堺井秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
堺井 秀雄 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サカイ ヒデオ
ラテン文字 SAKAI Hideo
基本情報
生年月日 1909年6月[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国, 大阪府[2]
没年月日 1996年6月3日(満86歳没)
日本の旗 日本, 兵庫県西宮市[3]
選手情報
ポジション FW
ユース
19xx-1931 関西学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
関学クラブ
代表歴
1934 日本の旗 日本 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

堺井 秀雄(さかい ひでお、 1909年6月 - 1996年6月3日)は、大阪府出身[2]サッカー選手、会社役員。

人物[編集]

関西学院高等商業学部(現在の関西学院大学商学部)に入学[1]して、サッカー部に所属。関学クラブの一員として1929年10月および1930年2月に開催された2度のア式蹴球全國優勝競技會(第9回天皇杯全日本サッカー選手権大会および第10回天皇杯全日本サッカー選手権大会)で後藤靱雄らと共に2大会連続で優勝した。そのプレースタイルは地味ながらもシュート力は正確無比であった[4]

1932年3月に卒業[1]して、湯浅蓄電池製造(現在のジーエス・ユアサコーポレーション)に入社。1934年5月に開催された第10回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、オランダ領東インド代表戦など3試合に出場した[5]

現役を引退後は社業に専念。1949年11月に湯浅蓄電池製造の取締役、1953年8月に同社常務取締役(兼業務部長)、1954年5月に湯浅乾電池(1954年9月に湯浅蓄電池製造と合併して湯浅電池)の常務取締役、1957年3月には蓄電池事業部の部長を委嘱、1966年11月に湯浅電池の専務取締役を夫々歴任した[1]

また、1973年から1991年まで天皇杯全日本サッカー選手権大会のパンフレットの表紙絵を描いていたと報じられている[6]

1996年6月3日兵庫県西宮市肺炎により死去した[3]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点(1934)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1934 3 0 0 0 3 0
通算 3 0 0 0 3 0

出典[編集]

  1. ^ a b c d 湯浅電池株式会社 有価証券報告書(1968年3月期)、2016年8月20日閲覧
  2. ^ a b 「whoplus」(日外アソシエーツ) , 2016年9月29日閲覧
  3. ^ a b 「堺井秀雄氏 死去」 毎日新聞、1996年6月5日、2016年8月20日閲覧
  4. ^ 「日韓共催W杯に向けて 栄光の関学、Jリーグの礎」 読売新聞、2001年10月3日、2016年8月20日閲覧
  5. ^ 第10回極東選手権大会”. 日本サッカー協会. 2016年8月20日閲覧。
  6. ^ 学院史編集室便りNo.41 (PDF) (2015年6月15日) 2016年8月20日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]