赤湯温泉 (福島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 赤湯温泉
温泉情報
所在地 福島県福島市土湯温泉町字鷲倉
座標 北緯37度40分18.7秒 東経140度15分44.5秒 / 北緯37.671861度 東経140.262361度 / 37.671861; 140.262361座標: 北緯37度40分18.7秒 東経140度15分44.5秒 / 北緯37.671861度 東経140.262361度 / 37.671861; 140.262361
交通 車 - 東北自動車道福島西ICより国道115号福島県道30号本宮土湯温泉線経由
泉質 炭酸鉄泉・硫黄泉
泉温(摂氏 53.9 ℃・49.1
pH 6.1
液性の分類 中性
宿泊施設数 1
外部リンク 秘湯温泉 - 土湯温泉観光協会
テンプレートを表示

赤湯温泉(あかゆおんせん)は、福島県福島市土湯温泉町(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉。土湯峠温泉郷にある温泉の一つ[1]

泉質[編集]

効能[編集]

効能はその効果を万人に保証するものではない。

温泉地[編集]

鷲倉温泉野地温泉の間に位置し、一軒宿「好山荘」が建つ。

1930年代は土湯こけしの職人が工房としていたが、磐梯吾妻スカイラインの開通にあわせ、1955年(昭和30年)に温泉宿として営業を開始した。

露天風呂は周辺の温泉のような青白い硫黄泉であるが、内風呂は特徴的な赤茶色のお湯である。炭酸鉄泉で、内容物が空気に触れ急速に酸化することで色が着き、浸したタオルが茶色になってしまうほどである。

好山荘[編集]

好山荘は吾妻山中腹の標高約1200mの地点にあり、1947年(昭和22年)頃に創業した[1]。例年12月から3月頃まで冬季休業となる[1]

2021年(令和3年)2月の福島県沖地震で建物が倒壊したが、再建工事により、2022年(令和4年)7月1日に営業を再開することになった[1]。客室は18室である[1]

アクセス[編集]

周辺[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 赤湯温泉「好山荘」再建、1年半ぶり営業再開へ 2021年2月の福島県沖地震で倒壊”. 福島民報 (2022年6月22日). 2022年6月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]