私立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

私立図書館(しりつとしょかん、わたくしりつとしょかん)とは民間の団体が管理する、私立の図書館である。

日本の私立図書館[編集]

日本の図書館法では、私立図書館は、「日本赤十字社又は一般社団法人若しくは一般財団法人の設置する図書館」(第2条第2項)と規定されている。1950年の図書館法制定当時は「民法第34条の法人」(公益法人)と規定されていたが、1952年日本赤十字社法施行にともない日本赤十字社が追加され[1]、さらに、公益法人制度改革にともない、2008年から現行の規定となった[2]。ただし、この規定に当てはまる私立図書館は少なく、文部科学省の『平成23年度社会教育調査』(2011年10月1日現在)では25館[3]日本図書館協会の『日本の図書館 統計と名簿 2015』(2015年4月1日現在)では20館[4][5]となっている。それ以外の民間団体(企業など)が管理・運営する図書館は、図書館法上は「図書館同種施設」(第29条)に区分されるが、一般にはこれらも含めて私立図書館と呼んでいる。

私立図書館は公立図書館と異なり、利用者から入館や閲覧に際して料金を徴収することを妨げられていない(図書館法第28条)。また多くの私立図書館が設置者の意図に沿った資料収集、公開を行う専門図書館であることが多い。

かつては地元の篤志家によって成立された私立図書館が日本中に数多くあったが、運営資金の問題から継続性に乏しく、また公共性を鑑みて公立に衣替えしたところも多い。

主な私立図書館[編集]

図書館法上の私立図書館[編集]

2015年現在、日本図書館協会は、以下の20館を図書館法上の私立図書館としている[6]

  1. ふきのとう子ども図書館(公益財団法人ふきのとう文庫) - 北海道札幌市西区。児童書。[1]
  2. クローバー子供図書館(公益財団法人金森和心会) - 福島県郡山市針生ヶ丘病院の関連施設。児童書。[2]
  3. 成田山仏教図書館(公益財団法人成田山文化財団) - 千葉県成田市成田山新勝寺の関連施設。仏教書。
  4. 一般財団法人米本図書館 - 千葉県香取郡多古町
  5. 一般財団法人石川武美記念図書館 - 東京都千代田区。女性雑誌が専門。
  6. 公益財団法人三康文化研究所附属三康図書館 - 東京都港区西武鉄道増上寺が共同で設立。旧大橋図書館蔵書、仏教・宗教書。
  7. 公益財団法人東京子ども図書館 - 東京都中野区。児童書が専門。
  8. 立正佼成会付属佼成図書文書館 - 東京都杉並区立正佼成会が運営。
  9. 一般財団法人眉丈文庫 - 富山県高岡市
  10. ライブラリー82(公益財団法人八十二文化財団) - 長野県長野市八十二銀行の関連施設。金融関連および長野県の郷土資料。
  11. 公益財団法人培本塾附属図書館 - 静岡県牧之原市[3]
  12. 神宮文庫 - 三重県伊勢市伊勢神宮が運営。
  13. 公益財団法人江北図書館 - 滋賀県長浜市
  14. 池田文庫(公益財団法人阪急文化財団) - 大阪府池田市阪急電鉄の関連施設。宝塚歌劇、歌舞伎、阪急電鉄等の資料。
  15. 金光図書館 - 岡山県浅口市金光教が運営。
  16. 最上図書館 - 岡山県岡山市最上稲荷が運営。仏教書。
  17. 金刀比羅宮図書館 - 香川県仲多度郡琴平町金刀比羅宮が運営。
  18. 特定非営利活動法人高知こどもの図書館 - 高知県高知市。児童書。[4]
  19. 公益財団法人童心会村上記念私立児童図書館 - 大分県中津市
  20. 公益財団法人松本記念児童図書館 - 大分県別府市

その他の私立図書館[編集]

活動停止[編集]

各国の私立図書館[編集]

主な私立図書館[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本赤十字社法(昭和27年8月14日法律第305号)。1952年10月31日施行。
  2. ^ 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成18年6月2日法律第50号)。2008年12月1日施行。
  3. ^ 社会教育調査”. e-Stat. 2016年8月17日閲覧。
  4. ^ 日本図書館協会図書館調査事業委員会 2016, p. 24.
  5. ^ 日本の図書館統計”. 日本図書館協会. 2016年8月17日閲覧。
  6. ^ 日本図書館協会図書館調査事業委員会 2016, p. 212.
  7. ^ 設立者は土居一洋。全国の公立図書館への訪館を終えたため、活動終了。

参考文献[編集]

  • 日本図書館協会図書館調査事業委員会編 『日本の図書館 統計と名簿 2015』 日本図書館協会、2016年2月12日ISBN 978-4-8204-1516-9 

関連項目[編集]