わちさんぺい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

わちさんぺい(本名:中岡二春(なかおか にはる)、1926年3月 - 1999年12月10日)は、広島県三次市出身の漫画家

山梨航空学校卒。1941年(昭和16年)4月、陸軍飛行実験部(後の陸軍航空審査部)に入部し偵察隊に配属される。配属ひと月足らずで九五式三型練習機の整備を任される。その時は、専門の航空学校で学んだ知識と技術が認められた気がして嬉しくてたまらなかったという。しかし、その九五式三型練習機の発動機の試運転の際、車輪止めを付け忘れて発動機を始動させたため、機体が前に進み自動車に激突しプロペラと発動機を大破させてしまう重大事故を起こす。本人は「これで陸軍永久追放か」と覚悟したが飛行実験部の隊長加藤敏夫大佐は「よしよし。怪我がなかったら、よいよい・・・」と言っただけで説教ひとつすらなかった。その後は終戦まで軍属として従事した。

戦後、中国新聞などでの連載を経て1954年に上京、本格デビューした。少女漫画秘境もの、航空もの、SFなどのさまざまなジャンルの作品を発表していた。初期では「和知三平」名義が多い。1960年前後に最盛期を迎える。

漫画家として活躍した後は、釣りのかたわら新聞や雑誌の物書きなどをしていた。

1999年、咽頭癌のため死去。

谷岡ヤスジは元アシスタント

作品[編集]

その他[編集]

  • わたしの愛する1機
  • 空のよもやま物語
  • 釣りキチのないしょ話―これを読んだらあなたも名人!
  • 釣りバカは死んでもなおらない(『二見書房1988年)

脚注[編集]