津奈木太郎峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芦北町と津奈木町の境界

国道3号標識 南九州西回り自動車道

津奈木太郎峠(つなぎたろうとうげ)は、熊本県葦北郡芦北町大字佐敷と熊本県葦北郡津奈木町を結ぶ国道3号E3A 南九州自動車道である。佐敷太郎峠赤松太郎峠とともに三太郎峠とよばれる、薩摩街道時代からの難所の一つであった。

沿革[編集]

  • 1901年明治34年) - 津奈木隧道完成
  • 1965年昭和40年) - 三太郎峠が国直轄事業により改良工事が行われ津奈木トンネル(国道3号)が完成。
  • 2017年平成29年) - 南九州自動車道 芦北IC - 津奈木IC開通により、新津奈木トンネル(南九州道)が完成。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 芦北出水道路(国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所)

関連項目[編集]


熊本方面:
佐敷太郎峠
―三太郎峠―
津奈木太郎峠
鹿児島方面:
なし