穴吹一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

穴吹 一朗(あなぶき いちろう、男性、1967年6月2日 - )は、日本脚本家兵庫県出身。東海大学卒業。Drama Project Decca所属。

来歴[編集]

1999年「演劇集団アーバンフォレスト」を旗揚げして以来下北沢や新宿の劇場を拠点に活動。 2009年に手がけた舞台「Tower of Sugar」が翌年「神様ヘルプ!」として映画化される。 2012年には、パルコ劇場で公演された、僕等の図書室~みんなで読書会~(ぼくとしょ2)が、ニコニコ生放送で配信[1]。 2014年には、TBSで関ジャニ∞大倉忠義主演『Dr.DMAT〜瓦礫の下のヒポクラテス〜』で、連続ドラマでは初のメイン脚本家を務めた[2]

主な作品[編集]

舞台[編集]

  • 1999年〜2010年: 演劇集団アーバンフォレスト 全17作品 作・演出
  • 2006年 8月: 劇団まめや別館「みやこ旅館」(全労済ホールスペース・ゼロ)作・演出
  • 2009年 7月: DHE@Stage×穴吹一朗「Tower of Sugar」(全労済ホールスペース・ゼロ)作・演出
  • 2010年 1月: DHE@Stage「King of the Blue」(ル・テアトル銀座)出演
  • 2010年 3月: DHE@Stage×穴吹一朗「Tシャツ三国志」(全労済ホールスペース・ゼロ)作・演出
  • 2010年 6月: DHE@Stage×穴吹一朗「真夜中の取調室」(シアターグリーン)作・演出
  • 2010年 9月: Jack in the Rocks公演「今度はオセロ」(シアターサンモール)作・演出
  • 2011年 1月: 「新春・戦国鍋祭り」(サンシャイン劇場・梅田ドラマシティ)作・出演
  • 2011年 4月: 東京AZAЯASHI団「準備ヨシ!」(ウエストエンドスタジオ)作・演出
  • 2011年 7月: Decca「八人目の侍」(ウエストエンドスタジオ)作・演出
  • 2011年10月: Decca「ミスターXからの招待状」(エコー劇場)作・演出
  • 2011年12月: 「大江戸鍋祭/最後の最後に忠臣蔵」 (明治座 / 梅田芸術劇場)脚本・出演
  • 2012年 6月:「ザ・ベストハウス123onStage!!」(渋谷・伝承ホール)脚本・出演
  • 2012年 4月:「僕等の図書室 〜みんなで読書会〜」(梅田ドラマシティ)脚本
  • 2012年 8月: Decca「ラ・カヌビエール 〜奇跡のディナー〜」(シアターサンモール)作・演出
  • 2012年 9月:「僕等の図書室〜みんなで読書会〜(ぼくとしょ2)」(パルコ劇場)脚本
  • 2012年10月: 東京AZAЯASHI団「floors」(ウエストエンドスタジオ)作・演出
  • 2012年12月: 劇団ヘロヘロQカムパニー 第27回公演「獄門島」(前進座劇場)出演
  • 2013年 1月:「ドリームジャンボ宝ぶね」(青山劇場)脚本
  • 2013年 3月:「死神姫の再婚」(全労済ホールスペース・ゼロ)作・演出[3]

TVドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

  • 2004年7月〜 9月: FMサルース「ラジドラ!」 ラジオドラマ脚本・演出
  • 2007年7月〜12月: FMサルース「演人スタイル」 メインパーソナリティー ラジオドラマ脚本・演出

ライブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エキサイトニュース
  2. ^ TBS番組ホームページ
  3. ^ [ http://www.decca-pj.com/shinigamihime/]
  4. ^ TBS番組ホームページ
  5. ^ [ http://www.tbs.co.jp/getsugol/20131007/]
  6. ^ TBS番組ホームページ
  7. ^ [ http://www.tbs.co.jp/getsugol/20141124/]

外部リンク[編集]