脱獄広島殺人囚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
脱獄広島殺人囚
監督 中島貞夫
脚本 野上龍雄
原案 美能幸三
ナレーター 酒井哲
出演者 松方弘樹
梅宮辰夫
小松方正
渡瀬恒彦
若山富三郎
大谷直子
川谷拓三
金子信雄
音楽 広瀬健次郎
撮影 赤塚滋
編集 神田忠男
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1974年12月7日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 暴動島根刑務所
テンプレートを表示

脱獄広島殺人囚』(だつごくひろしまさつじんしゅう)は、1974年日本映画主演松方弘樹監督中島貞夫製作東映

解説[編集]

殺人罪で41年7ヶ月の刑に服し、7回に及ぶ脱獄を敢行した実在の人物をモデルに、不屈の生命力を支えるあくなき自由への渇望と懲役の実態を切なく可哀しく描いた作品である[1][2]。「東映実録シリーズ」の一本で[3]、当初のタイトルは『脱獄広島刑務所』であったが、法務省クレームで変更になった[2]。時代は昭和20年代を想定しているが、モデルのキャラクターは映画向けに脚色している[4]。本作と映画『暴動島根刑務所』『強盗放火殺人囚』と合わせて「世界最強の脱獄アクター」、「松方弘樹東映脱獄三部作」と評されている[5][6]

正月前の捨て週間の公開であったが予想外に大ヒット[7]。社長の岡田茂が"脱獄もの"のシリーズ化をプロデューサーの日下部五朗へ指示し[7]、東映は松方弘樹を次のスターとして大々的に売り込むことになった[8]。二作目『暴動島根刑務所』は集団脱走と暴動をモチーフとし、中島貞夫と美能幸三網走刑務所旭川刑務所に出向き、定年退職した元看守に取材したりしたが、そうした事例は日本にはなかったので、『暴動島根刑務所』は実録ではなくフィクションである[8]

ストーリー[編集]

終戦の混乱期であった昭和22年に植田正之は仲間の田上と共謀し、横暴を極めていた外国人の闇屋とその女を撲殺。モルヒネ1ポンドを強奪した。2か月後に逮捕された植田は強盗殺人および麻薬法違反で懲役20年の刑を受け、広島刑務所に収監された。すぐに脱獄を計画する植田は、幾度となく逮捕と脱獄を繰り返していく。

備考[編集]

  • きうちかずひろ著『ビー・バップ・ハイスクール』第5巻No.46「不良少年遊侠伝」の挿話で公園で待ち合わせをして遅れて現れたヒロシにトオルが「今日学校フケて『脱獄広島殺人囚』見に行こうってさそったのはおメーだろーが。松方弘樹主演でシブいからってよ」と話した後[9]、舎弟のノブオ、キンタロー、ジュン、シンペーを引き連れてヒロシ「広島殺人囚はスゲエぜ~」ノブオ「そんなにですか?」トオル「『北陸代理戦争』よりもか?」「『京阪神殺しの軍団』もヨカッタスよ」と話を弾ませながら映画館に向かい、鑑賞後、映画館から出てくる時もノブオ「いやいやスゴかった~」「あやつはえー根性しとる!」ヒロシ「な?よかったろ?」トオル「やっぱ松方はシブイぜ」と会話する場面が描かれている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

1973年のアメリカ映画パピヨン』(スティーブ・マックイーン主演、フランクリン・J・シャフナー監督)から着想を得た中島貞夫は、脚本家の野上龍雄が『仁義なき戦い』の美能幸三から「脱獄を繰り返して刑務所に18年いたヤツがいる」と聞き出したことにより、その人物に取材してシナリオが出来上がったことから製作が始まる[8][10]。中島は1人追いのドラマで素材がおもしろい、取材で具体的な話を聞けたことにより、本作をとても気にいっていたが、東映では「何もかも放り込もう」というドラマツルギーがあるので、そのバランスに苦心した[4]。その人物は保護観察下にあったが、内緒で人物の郷里である被差別部落まで連れて行き取材した[7]。その人物から聞いた刑務所内外でのエピソードを中心に話が構成されている[7]。作業場からグリースを盗みお尻の穴に塗ってオカマを掘り、両方とも一緒に射精するなどの話は映画にはできなかった[7]

松方弘樹の起用は、大河ドラマ勝海舟』(1974年)の脚本家である倉本聰が、主役の渡哲也の病気降板で代役を探していたことが始まりだった[11]。倉本は東京大学文学部の同級生である中島貞夫に「時代劇を背負えるやつが誰かおらんか?」と相談[11]。中島はこの頃仕事に恵まれず、空いていた松方を倉本に推薦[11]。NHKへ行く松方に中島は付き添い、松方の代役が決定すると、中島は「帰ってくる時に(主演)映画を一本用意しておく」と松方に約束したのが本作である[8][11]

逸話[編集]

劇中、朝鮮人に扮した川谷拓三室田日出男志賀勝の三人が牛を捌くシーンがあり[12]、室田はこの芝居で初めて人に誉められ、岡田茂社長に「お前、あれピッタリだったよ」と言われたことが、何より嬉しかったと話している[12]

参考文献[編集]

※異なる頁を複数参照をしている出典のみ。

脚注[編集]

  1. ^ 脱獄広島殺人囚|一般社団法人日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 「SCENARIO TOWN」『月刊シナリオ1975年1月号』 日本シナリオ作家協会、75頁。
  3. ^ 大高宏雄 『仁義なき映画列伝』 鹿砦社、2002年2月、197 - 199頁。ISBN 4-8463-0440-X
  4. ^ a b 遊撃の美学 - 映画監督中島貞夫(上)、366 - 367頁。
  5. ^ INTRO | ラピュタ阿佐ヶ谷レイトショー『脱獄大作戦 娑婆ダバ!
  6. ^ スタローン&シュワルツェネッガーも魅了?脱走映画に名作多し!−映画秘宝2014年2月号
  7. ^ a b c d e 高橋賢 『東映実録やくざ映画 無法地帯』 太田出版、2003年8月、232-234頁。ISBN 978-4872337549
  8. ^ a b c d 中島貞夫 『デイリースポーツ連載 「中島貞夫 傑作選劇場」』 デイリースポーツ2014年5月6日
  9. ^ その後の会話として、トオルが「間に合わなかったら次の回まで5時間も待たなきゃなんねーんだぞ。3本立てだから。それとも同時上映の『ツィゴイネルワイゼン』とかシブがき隊の『ヘッドフォン・ララバイ』見る気か?」とツッコむシーンが見られる。
  10. ^ 遊撃の美学 - 映画監督中島貞夫(上)、366頁。
  11. ^ a b c d 遊撃の美学 - 映画監督中島貞夫(上)、368 - 369頁。
  12. ^ a b 「われ等ピラニア軍団は映像の荒野をゆく! ≪ピラニア軍団とそのPTA新春特別座談会≫ 川谷拓三/室田日出男/倉本聰/中島貞夫 〈司会〉高田純」、『キネマ旬報』1976年正月特別号、 90頁。

外部リンク[編集]