犬と麻ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

犬と麻ちゃん』(いぬとあさちゃん)は、阿川弘之の小説。1968年5月から同年12月まで『東京新聞』他に於いて連載された。単行本1969年文藝春秋から初出版された。本項目では、同作を原作としたテレビドラマについても記述する。

内容[編集]

時は1960年代後半、ところは高度経済成長期直後の東京多摩ニュータウン

瀬戸内海の島・長島で生まれ育った田中麻子は、友人の山根えい子と共に上京。麻子は東京の作家・野村耕平の一家にお手伝いさんとして就職する。麻子の可愛さは牛乳屋の三郎、魚屋の平吉の心をときめかせてしまう。野村一家や友人たち、そしてある日迷い込んで来た柴犬の仔犬との交流と麻子たちの青春の物語を描いた[1]。この物語は、原作者・阿川自身の家族がモデルになっている[2]。麻子のモデルは実在の阿川家のお手伝いだった女性で、テレビドラマ化された際に主演の和泉雅子と対面している[3]

ミッチー・ブームザ・タイガース大学闘争西穂高岳落雷遭難事故の話題も登場する。

テレビドラマ[編集]

犬と麻ちゃん
ジャンル テレビドラマ
脚本 倉本聰千葉茂樹松山威成田孝雄安倍徹郎 ほか
演出 武田靖柳瀬観森永健次郎村田啓三佐伯孚治樋口弘美 ほか
出演者 和泉雅子中山千夏千秋実八千草薫新井春美沖雅也新克利松山省二 ほか
製作
制作 NET(現・テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年5月13日〜1969年9月30日
放送時間 火曜日21:00〜21:56
放送枠 テレビ朝日火曜9時枠の連続ドラマ
放送分 56分
回数 21

1969年5月13日から同年9月30日まで、NETテレビ(現・テレビ朝日系列毎週火曜日21:00〜21:56の枠で放映。全21話、モノクロ放送。

遠藤周作有吉佐和子が変名で登場する(遠藤の名は周太、有吉は「有村喜和子」)。

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1969年5月13日 美女、才女登場す 倉本聰 武田靖
2 5月20日 女中上位時代
3 5月27日 坊っちゃん帰る 千葉茂樹 柳瀬観
4 6月3日 初恋つむじ風
5 6月10日 あなたも億万長者!! 森永健次郎
6 6月17日 求む! 恋愛コンサルタント
7 6月24日 ラブレター 倉本聰
8 7月1日 いきなり家出をされた夜
9 7月8日 オスベとメスベと実い 村田啓三
10 7月15日 ふりむいた青年
11 7月22日 私の選んだ人
12 7月29日 愛して逃げて喜ばれて 柳瀬観
13 8月5日 時には父のない子のように 成田孝雄
14 8月12日 あゝ靖国の妻 佐伯孚治
15 8月19日 偽の血統書 樋口弘美
16 8月26日 日本式求婚法 安倍徹郎
17 9月2日 ミルクと情熱
18 9月9日 故郷のあいつ 村田啓三
19 9月16日 恋と涙と愛
20 9月23日 お嫁にいく時ゃ誰といく 倉本聰 村田啓三
21 9月30日 花嫁の父

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞京都新聞 各縮刷版(1969年5月~9月)
  2. ^ 京都新聞1969年5月13日付けテレビ欄の紹介記事
  3. ^ 『読売新聞』1969年6月15日付朝刊18面。
NET 火曜21時台
前番組 番組名 次番組
犬と麻ちゃん