大阪湾フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大阪湾フェリー(おおさかわんフェリー)は、かつて大阪府泉佐野港淡路島津名港を結ぶ航路を持っていたフェリー会社。2000年南海淡路ライン株式会社に経営を譲渡し、2007年に運航中止。

概要[編集]

1961年に開業。当初は深日港(ふけこう、泉南郡岬町)から炬口港(たけのくちこう、洲本市)までの航路で、四国から泉州和歌山県への短絡ルートであった。

その後、前後非対称大型新造船に更新されたものの、漁港である炬口港の岸壁には可動橋(潮位に合わせて調節する乗船橋)がなく、狭い港内に駐車スペースを確保する漁協との交渉が不調に終わったため、津名郡津名町へ淡路島側の寄港地を移した。

フェリーすもとフェリーみさきフェリーしんあわじの3隻体勢。フェリーみさき引退後、それまでのデザインを引継ぎつつ船体幅を伸ばし内装が豪華になったフェリーさざんが就航。

津名港に移ってからは人のみでも乗船できるようになり[1]難波和歌山への鉄道の乗り継ぎも便利で、旅費も安いため行商人もよく利用していた。また小旅行気分も味わえるこのルートを選択する旅客も少なくなかった。

1986年時点では、1日20往復、日中60分間隔、深夜帯90分間隔の終夜運航を行っていた。

1995年1月17日阪神・淡路大震災後も影響なく、甲子園高速フェリー共々大活躍した。

1998年1月19日から大阪側発着港が関西国際空港対岸の泉佐野港へ変更になった。フェリーすもと、フェリーしんあわじの引退に伴い和歌山 - 小松島航路を走っていた南海フェリーフェリーたちばな(1986年竣工)と18ノット(時速33km)を誇る新造船フェリーせんしゅうが1998年1月に同年開通する明石海峡大橋対策強化ために就航し、3隻体制になった。

しかし明石海峡大橋の開通後は、乗客数・輸送数は泉州・和歌山県への短絡ルートであるにもかかわらず減少し、2000年南海淡路ラインに経営を譲渡した。

しかし、阪神・淡路大震災や合理化などの影響でトラック輸送路の再編によるルート変更で需要が低下した。

フェリーたちばな(海外へ売却、済州島 - 釜山航路に就航)が引退した後は合理化により2隻体制になり、2007年1月31日をもって運航休止。45年間の歴史に幕を閉じた。

航路[編集]

移転当初は、3隻で1日15往復を運航した[2]

船舶[編集]

  • いざなぎ丸
  • フェリーすもと
  • フェリーみさき
  • フェリーしんあわじ
内海造船瀬戸田工場建造、船舶整備公団共有船、1986年7月18日竣工、7月24日就航[3]
960総トン、全長57.5m、幅13.0m、深さ4.1m、計画満載喫水3.2m、ヤンマーZ280-ET 2基2軸、連続最大出力3,600馬力、最大速力16.9ノット、航海速力14.7ノット
船客定員482名、8トントラック13台、乗用車5台
いざなぎ丸の代船として就航。離着岸を容易にするためバウスラスターを装備、旅客向け設備として衛星放送受信装置、船外テレビカメラも備えていた。
  • フェリーさざん
1990年就航、1,509総トン
1997年就航、2,083総トン
1986年就航、1,412総トン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 深日 - 洲本間の深日海運が旅客船を運航していたため。
  2. ^ 世界の艦船(1998年4月号,p168)
  3. ^ 世界の艦船(1986年10月号,p140)