石間秀機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石間秀樹から転送)
移動先: 案内検索
石間秀機

石間 秀機いしま ひでき1944年3月21日 - )は、日本ロックギタリスト、シターラ奏者。北海道札幌市出身。以前は、石間秀樹の芸名で活動していた。インド音階を駆使したラーガ奏法の日本における第一人者。

来歴[編集]

高校卒業後に本格的にギターを始め、札幌で「ジャローズ」というバンドを結成。その後上京し、1966年GSグループ「ジ・アウトロウズ」(後にザ・ビーバーズと改名)を結成。1967年シングル「初恋の丘」でデビューしたが、1969年解散。

同年内田裕也に誘われ、ロックバンドフラワーズ」にリード・ギタリストとして参加する。同バンドはメンバー・チェンジを経て「フラワー・トラベリン・バンド」(FTB)となり、翌年アルバム『anywhere』でデビュー。アルバムほぼ全曲の作曲を担当するなど、ボーカルジョー山中とともに中心メンバーとして活躍した。1973年の解散後は、ソロアルバム『ONE DAY』(石間ヒデキ名義)の製作・杉田二郎とのコラボレーションなどを経て、1974年チト河内篠原信彦後藤次利らとともにトランザムを結成。アルバム『トランザム』などを製作したが、翌年脱退。以後はソロのミュージシャンとして、ジョー山中などのアルバムに参加。

1980年、GS時代からの盟友・萩原健一と「ドンジュアンR&Rバンド」[1]を結成。精力的なライヴ活動を行う一方、『DONJUAN』(80)、『デランジェ』(82)などのアルバムを製作。1984年には、神代辰巳監督の映画『戻り川』の音楽を担当。1986年には、沢田研二とバンド「CO-CoLO」を結成。88年までにアルバムを3枚製作し、ツアーも積極的に行った。

1995年ごろにインドに渡り、1998年インド・ビシュヌプール派最高峰のシタール奏者・パンディット・モニラグ・ナグと出会い、彼に師事。その後、シタールとギターを融合させたオリジナル楽器・シターラを開発し、シターラ・シタールによる本格的活動を開始。2000年には、篠原信彦とユニット「Pythagoras Party」を結成[2]屋敷豪太などを共演者に迎え、アルバム『MORE-ish』をリリース[2]2002年には深町純堀越彰とユニット「NEO.JP」を結成、その後2007年にインストゥルメンタル・グループ「VIEW」を結成、現在もライブ活動を中心に精力的な活動を展開中。2008年、フラワー・トラベリン・バンドでのオリジナルメンバーによる再始動を発表した。

使用楽器[編集]

60年代からのテレキャスター愛用者だが、FTB時代はギブソンレスポールも使用していた。2000年頃ネック部分にシタール、ボディ部分にギターを用いたオリジナル楽器「シターラ」を開発。これはシタールの奏法でギターサウンドを表現することを目的としたもので、普通のギターに比べてネックの幅はかなり広く、ボディの大部分は空洞になっている。チューニングは2音半下げで、6弦からA-D-G-C-E-A

エピソード[編集]

  • バンドを組む前は、洋楽のコピーを沢山やっていた。だがある日、それでは追いつくことは出来ても、永遠に追い越すことは出来ないということに気づき、オリジナルを作るようになったという。FTBの楽曲は、あくまでもやりたいことを自然にやっていた結果とのこと[3]
  • 頭脳警察パンタとは40年来の親交がある。英語詞が主体であったFTBと、日本語ロックを標榜した頭脳警察とは、音楽的には対立する部分もあったが、ともに実力は認め合っており、石間は1972年の頭脳警察のアルバム『頭脳警察3』に楽曲参加している[4]

ディスコグラフィー(ソロ活動のみ)[編集]

アルバム[編集]

  • 切狂言 (en (1970, 「クニ河内とかれのともだち」名義, クニ河内ジョー山中との共作)
  • ONE DAY (1973, 石間ヒデキ名義)

参加作品[編集]

サウンドトラック[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 萩原の自伝『ショーケン』(2008年 講談社)では『ドンジャン・ロックンロール・バンド』と呼ばれている(『ショーケン』P233)
  2. ^ a b 毎日新聞』 2000年10月10日夕刊
  3. ^ 読売新聞』2008年4月18日付夕刊6面
  4. ^ 『証言!日本のロック70's vol.2 ニュー・ミュージック~パンク・ロック編』

外部リンク[編集]