、即売(1部税込み60円)[1]コンビニエンスストアの新聞スタンドで開始した。また月曜・祝日・新聞休刊日の翌日は休刊であるため最大週6日発行である。

広島県山口県島根県は発行当日、岡山県は1日遅れでの配達となる。

2016年度の日本新聞協会賞で、経営・業務部門を受賞した。受賞理由は、「経営の根幹にかかわる大きなテーマに挑戦し、新媒体の発行により新規読者の開拓や戸別配達網の維持など成果を上げている点が高く評価される」としている[2]

発行日翌日の番組表(あすのテレビ番組)を掲載している。収録局はNHK総合EテレRCCテレビ広島テレビ広島ホームテレビTSS山口放送テレビ山口山口朝日放送の9局。

出典[編集]

  1. ^ 『セレクトの一部売り 広島県内で来月から 価格は60円(税込み)』 中国新聞 朝刊 2016年4月28日 1ページ
  2. ^ 「中国新聞SELECT」に新聞協会賞 本社14度目の受賞(中国新聞アルファ、2016年9月8日)

外部リンク[編集]