少女まんが館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Library) w.svg 少女まんが館
施設情報
正式名称 少女まんが館
愛称 女ま館[1]
専門分野 少女漫画
事業主体 個人(中野純・大井夏代夫婦)[2][3][4]
管理運営 同上
開館 1997年(平成9年)
所在地 190-0155[5][6]
日本の旗 日本 東京都あきる野市網代155ー5[5][6]
位置 北緯35度43分29.882秒 東経139度15分2.483秒 / 北緯35.72496722度 東経139.25068972度 / 35.72496722; 139.25068972
統計・組織情報
蔵書数 50,000冊以上[7](2015年[7]時点)
館長 中野純・大井夏代[4]
公式サイト 少女まんが館
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示
秋川渓谷/少女まんが館は、この渓谷の東部近傍に所在する。流れる川は秋川多摩川水系)。

少女まんが館(しょうじょまんが かん)は、日本東京都あきる野市網代[* 1]に所在する、少女漫画専門の図書館[8]私立図書館[1]略称愛称女ま館読みの予想:じょまかん)[1]1997年(平成9年)の開館時は東京都西多摩郡日の出町に所在した。

戦後(第二次世界大戦後)から2000年平成12年)頃までの少女漫画関連書籍数万冊を収蔵する[9](更新される情報:2015年時点で50,000冊以上[7]2018年前半時点で約60,000冊[9])。

概要[編集]

事業主および館主は中野純・大井夏代夫妻である。

少女漫画の永久保存を目的とした私設図書館で[3][4]、数万冊の少女漫画関連書籍雑誌単行本、その他書籍)、雑誌付録、その他の関連品を所蔵する[3][4][10]マイクロ・ライブラリーとしてはテーマ目的志向型に分類される[8]

旧所在地も現在所在地も、都心から遠く離れた東京都西部の山間部にある[11]。現在所在地は近場に多摩川水系秋川渓谷cf. 秋川)がある[11]

歴史[編集]

開館当初は中野純が所蔵していた少女漫画関連書籍 約500冊からの始まりであったが[3]、全国各地の愛蔵家などからの寄贈が続き、雑誌だけでも、2008年(平成20年)時点で30,000冊以上[3]2015年(平成27年)時点で50,000冊以上、2018年(平成30年)前半時点で約60,000冊と、年々充実度を増し続けている。

2014年(平成26年)3月26日には往年の少女漫画家小椋冬美沖倉利津子神奈幸子川崎ひろこささやななえ紫堂恭子高口里純高橋真琴太刀掛秀子萩尾望都)へのインタビューを綴った『あこがれの、少女まんが家に会いにいく。』を「少女まんが館 大井夏代」の著作者名で刊行している[12][2]。また、2015年(平成27年)には三重県多気町に東京から移住した志村夫妻によって開館された姉妹館「少女まんが館 TAKI 1735」に多数の蔵書を提供している[13]

毎年行われる東京国際アニメフェアには少女まんが館の蔵書を貸し出している[3]。また、少女漫画愛好者の交流を図っており、少女漫画作品をテーマとしてファンが語り合う不定期イベント「小さな茶話会」を開催している[6]。加えて、館主には、来館者のためにゲストハウスなどの施設を設けて宿泊できるようにしたいとの展望がある[3]

年表[編集]

  • 1995年(平成7年) - 文筆家中野純が「少女まんが図書館」を構想し、パソコン通信で発信し始める[14][3]
  • 1997年(平成9年) - 私立図書館「少女まんが館」のグランドオープン/中野純・大井夏代夫婦が、東京都西多摩郡日の出町にて、私設図書館「少女まんが館」を開館する[3][4]。この時点での少女漫画関連書籍 所蔵数 約500冊。
  • 2002年(平成14年)8月 - 施設の一般開放を始める[3]/6畳一間を閲覧室として開放する[15]
  • 2007年(平成19年) - 開館10周年を迎える。
  • 2008年(平成20年) - この時点での少女漫画関連書籍 所蔵数 30,000冊以上。
  • 2009年(平成21年) - 少女まんが館が、現在所在地(東京都あきる野市網代)へ移転[3][4]
  • 2014年(平成26年)3月26日 - 館主・大井夏代の自著『あこがれの、少女まんが家に会いにいく。』を、けやき出版が刊行。
  • 2015年(平成27年)
  • 2017年(平成29年) - 開館20周年を迎える。
  • 2018年(平成30年)前半 - この時点での少女漫画関連書籍 所蔵数 約60,000冊。

利用案内[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ あきる野市網代(地図 - Google マップ…※該当地域は赤い線で囲い表示される)

出典[編集]

  1. ^ a b c 野口智弘 (2008年4月10日). “趣味的第一種接近遭遇 39 女ま館! 少女まんがのオアシスとハクビシンを奥多摩に訪ねるの巻(前編)”. マイナビニュース. 2016年10月27日閲覧。
  2. ^ a b あこがれの、少女まんが家に会いにいく。”. Amazon. 2016年10月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 野口智弘 (2008年4月19日). “趣味的第一種接近遭遇 40 女ま館! 少女まんがのオアシスとハクビシンを奥多摩に訪ねるの巻(後編)”. マイナビニュース. 2016年10月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 宮澤諒 (2015-08-17日). “三重県多気町に「少女まんが館TAKI 1735」 少女まんがを無料で公開 東京都あきる野市にある「少女まんが館」の姉妹館として。”. ITmedia. 2016年10月27日閲覧。
  5. ^ a b 少女まんが館住所”. 少女まんが館. 2016年10月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 和久井香菜子 (2015年9月26日). “これぞ少女漫画の金字塔『ガラスの仮面』茶話会に見たファンの熱量―「紅天女問題」「月影先生の年齢」白熱の120分”. サイゾーウーマン. サイゾー. 2016年10月27日閲覧。
  7. ^ a b c 大沢悠 (2015年8月17日). “【三重】多気の少女まんが館、19日に開館 16日内覧会”. 中日新聞. 2016年10月27日閲覧。
  8. ^ a b 宮内禎一(編集委員) (2015年10月25日). “マイクロ図書館、寄っといで 本のシェアで心も通う”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社. 2016年10月27日閲覧。
  9. ^ a b NHK美の壺』File.451「心ときめく 少女漫画」2018年9月30日放送回(BSプレミアムは同年7月27日)。“ナレーション(その字幕表示)「東京 あきる野市。ここに一風変わった建物があります。その名も 少女まんが館。中に入ると 所狭しと積まれた漫画の山! 戦後から2000年頃までの少女漫画がおよそ6万点。少女漫画専門の私設図書館です。来館者の多くは1970年代から80年代にかけて かつて少女漫画を愛読していた世代です。」「この図書館を運営するのは ともに少女漫画ファンの夫婦。国内にとどまらないさまざまな物語に魅力されたといいます。」「館主 大井夏代」「館主 中野純」”
  10. ^ 読書の秋! 小さな図書館「マイクロ・ライブラリー」に出かけてみない?”. 資生堂ジャパン (2013年10月23日). 2016年10月29日閲覧。
  11. ^ a b 西牟田靖 (2015年5月31日). “BOOK STAND 西牟田靖さんが登場!”. J-WAVE. 2016年10月29日閲覧。
  12. ^ “憧れ”の少女マンガ家へのインタビュー本、萩尾望都ら10名”. コミックナタリー (2014年3月18日). 2016年10月30日閲覧。
  13. ^ a b c 大沢悠 (2015年9月9日). “少女マンガ5500冊、多気町・丹生大師表参道に自宅ミュージアム「少女まんが館」”. 伊勢志摩経済新聞. 2016年10月27日閲覧。
  14. ^ 少女まんが館とは?”. 少女まんが館. 2016年10月27日閲覧。
  15. ^ 米光一成 (2012年1月27日). “最初は5人の共同生活からはじまった。住み開きって何? 自宅が博物館に!?”. エキサイトニュース. 2016年10月29日閲覧。
  16. ^ a b c d 女ま館開館予定日”. 少女まんが館. 2016年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]