珍地名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

珍地名(ちんちめい)とは、なんらかの意味で通常の地名とは違っていると考えられるような地方自治体や地域の名称のことである。ののしり言葉のように聞こえるものや、とくにそうした意図はないのに面白おかしく聞こえたり、奇妙な意味を持つようになったりしているもの、特別に長かったり短かったりするなど通常の地名と異なる書き方や発音をするものなどがこれにあたる[1]

日本語から見た珍地名[編集]

日本語から見た日本の珍地名は、一般に、意味などが変わった地名のことであり、漢字やその読み方が難しい難読地名とは区別される。ただし、中には大阪市放出(はなてん)のように、珍地名であってなおかつ難読地名である「難読珍地名珍難読地名)」も存在する。マスコミなどでは、性的な意味を持つ普通名詞を含む地名が下ネタとして取り上げられることも多いが、地元では普通名詞としての意味が日常的に意識されているわけではない。

日本以外の世界各国にも、日本で珍地名と呼ばれる地域河川などがある。もちろん発音日本語として聞いたときに「変」なのであり、その地域が使用している言語として「変」なのではない。日本語の珍地名同様、下ネタに類するものが取り上げられることも多い。

珍地名の例[編集]

非常に長い地名、非常に短い地名[編集]

趣味としての珍地名[編集]

インターネット上においては、珍地名について扱ったサイトが多く見られ、安居良基など世界の珍地名めぐりをするマニアも存在する。

実際にその珍地名を看板などで見たいがために出かけて行く人もいるが、その場所は観光名所でも何でもないため、近辺に空港がないどころか、道路すらない、など数多くの障害が存在することも多い。日本国外の珍地名には、政情が不安定で外務省危険情報を出している地域に存在するものもある。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pike, Steven (6 August 2012). Destination Marketing. Routledge. p. 230. ISBN 978-1-136-00265-6. http://books.google.com/books?id=AOONiWaLmXcC&pg=PA230. 
  2. ^ a b c d e f 『ふらり珍地名の旅』(今尾恵介 2015)
  3. ^ 「我孫子」「丁寧」 中日ネットユーザーが驚く五輪選手の苗字”. 人民網日本語版. 人民日報社 (2012年8月29日). 2015年9月23日閲覧。
  4. ^ a b c みんなのギモン「珍地名の宝庫!滋賀を調査」”. 関西テレビ放送 (2015年9月2日). 2015年9月25日閲覧。
  5. ^ 「天使突抜」ってなんて読む? 「難しすぎる日本の珍地名」” (2012年7月12日). 2015年9月25日閲覧。
  6. ^ 安居良基 2009.

参考文献[編集]

関連項目[編集]