西武安比奈線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SeibuRailway mark.svg 安比奈線
南大塚駅より分断された安比奈線
南大塚駅より分断された安比奈線
基本情報
現況 廃止
日本の旗 日本
所在地 埼玉県川越市
起点 南大塚駅
終点 安比奈駅
駅数 2駅
開業 1925年2月15日[1]
休止 1963年[2]
廃止 2016年11月30日[3]
所有者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
運営者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
路線諸元
路線距離 3.2 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式[4]
閉塞方式 なし(無閉塞運転
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(休止当時)
新宿線
eABZq+l BHFq
0.0 南大塚駅
exSTR
exKDSTe
3.2 安比奈駅 1963休止

安比奈線(あひなせん[5][6]は、埼玉県川越市南大塚駅から同市内入間川沿いの安比奈駅を結んでいた西武鉄道貨物線である。1963年より休止となっていたが、2016年11月30日を以て廃止された[2][3]

当路線が延びていた入間川の対岸には安比奈新田(あいなしんでん)[7]という地名があるが、安比奈線の安比奈の読みは「あひな」である[5]

概要[編集]

入間川で採取した砂利の運搬を目的として1925年大正15年)2月15日に開業した[1]

砂利の需要減や採取規制強化により、1963年以降、休止扱いとなっていた[2][3]。その後、2016年2月10日に西武鉄道はこの路線を廃止することを正式に決定し[3]、関連して減損損失126億4000万円を2015年4 - 12月期に特別損失として計上した[8]。そして、2016年11月30日に廃止された[3]

歴史[編集]

  • 1925年2月15日 - 開業[1]
  • 1949年2月 - 電化[2]
  • 1963年 - 休止[2]
  • 2016年11月30日 - 廃止[3]

現況[編集]

休止後も、線路架線柱などは残されているものの、ほとんど整備はされておらず、即座に運行再開できる状態ではなかった。枕木は朽ち果て、国道16号の横断など踏切はほぼすべてアスファルト舗装で埋められており、八瀬大橋への取り付け道路は路線を完全に遮っている。

長らく放置され、かつては線路上を歩くこともできたが、枕木の腐朽が進んで危険なことから、踏切など線路に入れる場所にはすべて柵が取り付けられた。また敷地内への立ち入りを禁止する旨の看板も設置されている。

2006年平成18年)11月5日、西武鉄道の前身川越鉄道の開業111周年を記念した「小江戸川越鉄道開設111周年記念フェア」の関連イベントとして、「幻の貨物線西武安比奈線を歩く」が開催された。

川越が主な舞台となった2009年(平成21年)上期のNHK連続テレビ小説つばさ』のオープニングシーンで当路線の一部(池の辺の森 - 池部用水橋梁付近)が映し出されている。写真では枯葉のシーズンの廃線跡が掲載され、劇中でも川越市内を電波調査して回るシーンのほか、つばさ(多部未華子)と昌彦(宅間孝行)が線路脇を歩くシーン、竹雄(中村梅雀)が妻の加乃子(高畑淳子)を乗せたトロッコを押して走り続けたら西武新宿駅まで行ってしまうシーン(実際には線路が分断されているので行くことはできない)、最終回終盤においては当路線にて翔太(小柳友)がつばさの乗ったトロッコを押して走るシーンが見受けられる。

番組放送に合わせ、2009年(平成21年)4月から9月末日までロケ地が遊歩道として開放され、撮影時使用されたトロッコも展示されたほか、放送を記念した見学イベントも開催された。同年12月放送の『つばさ総集編』前に放送されたスピンオフ『好きと言えなくて。青春編』にもトロッコを押して走るシーンが放映された。

安比奈線復活計画[編集]

1987年、西武新宿線の旅客増に対応するため上石神井駅 - 西武新宿駅間を複々線とする計画が発表され、それに伴う車両の増備のために安比奈駅に新しい車両基地を作る計画が浮上した[8][9]。川越市と狭山市では仁杉巌社長(当時)が出席し地元説明会も開催された。当路線の旅客線・通勤線化という話まで出ていたが、少子高齢化などの影響で需要予測が下方修正されたため、この計画は1995年(平成7年)に無期延期となった。

当路線の復活には住宅地開発の事業として川越市や隣の狭山市も乗っており、2001年(平成13年)12月の狭山市議会において、狭山市側から車両基地完成は2008年(平成20年)3月ごろの見込みとの答弁があった。南大塚駅すぐ横の国道16号や八瀬大橋との交差問題や安比奈駅周辺の土地買収に反対している少数の地主がいるために難航しているが、すでに西武建設安比奈作業所が設けられ、車両基地設置のためのトラック進入路整備などの工事は行われており、合意が得られていない地権者がいるため、現段階の計画では車両収容数は200両の予定だが、合意が得られ次第300両にするとしていた。川越市では、当路線の復活とともに将来的に新駅設置と的場駅まで延伸する構想があり、市議会で度々議題にあげられていた。

西武本社の見解としては「西武新宿線の車両収容限界が近付いており、ゆくゆくは新たな車両基地を安比奈に建設する予定」との姿勢であったため周辺整備を始めていたが、2016年2月10日に整備計画の廃止が決定された[10]。廃止決定の理由について、西武ホールディングスは「南入曽車両基地の増強などにより、新基地の必要がなくなった」と説明している[11]

データ[編集]

路線データ[編集]

駅一覧[編集]

駅名 累計キロ 接続路線
南大塚駅 0.0 西武鉄道新宿線
安比奈駅 3.2  

輸送実績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「地方鉄道貨物運輸開始」『官報』1925年2月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c d e 西武安比奈線ウォークを実施! (PDF)”. 西武鉄道. p. 2 (2009年10月21日). 2016年2月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f “休止扱い半世紀…安比奈線、ついに廃止へ 西武HD発表”. 朝日新聞. (2016年2月10日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2B6223J2BUTNB014.html 2016年2月10日閲覧。 
  4. ^ a b 現在は通電されていない。
  5. ^ a b 会社のあらまし”. 西武グループの子供向けの解説ページ. 西武鉄道. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月15日閲覧。
  6. ^ 路線名は単に砂利線とされていた『地方鉄道及軌道一覧. 昭和18年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 安比奈新田の郵便番号 - 日本郵便
  8. ^ a b “西武HD、安比奈線の廃止決定 半世紀の謎に決着 関連で減損126億円”. 日本経済新聞. (2016年2月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HJ9_Q6A210C1000000/ 2016年2月10日閲覧。 
  9. ^ 1991年末に新聞報道された「旧線路生かし混雑緩和計画 車両基地造り引き込み線に」1991年12月29日『朝日新聞縮刷版』
  10. ^ 特別損失(減損損失)の計上に関するお知らせ (PDF)”. 西武ホールディングス (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  11. ^ 「安比奈線」復活せず 西武鉄道、車両基地計画を中止”. 産経ニュース (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「夏の日の安比奈」Rail Magazine, 287 (2007-8), p.113-118.(安比奈線走行列車の写真、配線図、安比奈駅構内図、構内写真掲載)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]