淡路フェリーボート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
淡路フェリーボート株式会社
Awaji Ferry Boat Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 (当時は大証2部)
東証2部 9177
1998年6月26日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
655-0873
兵庫県神戸市垂水区青山台一丁目28-14
業種 不動産業
法人番号 3140001019072
事業内容 不動産業・ゴルフ場経営
代表者 新阜定
関係する人物 井植歳男(創業者)
特記事項:旧本社所在地:神戸市須磨区外浜町四丁目1-1
テンプレートを表示

淡路フェリーボート株式会社(あわじフェリーボート)は、兵庫県神戸市垂水区に本社を置く企業。

かつて、兵庫県神戸市須磨区津名郡東浦町(現・淡路市)の間と、三原郡西淡町(現・南あわじ市)と徳島県鳴門市の間を、それぞれ結ぶ短距離内航フェリー航路を運航していた。初代取締役会長は、井植歳男三洋電機創業者、東浦町名誉町民)。現在はフェリー事業は行っていないが、社名を変えずにゴルフ場「洲本ゴルフ倶楽部」を経営しているほか、関連会社でホテル自動車教習所、飲食事業などを運営している[1]大阪証券取引所2部に上場していた。

概要[編集]

本州 - 淡路島航路[編集]

1963年昭和38年)7月4日に、淡路・浦港 - 神戸・長田港航路の運航を開始。就航当時は330トン、360トン級の船舶であった。

1968年(昭和43年)7月に、船舶の大型化(1100トン級)に伴い、大磯港 - 須磨港での運航となる。

24時間運航を行っていた当初から、須磨港周辺は、住宅地のすぐ側をフェリー利用車が頻繁に通行する地域で、夜間は特に大型トラックの通行が多く、居住民が騒音被害を訴えるようになった。そのために、しばらく後に対応策として、深夜便は六甲アイランドから発着するようになり、その後ハーバーランドの高浜岸壁に移転した。

  • 短距離航路であることと須磨港が阪神高速3号神戸線若宮出入口と近接していることで、主に京阪神方面への接続には便利であった。
  • 車なしでも乗船が可能であることで、阪神間(または淡路島方面)への通勤・通学の足になり、旅客面でも賑わった。深夜帯の行き来にも便利であった。
  • 四国方面への中長距離バスも、この航路を利用していた。
  • 大型船(乗船は基本的に大型車は1階、人・普通車は2階、閑散帯には車両は1階から搭載する)であったため、運航時でも客席から車に戻ることが可能。
  • 多客時には、増発が頻繁に行われた(ただし、帰省ラッシュ時には、5、6時間待ちといった状況もしばしばあった)。
  • 各港の駐車スペースが十分に確保されており、多客時にも道路で待たされることが少ない(しかしながら、盆・正月の帰省ラッシュ時は、須磨港での乗船待ちの車が、長田区まで延びていたこともあった)。

1995年平成7年)の阪神・淡路大震災では、須磨港の着岸バース(車両スロープ、潮の干満調整用油圧昇降装置、等)が被害を受け、全便高浜岸壁からの発着になったほか、鉄道や阪神高速道路の不通が続いたため、利用者も激減し間引き運航(減便)を余儀なくされた[2]。これにより、運送業界は運行ルートの大幅変更を余儀なくされ、淡路は四国拠点の大鳴門橋ルートへとよりシフトしていった。

1998年(平成10年)4月5日、明石海峡大橋の開通を迎え、架橋開通と同時に航路廃止の方針通り、同日の18時に両港の同時離岸を最終便とし、35年間の役目を終えた。

淡路島 - 四国航路[編集]

1965年(昭和40年)4月に鳴門海峡フェリーが淡路・阿那賀港 - 鳴門・亀浦港航路(6km)の運航を開始。10月に淡路フェリーボートと合併した。翌1966年(昭和41年)に国道28号と阿那賀を結ぶ有料道路うずしおライン阿那賀線」(現在は一般道兵庫県道477号阿那賀市線)が開通し、最盛期は1日36往復24時間運航であった。

1985年(昭和60年)に大鳴門橋が開通すると、乗船客、車両ともに利用者が減少の一途を辿り、船舶もそれまでの1500トン級から普通車3台の積載能力しかない小型の第四姫鶴丸に替えられた。しかしそれ以降も利用者の減少に歯止めがかからず、その後、各種二輪車と旅客専用の超小型フェリーを新造して就航させたが、1995年平成7年)9月30日限りで阿那賀 - 亀浦航路が運航休止となり、翌年10月1日廃止された。これによって、大鳴門橋を通行できないミニカー小型自動二輪車原動機付自転車軽車両が自走して淡路島と四国を行き来することが不可能となった[3][4]

その他[編集]

  • クルージング船くいーんろっこうや大型ヘリコプターも所有していた。
  • 運航範囲は兵庫県内であったが、海のハイウェイのキャッチフレーズで四国放送ラジオでも頻繁にCMが流れていた(Kiss-FMや関西のラジオ各局でも流れていた)。廃止が近づくと「今までのご利用、ありがとうございました。」といった旨のCMに切り替わった。ちなみにラジオCMソングの作曲者はキダ・タローである。
  • 東京 - 徳島間の夜行高速バスエディ号」が、1988年(昭和63年)の運行開始から明石海峡大橋開通までの間、当フェリーを利用して明石海峡を渡っていた。
  • 船内で販売されていたものに、関連会社ユーアールエー社製造のカツサンドがあった。
  • 2010年には唯一の本州と淡路島を結ぶフェリー航路であった明石淡路フェリーが休止となり、自転車以外の明石海峡大橋を通行できない車両が自走して本州淡路島間を行き来することが不可能となったが、2015年8月2日から淡路ジェノバラインが125cc以下の二輪車を8台積載できる船舶が就航し、同9月23日から125cc以下の二輪車の航送を開始している[5]

運航区間[編集]

所要時間[編集]

  • 須磨 - 大磯 45分
  • 神戸 - 大磯 65分
  • 阿那賀 - 亀浦 20分

運賃(神戸 - 淡路航路、廃止時)[編集]

  • 大人 540円、バイク(750cc未満) 950円、乗用車(4m未満)3540円、(5m未満)4420円

路線バス(フェリーへの連絡バス)[編集]

  • JR神戸線鷹取駅より須磨港までの間を連絡する、路線バスを淡路フェリーボート自身で運行していた(営業用ナンバーによる正規の路線)。
  • 亀浦港へは、鳴門市営バス及び徳島バスの鳴門公園行きで、「淡路フェリー前」バス停下車だった(航路廃止に伴い、同バス停は現在「スカイライン口」に改称。)。

各港のその後[編集]

  • 須磨港にあった本社と港施設は、航路廃止後に解体撤去され、跡地は須磨シーサイド球場となり、少年野球ソフトボールの試合や練習に利用されていたが、2008年(平成20年)5月に跡地を所有する阪神高速道路株式会社との契約が終了したため球場は撤去された。かつてはGoogleストリートビューで須磨シーサイド球場の球場風景を閲覧することができた。2010年(平成22年)に阪神高速は道路建設用地として安く買収した跡地を高額で売却し、多額の利益を得た。跡地には株式会社高速道路開発が商業施設「ナナファーム須磨」を建設し2011年(平成23年)4月に開業した。須磨港跡地北側の市道高松線に「須磨港北交差点があるが、航路廃止から10年経った2008年(平成20年)に「須磨港北」の交差点名標識が撤去された。
  • 大磯港も、施設関連は全て撤去され、架橋による離職者対策で発足した本四海峡バスの大磯営業所と、三洋エナジー東浦(三洋電機連結子会社)を建てた以外、大半は更地のままに至っている(ラジオ関西の送信所は今も健在)。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これらの会社で塩屋土地グループを形成。塩屋土地は井植家の資産管理会社でもある。詳細はジェームス山も参照。
  2. ^ 甲子園高速フェリー大阪湾フェリーは、震災地域から離れていたのが幸いしたが、運航航路が長かったり車両の搭載能力が低かったりで、代替ルートではあったが混雑した。
  3. ^ ミニカーに関しては各種二輪車と旅客専用の超小型フェリーにした時点で四国へ渡ることが出来なくなっている。
  4. ^ 余談として、上記の理由で、島民対象の自動車賠償責任保険は、離島扱いになり、原動機付自転車、小型自動二輪車は格安になった。
  5. ^ {{}}淡路ジェノバライン<船舶>”. 淡路ジェノバライン. 2015年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]