ジェームス山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェームス山(ジェームスやま)は、兵庫県神戸市垂水区青山台・塩屋町付近を指す通称地名である。須磨離宮公園周辺とともに神戸市西部を代表する高級住宅街として名高い。明治時代にかけて移住したアメリカ人やイギリス人の多数の洋館が残ることで知られ、大阪湾明石海峡淡路島)を見下ろす高台に位置する。

サマセット・モームの短編小説集である『コスモポリタンズ』の一小説である「困ったときの友は真の友(A friend in need is a friend indeed)」に現存する塩屋カントリークラブなど今もジェームス山に残る名門クラブなどが描かれている。淡路島の津名出身である三洋電機創業者の井植歳男望淡閣の名で三洋電機の迎賓館としてジェームス邸を買い取ったことは広く知られている。

歴史[編集]

1930年昭和5年)、神戸に居住しカメロン商会を経営していたイギリス人貿易商、アーネスト・ウイリアムス・ジェームス(英語: Ernest William James[1])が、当地に自邸を含めてイギリス人のための住宅地を約60棟以上ほど開発した。やがてジェームスの名を取り、この地を「ジェームス山」と称するようになった。

ジェームスの没後、旧邸とイギリス人住宅地を井植歳男三洋電機創業者)が所有したことにより、近郊住宅地としてのジェームス山が誕生した。青山台一丁目には、井植を顕彰する井植記念館[2]が建つ。また塩屋の異人館1989年映画花の降る午後』の撮影場所にもなった。

ジェームス山開発を行う塩屋土地株式会社[3]は、井植家の資産管理会社[4][5]でもあり、アイジー興産(ジェームス山自動車学院)、淡路フェリーボート(洲本ゴルフ倶楽部)、ユーアールエー、ホテルアナガとともにグループを構成する。

施設・周辺[編集]

  • 西洋館近代建築
    • 旧ジェームス邸(望淡閣) 昭和9年(1934年)築。
      井植歳男没後は井植敏(三洋電機元社長)が相続、2003年に三洋電機子会社に売却、2005年から三洋電機所有。同社迎賓館の役割もあった。2012年2月に神戸市の指定有形文化財となった[6]。同年12月からは、三洋電機より借り受けたノバレーゼ[7]が運営する婚礼施設兼フレンチレストラン、ジェームス邸としてオープンした[8][9][10]
    • 旧ジェームス邸車庫住宅(聖泉館) 昭和9年(1934年)築
    • 旧グッゲンハイム邸[11]明治45年(1912年)築
    • 旧ジョネス邸 大正8年(1919年)築
    • 旧後藤邸 明治40年(1907年)築
    • 鄭邸 明治40年(1907年)築
    • 竹内邸 大正5年頃(1916年)築
    • 旧清水邸
    • 岸本・青山・中川邸
    • 柏木邸
    • 四本邸
    • 旧塩屋異人館倶楽部
    • 鐘紡クラブ
  • 井植記念館
  • 神戸ジェームス山[12]
  • イオンジェームス山店[13](旧ジェームス山サティ。塩屋土地が所有[14]
  • ジェームス山天然温泉
  • ジェームス山自動車学院[15]
  • 安養寺
  • 若宮神社
    祭神:顕宗天皇仁賢天皇安閑天皇。6月1日、うどん祭り。7月25日、天神祭。10月10日、秋祭。
  • 西向地蔵
    明治時代から大正時代頃、塩屋の地引網(やんだら)にかかった地蔵。
  • 毘沙門天
  • 山王神社
  • いかなご釘煮発祥碑
  • ライオン像
    もともと数種の動物が飼われていたためといわれる、他にタイガー像もある。
  • 岩船不動明王
  • 高尾稲荷
  • 塩屋漁港

交通[編集]

路線バス[編集]

以上のバスがジェームス山地区へ乗り入れる。 このほかにジェームス山地区内で平日昼間に限り塩屋北町循環バス(山陽電鉄バス・30系統)が運行されている。

当地を舞台にした作品[編集]

脚注・照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]